みどりの日とはどんな意味?由来や昭和の日との関係性は?

   

ゴールデンウィーク終盤の5月4日は国民の祝日である「みどりの日」です。

5月3日の「憲法記念日」や5月5日の「こどもの日」に比べ、少し印象が薄い様にも感じられますが
この、みどりの日があるお陰でゴールデンウィークが大型連休となる為
子供にも大人にも、とても大切な国民の祝日と言えると思います。

そんなみどりの日ですが、2006年までは現在の5月4日ではなく、4月29日だった事を覚えていますか?
2007年以降からは、4月29日はやはり国民の祝日である「昭和の日」になりました。

この様なパターンの国民の祝日は非常に珍しいと思うのですが、
何故、みどりの日が4月29日から5月4日になったのか?
みどりの日の由来や、国民の祝日として制定された目的・昭和の日との関係性について等の
湧き上がる疑問を解決すべく、調べました。

スポンサードリンク

みどりの日とは?どんな目的で制定された祝日?

「みどりの日」は、国民の祝日に関する法律第2条によると『自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、
豊かな心をはぐくむ』事を趣旨としている
とされています。

制定されたのは平成元年(1989年)ですが、1989年から2006年までは4月29日、
2007年から現在に至るまでは5月4日がみどりの日となっています。

、「みどりの日」にちなみ全国で多くの植物園や庭園など、緑豊かな施設が無料開放したり
苗木の無料配布などをイベントとして行う施設もあり
、それぞれに自然を豊かに楽しむ日の
取り組みがされています。

旧みどりの日である4月29日にこの様な取り組みを行う施設もあります。

スポンサードリンク

みどりの日の由来や昭和の日との関係性は?

元々、4月29日は昭和天皇の誕生日である事から天皇誕生日でした。(国民の祝日)

しかし、1989年に昭和天皇が亡くなられ、現在の天皇が即位された事により
天皇誕生日は現在と同じ、12月23日になりました。

本来であれば昭和天皇の崩御により、みどりの日は無くなるものとされていましたが
昭和天皇の誕生日であった4月29日をそのまま国民の祝日とする為、
(ゴールデンウィークを構成する1日が平日に戻る事で大型連休が崩れ、経済効果が薄れてしまう事が
懸念された様です。)

昭和天皇が生前、植物や自然を深く愛していたと言う背景から「みどりの日」と言う名前の祝日に
1989年に制定される事になりました。

しかし、2005年に国会で祝日法が改正された事から、2007年より4月29日は「昭和の日」となり
みどりの日はゴールデンウィーク終盤の5月4日(元は「国民の休日」でした)に移動
になりました。

まとめ

「みどりの日」の由来や趣旨・「昭和の日」との関係性をご紹介させて頂きました。

ゴールデンウィークを構成する大切な祝日であるみどりの日、
豊かな緑の中でアウトドアや森林浴など、日頃の疲れを癒すべく
リラックス&リフレッシュで楽しい休日をお過ごしください!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学