ウコンの効果は種類や摂取方法によって変わる?沖縄ではお茶も定番!

   

『飲む前にはウコン』と言うイメージがすっかり定着しているウコン。

何だか肝臓をガードしてくれる印象しかありませんが、その他にはどの様な効果や
良い影響があるのか気になりませんか?

又、ウコンにはドリンクと化したものや、粒状・粉末状など様々な形状があり、
沖縄では「うっちん茶」(ウコンを方言でうっちんと言います)もポピュラーです。

更には、ウコンは主に「春ウコン」と「秋ウコン」「紫ウコン」などの種類に分類される事が多いですが
世界中には約50種類ものウコンが存在していると言われています。

商品として販売される際にも、その種類が明記されている場合もあります。

極め付けには、意外と知られていないかもしれませんがカレーでおなじみの香辛料である
「ターメリック」とはウコンの英語名
になります。

となると、『カレーを沢山食べれば肝臓が強くなる?』と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

そんな、何だか謎のベールに包まれた雰囲気を持つウコンのあれこれを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

ウコンの効果は肝臓に関係する事のみ?種類によって違う?

紀元前からインドで栽培されてきたインド原産のウコンは漢字で書くと「鬱金」となり、
鮮やかな黄色と言う意味になります。

この鬱金が「ウコン」に転訛しました。

前途した様に、英語名はターメリック・私が住む沖縄ではうっちんと呼ばれます。

ショウガ科の植物である生のウコンの見た目は、そのまんま生姜です。

ウコンは一般的に、肝臓機能を促進させると言われる事が多いですが
他にはコレステロールの減少や動脈硬化の改善・ミネラル補給・便秘の解消など様々な効果が
期待されると言われています。

更には立証はされていない様ですが、ガンを抑制するなんて言うお話も聞いた事があり
ここまで来ると『飲む前にはウコン』と言うイメージが、健康面へ良い影響を与えてくれるとされる
その他の効果の存在をすっかり打ち消してしまっている様な気すらしてしまいます。

ウコンにはポリフェノール類であるクルクミンが含まれている事が有名です。

ウコンの活性成分であるクルクミンは、スパイスなどの着色剤と使用される食品添加物の1種ですが
(鮮やかな黄色です)このクルクミンが肝臓の働きを助けるとされていて、
美肌効果もあると言われています。

そしてウコンには豊富な食物繊維や、精油成分も含まれています。

種類別の期待される効果としては、

春ウコン・・・春に根茎から芽が出るとすぐに花が咲く事から春ウコンと呼ばれています。
秋ウコンに比べ、含まれるクルクミンの量が少ない事が特徴として挙げられますが、
その分、精油成分が秋ウコンよりも多く含まれています。
肝機能の強化・抗酸化作用・コレステロール値を抑えると言った効果が
期待されると言われています。

秋ウコン・・・秋に花が咲く事から秋ウコンと呼ばれ、クルクミンの量が春ウコンの約10倍と言われています。
二日酔い・肝臓病・糖尿病・心筋梗塞などに効果が期待されると言われています。

紫ウコン・・・クルクミンはほとんど含まれていませんが、精油成分が豊富に含まれています。
胃潰瘍や健胃・口臭・糖尿病・白内障・不整脈などに効果があると言われています。

スポンサードリンク

ウコンの効果は摂取方法によって変わる?摂取量の制限は?

商品化されているウコンには、ドリンクタイプ・粒状・粉末状・お茶など様々なバリエーションが
あります。

インターネットなどで加工されていない生ウコンを購入する事も出来ますが
あまり生ウコンを摂取するのは一般的ではないと思います。

『飲む前に』を目的とすれば、ドリンクタイプの物や、粒状が主ですが
定期的にウコンを摂取するのであれば粉末状タイプやお茶がおすすめです。

粉末タイプであれば、お料理や紅茶などの飲み物に入れて手軽に、比較的美味しく摂取する事が出来ます。

沖縄ではポピュラーな「うっちん茶」も、味が少し独特ですが他の飲み物と割ったり
ウコン以外の茶葉がブレンドされて飲みやすくなっているものも
ありますので
用途や好みによって選んでみて下さい。

商品や摂取方法によって、味わいや効果はそれぞれですが、
ウコンは過剰に摂取すると肝臓などに異常をきたす可能性もあると指摘されています。

副作用が出やすいと言う事ですね。

特に、肝臓が弱っている場合だとクルクミンの作用により、肝臓を無理に働かせる事で
症状が悪化してしまうとも言われています。

健康維持を目的に、日常的にウコンを摂取するのであれば1日に0.5mg以上、2~3gぐらいまでの
摂取が好ましい
とされています。

妊娠中・授乳中の方や、持病がある方の場合はかかりつけの医師に相談される事をおすすめします。

まとめ

ウコンの効果や種類・摂取方法や摂取量についてご紹介させて頂きました。

ウコンがカレーでおなじみのターメリックである事に驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

カレーにはターメリックが入っているので、クルクミンも含まれています。
その為、健康面や美肌効果も期待されると言う事になりますが
健康を求めるがあまりに過剰摂取をすると言う事は、ウコンに限らずかえって健康に
悪影響を及ぼす可能性もある事を頭に入れておきたいものですね。

健康的な明るい毎日を過ごされる事を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 沖縄, 雑学