沖縄の魚の名前は超絶難しくて不思議!?食用として美味しい種類はどれ?

   

年中を通して温暖な気候と、まるで海外のリゾート地の様な美しい海や景色・
のんびりとした島時間が人気の沖縄。

海外よりもよほど沖縄の海の方が綺麗と言われる程、多くの人を虜にする沖縄の海ですが、
ダイビングやスノーケリング以外に、旅行中に釣りを楽しまれる方も沢山いらっしゃいます。

沖縄の海に生息する魚のイメージと言えば「熱帯魚」ではないでしょうか?

実際に、海に潜ればクマノミやハタタテダイなど有名な熱帯魚を筆頭に、
濃いブルーが印象的なルリスズメダイや、黒と白のボーダーが可愛いミスジリュウキュウスズメダイなど
多くの種類のお魚がサンゴやイソギンチャクと共に暮らしています。

しかし、沖縄の海の魚は熱帯魚ばかりでは無く、食べて美味しい魚も沢山住んでいます。

沖縄の市場やスーパーへ行った事が1度でもある方は、
沖縄方言で記載された魚の名前に頭を抱え、何の魚なのか理解できなかった事がありませんでしたか?

そんな超絶(?)難しいとされる沖縄の魚の名前(私も最初はまるで理解できませんでした)の
正式名称や、食用として美味しいお魚をご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

沖縄の魚の名前の正式名称は?

沖縄の市場やスーパーには、『イラブチャー』『ガーラ』『ミーバイ』『グルクン』など
頭の中が「????」で埋め尽くされてしまう様な名前のお魚が並んでいます。
(マグロやカツオ・サンマなど一般的に知られる魚ももちろんあります)

私は現在、石垣島に住んでいるのですが東京から移住して来て数年は、ホテルのレストランで
勤務していた事もありお客様へ説明できる様にと、魚の名前を一生懸命覚えました。

しかし、『浜崎の奥さん』や『おじさん』『コウコウセイ』など、もはや魚の名前とは到底思えない様な
お魚の名前と正式名称をすり合わせると言う事は、非常に頭を使う
作業(?)なのでした。

【沖縄で呼ばれる魚の名前の正式名称】

イラブチャー・・・ブダイの事。イラブチャーと言えば、アオブダイが有名ですが正式にはブダイ科の総称です。
いかにも沖縄の魚らしい、青い魚。初めて見る方であれば「これ食べられるの?」と確実に思うであろう、
市場の人気者です。

ガーラ・・・アジの事。ギンガメアジやカスミアジなど
様々なアジの一種がガーラと呼ばれます。


※出典: 沖縄美ら海水族館 美ら海観察ガイド

ミーバイ・・・ハタ科の魚の総称。イシミーバイやアカミーバイなど、
沖縄の近海に50種類も生息していると言われています。高級魚としても有名です。

グルクン・・・タカサゴ科の魚の事。沖縄県の県魚です。
釣りに行った知人に大量にお土産として貰う事が多いお魚。

浜崎の奥さん・・・トガリエビス。石垣島に住む浜崎さんと言う方の奥さんが
市場でいつも買っていた事が名前の由来だと言う、本当の話の様です。マース(塩)煮が美味しいと評判です。

おじさん・・・ヒメジ科の魚の総称。沖縄には20種類以上のおじさんが居ると言われており、
名前の由来は下あごのヒゲがおじさんの様だったからとの事。

コウコウセイ・・・キツネウオの事。横に一直線に入った黄色のラインが、高校生の着用する何かに似ているから?の様な由来を聞いた事がありますが、本当なのかはよく分りません。

アバサー・・・ハリセンボン。沖縄では汁や唐揚げ・酢味噌和えなどにして食べます。スノーケリングなどでも遭遇する事があり、一生懸命に泳ぐ姿が本当に可愛いです。

ガチュン・・・メアジ。マース煮やお造りなどで食べる事が多く、美味しいお魚です。


※出典: 沖縄美ら海水族館 美ら海観察ガイド

ビタロー・・・フエダイ科の魚。ヨスジフエダイや、アミメフエダイなどを
ビタローと呼ぶ事が多いのだそうです。黄色とピンク色の身体に
グレーの様な色のラインが数本入っています。目もまん丸で可愛いお魚です。

コウコウセイやおじさん、浜崎の奥さん、ビタローなどまるで人の名前の様な名前も多い沖縄のお魚。

「これもミーバイ、あの魚もミーバイ」の様な、仲間をまとめて呼ぶお魚も多く
細かく決まっていないざっくり感が沖縄らしくてほのぼのします。

スポンサードリンク

沖縄の魚で食用として美味しいのは?

よく「沖縄の魚は身が締まっていなくて美味しくない」と言う話を聞く事があります。

昔、東京に帰省した際に築地のお寿司屋さんに行き、大将と石垣島から来たとお話ししていたら
「あんな所の魚は不味くてとても食えない」と大将が仰っていて、少し悲しい気持ちになりましたが
石垣島の魚は、全部とは言いませんが美味しい魚は本当に美味しいです。

本マグロやカツオなどは、本土から遊びに来た友達も大絶賛するぐらい
シーズンには新鮮な状態でとても美味しいです。

やはり、少し臭いが独特な魚が多い事は否めませんが
青いお魚のイラブチャーはお寿司屋さんで寿司ネタにもなりますし、
アーサ(あおさ)が入ったマース(塩)煮には、ミーバイやエーグヮー(アイゴ)などが合います。

グルクンは丸ごと唐揚げにしても美味しいですし、10年ぐらい前に
「那覇空港で売っていた、ぐるくんおにぎりが超美味しかった!」と幼なじみが力説していました。
(今は販売されているか不明ですが)

アバサーが好きな方もいらっしゃいますが、私はどうも見た目があまりにも可愛いので
食べるのが不憫な気がしてあまり食が進みません。

沖縄にお越しの際には、是非色々なお魚を召し上がってみて下さい!

まとめ

沖縄のお魚の名前の正式名称や特徴・食用として美味しいお魚について
ご紹介させて頂きました!

ダイビングなどで海の中の生き物を鑑賞し、夜は珍しく美味しい魚料理を楽しんで頂けたら
とても嬉しく思います。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 沖縄, 雑学, 食べ物/飲み物 ,