お盆の由来とはどんなもの?風習は地域によって様々な違いが!沖縄は独特?

   

夏休みの無い大人にとっての夏休みとも言える「お盆休み」

まとまった連休が中々取れない社会人にとっては、ゴールデンウィークからお正月休みの間の
嬉しい大型連休となりますよね。

実家への帰省だけではなく、国内外への旅行や日帰り旅行・普段出来ない自宅の大掃除や
趣味に時間をじっくりとかけたりと、連休の過ごし方は人それぞれです。

そんなお盆休みですが、「お盆」の由来はご存知ですか?

子供に『お盆って何?』と聞かれた際にスムーズに返答する為にも
お盆の由来や歴史などを学んでおきませんか?

そして、地域によってのお盆の風習も様々です。
代表的な国内のお盆の風習についても、ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

お盆の由来とはどんなもの?

お盆を簡単に説明すると、ご先祖様の霊を供養しその冥福をお祈りする
行事を行う期間
の事です。

このお盆の期間には、ご先祖様が浄土(天国)から現世へと戻って来ると言われています。

お盆は仏教における「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略した言葉とされています。

盂蘭盆会の由来は、お釈迦様の弟子の1人である目連尊者(もくれんそんじゃ)が神通力によって
亡くなった自分の母親が地獄で逆さ吊りにされ苦しんでいる事を知りました。

そんな母親をどうしたら救う事が出来るのかとお釈迦様に相談したところ、
夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招いて、沢山の供え物を供えて供養をする事で
母親は救われるだろう、との回答がありました。

目連尊者がお釈迦様の教え通りに行動を起こしたところ、その功徳で
母親の極楽往生が遂げられた事が、盂蘭盆会の行事の始まりとされています。

その後、日本独自のお盆の風習へとなり広がって行きました。

スポンサードリンク

お盆の風習は地域によって様々

お盆の期間は一般的には8月ですが、7月にお盆を行う地域や
沖縄の場合は旧暦のお盆(旧盆)にご先祖様を迎える為、年によっては9月の年もあります。

2017年のお盆休みの期間については、こちらをご参照下さい
お盆休みが待ち遠しい!2017年の期間はいつからいつまで?

お盆の風習は地域によって様々です。

日本国内の有名なお盆の風習は、

長崎の「精霊流し」

初盆を迎えた家の方が、精霊船と呼ばれる船に亡くなった方の霊を乗せて流し場と呼ばれる
終着点まで船を流す風習です。8月15日に長崎市の中心部で見られます。

花火や爆竹でお見送りをする為、耳栓が必要な程の音が鳴り響きます。

金沢の「キリコ」

石川県金沢市では、「キリコ」と呼ばれる箱型のものを用意し、その中にロウソクを立て
お盆のお墓参りの際に墓前に吊るします。

キリコには、持参した人の名前を書く部分があります。

静岡・山梨の「安倍川餅」

静岡市の名物である安倍川餅を静岡県と山梨県ではお盆のお供え物にする風習があります。

同じ安倍川餅と言っても、静岡県では焼いたお餅を柔らかくし、きなこをまぶしたもの。
山梨県では、四角いお餅にきなこと糖蜜をかけたものを安倍川餅と呼びます。

山梨県の銘菓である信玄餅は、この安倍川餅をヒントに作られたのだそうです。

沖縄の「ウチカビ」

旧暦のお盆(旧盆)の最終日である送りの日に、あの世のお金である「ウチカビ」
(黄色い紙の束)を家の中で燃やします。

一枚あたりが幾らに相当するかは、地域や家庭によって様々ですが
ウチカビを沢山燃やす事で、ご先祖様があの世でお金に困らないと言う意味があります。

沖縄では他にも、沖縄の伝統芸能として有名な「エイサー」も本来は
お盆に現世に戻って来る祖先の霊を送迎する為の芸能であり、

私が住んでいる石垣島では「アンガマ」と言う、祖先を表すウシュマイ(老人)とウミー(老婆)の
木のお面を付けた2人と、ファーマーと言う付き人達が家々や観光施設などを訪ねて
問答(?)や歌や踊りを披露すると言う旧盆の風習があります。

島内では旧盆の期間中に、エイサーやアンガマが一般家庭だけではなく
ホテルの庭や広場などでも行われる為、観光で来島中の方も実際に体験する事が可能です。

他にも、全国各地で様々なお盆の風習があります。

同じ日本でも地域でこんなにも風習が違うとは、とても興味深い事だと思います。

まとめ

お盆の由来と、地域による風習の違いをご紹介させて頂きました。

個人的には、九州の精霊流しを近いうちに見てみたいなと思っています。
旅行を兼ねて、お盆の期間の各地の風習を体験してみるのも楽しいかもしれませんよね!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 ,