新盆の服装は女性の場合はどんな格好?気を付けるべきマナーはある?

   

親族や身近な方が亡くなって初めて迎えるお盆である「新盆」

地域や家柄・宗教などによってはお盆の法要や供養などに参加する事に不慣れな方も多いですよね。
(私はキリスト教の家庭で生まれ育った為、結婚後に色々と戸惑いました)

不慣れな事を行う時ほど、あれこれと心配事が多くなってしまうのは当然の事です。

その中でも、女性の場合は新盆の法要や供養に招かれた際の洋服が気になる方も多いのでは
ないでしょうか?

男性であれば、黒いズボンに白いワイシャツと言った具合の服装がイメージできますが
女性の場合は、喪服を着用するべきなのか?スカートか、パンツか?アクセサリーは?
夏だけどサンダルは不可?など疑問もたくさん湧き上がってくるものです。

そんな、新盆を迎えるにあたってのベターな女性の服装や、その他のマナーについて
事前に学んでおきましょう。

スポンサードリンク

新盆の服装は女性の場合はどんな格好がベター?

一般的に、新盆での服装は施主や親族の場合は喪服を着用する事が多いですが
地域や家庭のしきたりによって考え方が様々ですので、心配な場合は新盆に招かれた際に
当日の服装について確認をしておく
のが良いと思います。

新盆に招かれるのは、ほとんどが身内の場合が多いので
『身内ばかりだから、平服で』『気軽な格好で来て下さい』と言われる事があるかもしれません。

しかし、気を付けるべきポイントは「平服=普段着ではない」と言う事と
最低限のマナーを心得た格好でない場合、自分自身や家族が恥ずかしい思いをしてしまう可能性も
ないとは言えません。

平服とは、略礼服(りゃくれいふく)の事を言います。
略礼服とは、礼服ではない略した礼装の事です。

具体的には、ジーンズやカジュアルすぎる服装はNGとなります。

色は、黒か濃いめのグレーが無難です。

半袖の黒のワンピースや、白のカットソーやシャツに黒のパンツやスカートを
合わせると言った具合の格好が無難でしょう。

スカートの場合のストッキングは黒が好ましいです。

髪留めなども黒や紺色、アクセサリーはパールのネックレスやピアス程度の物
靴は、夏場の暑い時期ではありますが光沢感の無い黒のパンプスがマナーです。

身内ではなく、近しい方の初盆に招かれた際に
『故人は堅苦しいのが嫌いだったのでラフな服装でお越しください』などの案内を受けた際は
平服よりも少し砕けた格好で良いと思います。

しかし、ラフすぎる・清潔感がない、と言った格好は場に相応しくありませんので
あくまでも大人として、スマートな服装がマナーです。

スポンサードリンク

新盆の服装以外に気にするべきマナーはある?

新盆において、服装以外のマナーとして気になる事が香典の額や表書き。

こちらも地域や家のルールなどによって相場は変わってきますが、一般的な相場は知っておくに
こした事はないと思います。

新盆の香典の相場や表書きなどについては、こちらをご参照下さい。
新盆の香典の相場はどのぐらい?表書きや郵送についてもご紹介!

そして、当日のご挨拶もどんな挨拶がベストなのか悩みませんか?

『おはようございます』『こんにちは』など、いつも通りの挨拶で良いものなのか?
『お悔やみ申し上げます』では葬儀の時と同じ?

など頭の中が混乱してしまう方もいらっしゃる事でしょう。

新盆に招かれた際、施主に香典やお供え物など持参した物をお渡しする際のご挨拶としては、

本日はお招き頂きありがとうございます。心ばかりですがどうぞお供えください。

新盆とは早いものですね。お招き頂き感謝しています。お線香をあげさせて頂きます。

などと言ったご挨拶がマナーとして良いと思います。

まとめ

新盆に招かれた際の服装についての疑問や、その他のマナーについてを
ご紹介させて頂きました。

男性の平服の場合は、黒のズボンにワイシャツとネクタイが無難です。
周囲の服装を見て、ネクタイが浮いているのであればとってしまっても問題ありません。

故人が初めて帰って来る新盆です。生前の様々な思い出話に花を咲かせたいものですね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 ,