イースターとはどんな意味?飾りはたまごだけ?手作りのアイディアをご紹介♪

   

すっかり日本のイベントとして定着したハロウィンに続き、近年はテーマパークのイベントなどでも
御馴染みとなってきた「イースター」。

名前はだいぶ浸透してきましたが、ハロウィンが最初そうだった様に
『ところでイースターって何をする日なの?』とふと疑問に思う方も多いはずですよね。

そして、ハロウィンのシンボルであるジャック・オー・ランタン(かぼちゃ)の様な
イースターを象徴するシンボルと言えば、たまご。

『シンボルは、たまごだけ?たまごはどんな意味?』とも思うのではないでしょうか?

そんな、謎の多い(?)イースターの由来や、パーティーに役立つ飾りのアイディアなどを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

イースターとはどんな意味?由来のご紹介

日本では近年よく聞かれる様になってきた「イースター」の意味は「復活祭」です。

では、一体何の・誰の復活祭なのかと言うと、イエス・キリストの復活をお祝いするお祭りなんですね。

イエス・キリストは、言わずと知れたキリスト教の信仰の対象となる方で神の子とされています。

このイエス・キリストがユダヤで処刑(十字架にはりつけられ)され、その後3日目にイエスが復活した事を
お祝いする、キリスト教信者にとってはクリスマス(イエスの誕生日)と同じぐらい重要な日です。

私自身もカトリック(キリスト教の中でも最大の教派)の家庭に生まれ、
生まれた時から毎週日曜日は家族で教会のミサに行っていたので、小さな頃からイースターのミサの後には
カラフルな絵が描かれていたり、カラーセロファンで包まれたゆでたまごやパンを貰ったり
信者が集うホールや庭で行われるパーティーに参加する事がとても楽しみでした。

私が小さな頃は、教会以外の場所で「イースター」と聞く事は全くありませんでしたが、
近年イベントとして世間に広まったイースターの意味や由来も、
少しでも知って頂けると嬉しく思います。

そして、イースターの日にちは毎年変わります。

今年2017年のイースターは4月16日(日)ですが
春分の日を過ぎた最初の満月の日から、一番近い日曜日がその年のイースターとなります。

スポンサードリンク

イースターの飾りはたまごだけ?

イースターのシンボルと言えばたまごですよね。「イースター・エッグ」と呼ばれています。

カトリック教会では、イースターのミサの最中に「卵の祝福」が行われます。

イースター・エッグは、イースターの休日や春を祝うものとされており、
元々はゆで卵を染めたり絵を描いたりしたものでしたが、近年ではたまご型のプラスチックに
お菓子を詰めたものや、たまご型のチョコレートなど多様化
しています。

そして、このイースターエッグを運んでくるのが「イースター・バニー」(うさぎ)です。

イースター・バニーの起源はドイツとされ、服を着たうさぎがカゴに卵やキャンディなどを入れ
イースターの祝日の前日の夜に子供達に贈り物を届けると言うお話があります。

何かに似ていると思う方もいらっしゃると思いますが、イースター・バニーの役割は
クリスマスで言うサンタクロースと同じではないでしょうか?

本来はイエス・キリストの復活を祝うお祭りですが、春を祝う季節のお祭りともされていますので
イースターの飾りをご自宅などに飾られる場合は、パステルカラーのお花など春らしい飾りも可愛いです。

ちなみに、クリスマス飾りはクリスマスのだいぶ前から飾り始めますが
イースターの場合は、正式には当日に飾るものとされています。

これは、イースターより前はキリストが処刑されたりと復活する前で、
喪に服している期間となる為、イースターの飾りは当日に盛大に行うのが正しい知識となります。

イースターの飾りを手作りするアイディア♪

自宅などでイースターパーティーを予定されている方もいらっしゃるでしょう。

女性や子供達メインのパーティーであれば、可愛い飾りつけがしたいですよね。

イースターエッグを飾りとして手作りする場合、

本物の卵を使用するか、たまご型のチョコレートやプラスチック・発泡スチロールなどを使うかを
考える必要があります。

本物の卵を使用する場合は、比較的すぐ食べるのであれば固めにゆでたゆで卵を。
長い期間飾りたいのであれば、中身を抜いた殻(卵の上下に穴を開け、中身をよく混ぜてから
上の穴からストローで吹きながら中身を出します。しっかり洗って乾燥させましょう)
を使用しましょう。

本物の卵の殻やプラスチック・発泡スチロールの卵を使用する場合は、
アクリルカラーやポスターカラーが発色が良いのでおすすめです。

他にも染めたり、マスキングテープでぐるぐる巻きにしても!

ゆで卵の場合は、模様が入った折り紙やカラーセロファンで包み、
リボンなどを付けるだけでも可愛いですよ♪

ゆで卵以外のイースター・エッグであれば、カゴなどに複数個をまとめて入れるだけではなく
100均のリース土台にグリーンや春のお花の造花を巻き、ポイントとしてイースター・エッグを
付けても(グルーガンで付きます!)おしゃれ
です。

又、中身を出した卵の殻に絵や柄を描き、エッグスタンドに置いてフラワーベースとして
お花を飾っても可愛いです。

壁には、パステルカラーのフラッグやグリーンのガーランド、うさぎの形にカットした色紙など
ポップに飾るとお部屋の中が一気に春を祝うお祭りムード一色になります♪

まとめ

イースターの意味や由来、イースターのシンボルであるイースター・エッグと
イースター・バニーをはじめとする飾りのアイディアをご紹介させて頂きました。

キリスト教徒でない場合は、春を祝うお祭りとされているイースターですが
自由や春の暖かさに感謝しながら、楽しい1日を過ごしたいものですね♪

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, 雑学 ,