小田原城のあじさいの見頃&ライトアップ情報!開花時期に合わせたお祭りも必見

   

東京から電車で約1時間30分の距離にある神奈川県小田原市は、
恵まれた自然・温暖な気候と新鮮な魚介類など豊富な食材が魅力です。

私も幼い頃から小田原に遊びに行くと、小田原城や桜の名所として有名な小田原城址公園を
ゆっくりと散策しながらのんびりと過ごし、お土産に小田原蒲鉾(かばぼこ)や干物を
買って帰るのが楽しみでした。

さて、そんな恵まれた自然や歴史を感じる事が出来る小田原のシンボルと言えば「小田原城」です。

小田原城本丸東堀にある花菖蒲園や、小田原城址公園では例年6月のあじさいの季節になると
梅雨空を吹き飛ばす様に、鮮やかに咲くあじさいが一帯を彩ります。

城門などを背景に咲くあじさいを、日本の梅雨の風情ある風景として写真のフレームに収めようと
多くの方が訪れる、神奈川県内のあじさいスポットでもとても有名です。

そんな小田原城のあじさいの見頃や、毎年開催される「小田原城あじさい花菖蒲まつり」の情報・
そして日中とは違った魅力を味わう事が出来るあじさいのライトアップについてを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

小田原城のあじさいの見頃は例年いつ頃?

例年の小田原城周辺のあじさいは6月上旬頃から咲き始め、
見頃は6月上旬頃~7月上旬頃にかけて
の年が多いです。

そして、小田原城本丸東堀にある花菖蒲園の花菖蒲の見頃は、6月上旬頃~中旬頃にかけてと
あじさいに比べると見頃の時期が短いですが、例年6月中旬頃~20日頃であれば花菖蒲園に咲く約6,000株もの花菖蒲と
約2,100株の滲む様なブルーや鮮やかな青・赤紫・ピンク・白のあじさいが、鮮やかな世界の中の
日本の梅雨時期の情緒を醸し出しています。

例年、この花菖蒲とあじさいの見頃時期に「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が開催され
コンサートなどのイベントを鑑賞したり、花菖蒲園前の広場がオープンスペースとなりテーブルと椅子が設置されるので
出店で軽食やお茶を購入しながら(お弁当持参もおすすめです)のんびりとあじさいと花菖蒲のある光景を
楽しむ事が出来ます。

2017年4月現在、小田原市公式ホームページで今年の「小田原城あじさい花菖蒲祭り」の開催情報は
まだ発表されていませんが、例年6月の第1週目の土曜日~第3週目の日曜日まで開催されています。

例年通りの開催期間であれば、今年2017年は6月3日(土)~18日(日)までの開催となりますが
足を運ばれる前の事前のご確認をおすすめします。

【小田原城あじさい花菖蒲まつりについてのお問い合わせ先】

●小田原市観光課      TEL:0465-33-1521
●(一社)小田原市観光協会  TEL:0465-22-5002

【小田原城址公園についての情報】

●小田原駅より徒歩にて約10分
※駐車場は周辺の有料駐車場をご利用下さい

●入園料:無料(小田原城は入館料が必要です)

●開園時間:小田原城 午前9時~18時30分(最終入館)
※6月~8月の土・日・祝日の時間です。
平日及びその他の時期は、17時(最終入館16時30分まで)

小田原城址公園の開園時間は特に無し

スポンサードリンク

小田原城のあじさいライトアップの期間や時間は?

例年、あじさいと花菖蒲の見頃に合わせ常盤木門周辺がライトアップされます。

ライトアップ時間は19時~20時の1時間と短い時間のライトアップとなりますが、
(2017年の情報は4月現在発表されていません)
小田原城の壁や橋の手前に花菖蒲、側面には色とりどりのあじさいが咲き
日中とは又違う、どこか艶っぽく・幻想的な梅雨時期の夜を演出してくれます。

ディナー前や、少し早いディナー後のお散歩やデートにおすすめです!

まとめ

小田原城・小田原城址公園のあじさいの見頃・あじさい花菖蒲まつりについて&
ライトアップ情報をご紹介させて頂きました。

春のソメイヨシノなど桜季節に比べると少し影が薄いあじさいですが
私は曇り空に鮮明に、まとまって浮かび上がるあじさいが大好きです。

是非、海の幸の美味しいグルメを食べに行く途中に立ち寄ってみて下さい!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - スポット, 自然 ,