6月の誕生石パール以外にもある?込められた意味はどんなもの?

   

6月は梅雨真っ只中で、雨の日が続き気分も晴れないと言う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、6月は「ジューンブライド」やあじさいの開花時期など
幸せな新しい人生の始まりや、色とりどりのあじさいの中をお散歩したりと
素敵な月でもあると思います。

私が住んでいる沖縄は、6月の中旬頃には例年梅雨明けしますので
海や空のブルーが1年で一番輝く夏の始まりです。

さて、そんな6月が誕生日の大切な方へのプレゼントや、
自分自身のお誕生日プレゼントなどに誕生石が入ったアクセサリーなどはいかがでしょうか?

生まれた月の誕生石を身にまとうと言うのは、何だかいつもとは違った
特別な気持ちになれるからです。

6月の誕生石として有名なものとして“パール(真珠)”がありますが
他にも誕生石がありますので、種類やその石に込められた意味をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

6月の誕生石はパール以外にもある?

6月の誕生石としてパール(真珠)がとても有名ですが、もう1種類の誕生石は“ムーンストーン”です。

ムーンストーンは、月長石(げっちょうせき)と言う名前の和名も持っています。

そして、プラスチック等のイミテーション以外のパール(本真珠)には様々な種類があります。

一般的に知られる真珠の種類は以下の通りです。

アコヤ真珠
アコヤ貝から採れる、最も一般的な真珠です。真珠の大きさは2mm~10mmが多いです。

南洋黒蝶真珠・黒真珠
ブラックパールとも呼ばれるパールで、黒蝶貝から生まれます。

南洋白蝶真珠・白蝶真珠
南洋真珠最大の大きさの真珠貝から採れる真珠は、大きいものの場合直径19mm程になるものもあります。

淡水真珠
主にイケチョウ貝と言う大型の二枚貝から採れます。形や色が豊富な真珠です。

パールはネックレスやピアス、指輪などのアクセサリー類の他にも
バレッタなどのヘアアクセサリーやバッグ・チャーム・靴などにポイントとして
パールが付いているものをプレゼントに選んでも素敵です。

そして、ムーンストーンにも種類があります。

ブルー・ムーンストーン
一般的にムーンストーンと呼ばれる石です。薄い白色の中にぼんやりと青みが入っています。

レインボー・ムーンストーン
インドで採られるムーンストーンで希少価値が高い事でも知られています。
薄い白色の中に虹色の輝きを持っているのが特徴です。

ムーンストーンもパールと同じく、ネックレスやピアスブレスレットなどのアクセサリー類や、
石の状態のままパワーストーンとして小袋などに入れて持ち歩かれる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

6月の誕生石の意味は?

まず、パールに込められた意味は以下の通りになります。

健康・長寿

純潔

円満

完成

清らかな心や母性と言った意味合いもパールにはあると言われていて
月の満ち引きを左右する事から、女性の出産などと強い関わりのある宝石です。

そして、もう1つの6月の誕生石であるムーンストーンに込められた意味は

平和

神秘

女性的な魅力

などがあり、女性的な意味を持つパワーストーンを身に付ける事で
美容や健康の向上・女性らしさが宿るとも言われています。

又、情緒を安定させる効果や、インスピレーションを高める効果も期待できると言われているので
いつも持ち歩くバッグのポケットや、衣類のポケットにそっと入れておくのも良いかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【誕生石ピアス】6月の誕生石ムーンストーン Pt900
価格:4725円(税込、送料別) (2017/5/1時点)

まとめ

6月の誕生石である、パールとムーンストーンの種類と意味をご紹介させて頂きました。

大切な方やお友達・家族・自分自身のお誕生日プレゼントに
生まれた月の宝石を贈る。

何だか幸せな気持ちになる、素敵な選択だと思います!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - グッズ, 雑学