東海地方の梅雨明け時期2017年はいつ頃?過去の気象庁のデータを元に予想!

   

愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の4県から構成される東海地方。
(基本的には、愛知県・岐阜県・三重県の3県を指しますが、気象庁では静岡県も含まれます)

白川郷や飛騨高山、豊川稲荷や桃太郎神社、最近オープンしたばかりの名古屋のレゴランドなどの他にも
熱海・伊豆・名古屋城・鳥羽水族館やナガシマスパーランドなど景観地や史跡、
屋内も屋外もと言った具合に見どころが盛り沢山の地域です。

ファミリーでも、カップルでも、お友達同士でも様々な1日が過ごせますよね。

そんな東海地方へ7月頃に旅行や、日帰り旅行・ドライブなどを計画している場合
やはり気になるのが梅雨明け時期がいつ頃になるのか?と言う事ですよね。

過去の気象庁のデータを元に、東海地方の2017年の梅雨明け時期を予想してみました!

スポンサードリンク

東海地方の梅雨明け時期2017年はいつ頃?

東海地方の梅雨明けですが、気象庁による過去65年の梅雨明け日を見てみると

早い年で6月22日頃、遅い年では8月の3日頃の梅雨明けと言った具合で
他の地域に比べると、梅雨明けが早い年と遅い年で約1か月半の開きがある事が印象的です。

全国の他の地域の2017年の梅雨明け予想は以下をご参照下さい。

沖縄の2017年の梅雨明け予想はこちらをご参照下さい
沖縄の梅雨明け時期2017年はいつ頃?

九州地方の2017年の梅雨明け予想はこちらをご参照下さい
九州地方の梅雨明け時期2017年はいつ?南部・北部に分けて予想!

四国の2017年の梅雨明け予想はこちらをご参照下さい
四国の梅雨明け時期2017年はいつ頃?

関西の2017年の梅雨明け予想はこちらをご参照下さい
関西の梅雨明け時期2017年はいつ頃?

では、東海地方の梅雨明け時期の過去10年の気象庁によるデータを見てみましょう!

スポンサードリンク
【東海地方の梅雨明け 2007年 ~ 2016年】

●2007年・・・7月27日頃

●2008年・・・7月12日頃

●2009年・・・8月3日頃

●2010年・・・7月17日頃

●2011年・・・7月8日頃

●2012年・・・7月23日頃

●2013年・・・7月7日頃

●2014年・・・7月21日頃

●2015年・・・7月24日頃

●2016年・・・7月28日頃

‹出典:気象庁ホームページ›

この様に過去10年の東海地方の梅雨明け日を見てみると、10年中の内、2009年だけが8月に入って梅雨明けをしています。

この10年だけ見てみても、梅雨明けが早い年と遅い年で約3週間の開きがあります。

気象庁ホームページでは1951年から2016年までの梅雨明け日が記載されていますが
65年間の平均梅雨明け日は、7月21日頃となっています。

過去のデータを元に考えてみると、今年2017年の梅雨明けは7月10日頃~7月25日頃が有力ではないかと思います。

東海地方の2017年の梅雨入り時期予想に関しては、こちらをご参照下さい
東海地方の梅雨入り時期2017年はいつ頃?

まとめ

東海地方の今年2017年の梅雨明け時期を、過去のデータを元に予想してみました。

7月の海の日を含む3連休(7月15日・16日・17日)には梅雨が明け、
快晴の空の下思いっきり遊んだり、リフレッシュしたりする事が出来る様に願いたいものですね!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 日常