五月病の症状や原因は?いつもとは違う不調が気になったら要チェック!

   

新しい学校へ入学した学生さんや新社会人が、新しい生活が一段落した5月頃に
気分が妙に落ち込んだり、やる気が出なかったりと言う状態に陥る状況を
世間では「5月病」と呼びます。

5月病は正式な病名ではありませんが、いつもとは違う不調があまりにも
長い期間続いたりする場合には、一過性のものだと放置しておくのも危険です。

大きな環境の変化などに伴い起こってしまう精神疾患である可能性も無いとは言えないからです。

5月に限らず、新しい生活や環境の変化があった時に「何か気分が上がらないな」などと
思う日々が続く場合は、その症状がどんなものであるのか?
原因はどんな事であるのか?などをチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

五月病の症状はどんなもの?

五月病は元々、新しい学校に入学した新入生が新しい環境に馴染めなかったり
新生活をスタートさせた頃は気持ちを高く持ち、日々を過ごしていたけれど
5月のゴールデンウィーク頃に張りつめていた気持ちが切れる事から起こる症状とされていました。

しかし、近年では新入生の学生に限らず新社会人の場合にも
本格的な業務が始まる6月頃に、5月病の様な症状が出る方が多くなって来ていると言われています。

5月病の主な症状とされる事には、身体の変調と精神的な変調があります。

【5月病による体の変調】

夜眠る際の寝付きが悪くなる、朝の起き抜けが悪い。

食欲不振

動悸・めまい・頭痛

【5月病による心の変調】

何をするにも気持ちが沸かない

学校や職場に行きたくなくなる

憂鬱な気持ちや不安状態が続く

物事に対する関心や興味が薄れる

以上の症状が主な5月病とされる症状になります。

当てはまる項目が多い、心当たりがある項目はありましたか?
これらの症状に当てはまる事柄が多く、3か月以上続く場合は受診を検討される事をおすすめします。

スポンサードリンク

五月病の原因はどんな事?

正式な病気の名称ではない五月病の原因として考えられる事には、

新しい環境について行けない

新しい人間関係に馴染めない、上手く行かない

想像していた日々との違い(想像していたよりも良くなかった)

入試や入社試験を終え、入学・入社した事により目標が達成され
今後何を目標にして良いのか解らない
(燃え尽き症候群に近い)

以上の様な要因が5月病の主な原因と言われています。

心身を健康に保つ為にも、生活に適度な運動を取り入れたり
太陽の光を朝(午前中)に浴びたり、極力生活リズムを乱さない試みを行う事が
身体にも心にも良い事だと言われています。

又、極力ストレスを溜め込まない方法を自分なりに考えてみる事をおすすめします。

まとめ

五月病の症状や原因についてご紹介させて頂きました。

あまりこの様な症状が長引きながらも放置する事は、更に症状が悪化したり長引く要因とも
成りかねません。

気になる様でしたら、専門医に診て頂く事で心もきっと軽くなるはずです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学 ,