赤口とはどんな意味?この日に入籍や結婚式は縁起的に大丈夫?【六曜】

   

カレンダーや手帳に小さく書いてある「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の中で
「大安」と「仏滅」に関しては、どんな日であるか・どんな事に適している、適さない日なのかは
理解出来ていても、それ以外の日については意外とよく解らないものですよね。

入籍や引っ越し・入社など新しい生活が始まる日、又は予定している日を調べたら
「赤口(しゃっこう・しゃっく)」だった場合、『赤口ってどう言う意味?
何をするのに良い日とかあるの?』と疑問に思われる方も多いと思います。

大人の知識として、そんな赤口について学んでおきましょう!

スポンサードリンク

赤口とはどんな意味?何をする日として最適?

赤口は六曜(ろくよう・りくよう)の内の曜
日本の暦の中で最も有名だと言える暦注が六曜になります。
六曜は六輝(ろっき)と呼ばれる事もあります。

六曜は元は中国から日本へと伝わった暦で
長い時間をかけ、日によっての吉凶を占う
現在への形に変化して行った様です。

室町時代前後に伝わって来た六曜は
最初から庶民へと広まった訳では無く、
江戸時代までは中国から伝わって来たそのままを
暦として使用していましたが、
江戸時代に入り日本の暦学者が
日本で初めての暦を作ったと言われています。

しかし、江戸幕府はこの暦を迷信や占いと位置付け
禁止していた様です。

明治6年に旧暦から新暦へと切り替わった際にも
政府はまだ六曜を禁じていましたが
どう言う訳かその後、庶民へと広がって行きました。

六曜には順番があり、赤口は第6番目に位置します。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番で1日づつ回り、
繰り返されて行きますが
旧暦の毎月1日は、月によって曜が決まっている為
月末から月初めにかけて
順番通りにはいかない場合もあり
ます。

赤口(しゃっこう)は、恐ろしい羅刹神と言う鬼の事で、赤舌日とも言われます。

意味合いとしては、悩みをまき散らす為、何事をするにも悪い日とされています。

赤口の日でも、正午だけは吉とされますが、朝夕は凶で
特に祝い事は大凶と言われており、
赤は血や火を表すとして、火災や怪我には特に注意をするべきと言われています。

お葬式の日としては何も問題はありません。

そんな赤口ですが、果たして縁起が悪い日として一番有名な「仏滅」と
どちらが縁起が悪いのか気になりませんか?

六曜の中で縁起が悪い日の順番は、仏滅→赤口→先負→先勝→友引→大安となる為
仏滅よりは、縁起が悪くない日。と言う結論に達します。

スポンサードリンク

赤口に入籍や結婚式はやめた方が無難?

赤口は、入籍や結婚式などお祝い事は控えた方が良さそうな日。
と言う事が分りましたが、入籍日や結婚式の日どりを何かの記念日や七夕などのイベントの日にしようと
計画している場合、その日が赤口だったらどうしたら良いか悩みますよね。

(ちなみに、今年2017年の七夕である7月7日は赤口にあたります。)

昔は、やはり赤口は正午だけ(しかも1時間前後)が吉で、それ以外の時間帯は全て凶・
祝い事に関しては大凶とされる日である事から入籍や結婚式は行わないと言うのが一般的でしたが、

近年では若い方があまり気にしなくなっている事や、結婚式会場の料金が下がる場合がある事もあり
赤口に入籍や結婚式を挙げられるカップルも多いのだそうです。

入籍の場合は、1日の中で吉とされる正午の1時間前後の間に役所で入籍の手続きを行われるカップルも
いらっしゃるそうですよ。

仏滅に入籍や結婚式はちょっと・・・。と思われるカップルも、
赤口はあまり気にしない(気にならない)場合が多く、
後は六曜を気にされる親御さんや親戚であれば、相談の上で日どりを決める流れになりそうです。

まとめ

赤口の意味や、入籍日や結婚式を行う日として適しているかどうか?
と言った疑問を解決すべく、ご紹介させて頂きました。

赤口を「しゃっこう」や「しゃっく」と呼ぶ事も分らなかった方も多いと思いますが
(私もかつては「せきぐち」と読んでいました)

赤口がどんな日であるかが解った事で、
大人としての知識が又1つ増え、何か人生においての変化がある際には
意味を理解した上で行動を起こせるのであれば、今までとは少し違った自分になれそうですよね!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学