夏に植える野菜って何がある?家庭菜園で美味しくリフレッシュ♪

   

忙しい日常の中、普段やらない事をやったり、日常とかけ離れた場所へ行くと気分転換になったりするものです。
でも中々時間や気持ちに余裕が無いと言う方におススメなのが家庭菜園♪ まずは、小さなお庭やプランターで手軽に育てられる野菜を育ててみませんか?

土をいじり、育っていく過程を楽しみに、収穫した野菜で料理を作り美味しく頂く。手をかけて育てた愛情は、いつもより野菜を美味しく感じさせてくれる事でしょう(^^) では、夏に植える野菜はどんな種類があるのでしょうか?

スポンサードリンク

ミニキャロット 

ベビー人参とも言われるミニキャロット。種まきから約90日間で収穫する事が出来ます!代表的な緑黄色野菜の人参ですが、その栄養価は高く、ビタミンC・カリウム・カルシウム等を含みます。種まきの時期は3月~9月頃迄。発芽適温は15~25℃。冷涼な環境で、日当たりの良い場所で栽培しましょう。高温化では病気が出易いので注意!過湿にも弱い野菜です。プランターでお手軽に栽培する事も出来る人気の野菜です♪
収穫したミニキャロットはサラダなどで生で食べるとコリコリとした食感が楽しめます!

5140630632_53c8f84258

スポンサードリンク

空芯菜(エンサイ) 

高温・多湿を好む野菜です。あまり虫も付かない為比較的簡単に栽培する事が出来ます!カロテンやビタミンB1・B2・カリウム等を豊富に含み、夏バテ気味の身体にエネルギーを与えてくれる野菜です。食物繊維も豊富に含まれている為、便秘予防等にも。種まきの時期は5月上旬~8月上旬。発芽適温は20~30℃。 収穫した空芯菜は、ニンニクや鷹の爪と一緒に炒め物にして食べると本当に美味しいです♪

ベビーリーフ 

ルッコラ・小松菜・レタス・ほうれん草等の野菜の若い葉を摘んだ物がベビーリーフです。1種類づつ野菜を自分でチョイスして栽培する方法と、数種類の野菜の種がミックスされて販売されている物もあります。種まきの時期は4月~10月頃迄。発芽適温は15~20℃。種まきから収穫まで20~30日程度という短期間と手間のかからない栽培でほぼ1年中栽培出来る事が人気の野菜です。その栄養価も非常に高く、カルシウム・ビタミン・鉄分・カロテン等を豊富に含み、レタスを1種類よりも数種類のベビーリーフの方が5倍~20倍程の栄養素があります。収穫したベビーリーフはトマトなど彩りのある野菜と一緒にサラダとして食卓へ♪

以上、栄養もたっぷりな野菜の栽培で手軽にリフレッシュをしてみませんか?(^^)

スポンサードリンク

 - 日常, 遊び/趣味 , ,