先負とはどんな意味?入籍や結婚式をする日には適している?【六曜】

   

カレンダーや手帳に小さく書いてある「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の中で
「大安」と「仏滅」に関しては、縁起の良い日と縁起の悪い日と言う事で分りやすいですが、
それ以外の日については、どう言った意味を持つ日であるのか意外とよく解らないものですよね。

読み方も何と読むのか解らないものもあると思います。
(私も以前はそうでした)

入籍や引っ越しなどの新しい生活が始まる日、又は予定している日を調べたら
「先負(せんぶ・せんぷ・さきまけ・せんまけ)」だった場合、その2文字の漢字から、
あまりお祝い事や新しい生活のスタートの日とするのは、あまり良くない日?と漠然と思っても
実際にはどんな意味なのか疑問を持たれる方も多いと思います。

大人の知識として、先負について学んでおきましょう!

スポンサードリンク

先負とはどんな意味?何をする日として最適?

先負は六曜(ろくよう・りくよう)の内の曜で
日本の暦の中で最も有名だと言える暦注が六曜になります。

六曜は六輝(ろっき)と呼ばれる事もあります。

室町時代前後に中国から日本へと伝わって来たとされる六曜ですが、
最初から庶民へと広まっていた訳ではありません。

江戸時代までは中国から伝わって来たそのままを暦として使用していましたが、
江戸時代に入り日本の暦学者が、日本で初めての暦を作ったと言われています。

しかし、江戸幕府はこの暦を迷信や占いと位置付け禁止していた様です。

明治6年に旧暦から新暦へと切り替わった際にも、政府はまだ六曜を禁じていましたが
その後、庶民へと広がって行ったと言う話があります。

六曜には順番があり、先負は第3番目に位置します。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番で1日づつ回り、繰り返されて行きますが
旧暦の毎月1日は、月によって曜が決まっている為
月末から月初めにかけて順番通りにはいかない場合もあり
ます。

先負(せんぶ・せんぷ・さきまけ・せんまけ)は、「んずれば負ける」と言う意味で、
万事、朝から昼までは悪く(凶)、お昼過ぎからは吉とされています。

急用や争い事・公事などを避け、静かに待つのが良いとされる日です。

スポンサードリンク

先負に入籍や結婚式は適している?

急用や争い事などを避けるべきとされている先負ですので
お祝い事には適していない日の印象がありますよね。

しかし、入籍や結婚式の日どりを記念日や週末などに合わせた場合
その日が先負である事は十分に考えられます。

又、結婚式の日どりとして良いとされる大安・友引の場合だと
式場の予約がだいぶ前の段階で一杯・費用が高い、と言う事もありますよね。

六曜の意味合いを元に考えるのであれば、入籍や結婚式は午前中は凶、
お昼過ぎからは吉と言う事になりますので、入籍や結婚式はお昼過ぎからと言う事になります。

近年では六曜の縁起の良い日・悪い日を気にされる若者があまりいない事や
大安以外の日や平日などに割引サービスを行う結婚式場が増えている

先負に入籍や結婚式を行う事については、ご本人と親御さんや親戚次第、と言う事になると思います。

もしご両親や、親戚などが先負に入籍や結婚式を行う事に反対されている場合は
式場の予約状況や費用面・何故その日に行いたいのかと言う理由を、
じっくりと説明されてみてはいかがでしょうか?

いすれにしても、自分たちもご両親も納得し、良き日を迎えたいものですよね。

大安については、こちらをご参照下さい。
大安とは?吉日が付くと意味が変わる?

赤口については、こちらをご参照下さい。
赤口とはどんな意味?この日に入籍や結婚式は縁起的に大丈夫?

先勝については、こちらをご参照下さい。
先勝とはどんな意味?入籍や結婚式をする日には適している?

まとめ

先負の意味や、入籍日や結婚式を行う日として適しているかどうか?
と言った疑問を解決すべく、ご紹介させて頂きました。

先負がどんな日であるかが解った上で、物事を行う日に適しているかどうか
何を気にして、何を気にしない様にするかなどの判断をして頂けたらと思います!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学