洗濯物の室内干しの気になる臭い対策&少しでも早く乾かす為の工夫をご紹介!

   

雨の日が多い梅雨時期や、日照時間の短い冬など
洗濯物を室内で干す事が多い時期に、気になるのが室内干しの洗濯物から発せられる独特な臭い。

香りの強い柔軟剤を入れて洗っても、乾いた後に嗅ぐとやはり嫌悪感の沸くが臭いがするものです。

これは、湿気と温度により雑菌が繁殖する事があおの嫌な臭いの原因となり、
室内で干している場合は乾くまでに時間が掛かる為、それだけ湿度や雑菌が増えてしまうからだと言われています。

この様な環境においては、喘息の原因にもなりやすいカビが生成される事にもなってしまい
健康面においても決して良い事とは言えません。

そんな洗濯物の室内干しの際の嫌な臭いの対策&少しでも早く乾かす為の工夫を
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

洗濯物の室内干しの気になる臭い対策はどんな事?

長時間、衣類が半乾きの状態である事によって雑菌が繁殖し、
嫌な臭いの元となる物質が出来てしまいます。

外に干せない時期は致し方が無い事なのですが、やはり少しでも不快な状況は無くしたいものですし
おきにいりの洋服などから嫌な臭いがしていたら、気分も少し下がってしまうものです。

そんな、洗濯物の臭いへの対策としては

洗濯物は溜め込まずにこまめに洗う

洗濯機の洗濯槽を綺麗に洗っておく

洗濯物を干す場所に湿気を溜め込まない為に、こまめに換気をする

抗菌作用のある柔軟剤を使用する

出来るだけ早く乾かす

以上が主なポイントとなります。

洗濯物を数日分溜め込んでいると、衣類に付いた汗やほこり・汚れなどから雑菌が増えやすくなってしまいます。
更に、一度で沢山の洗濯物を洗う事で室内が洗濯物だらけになってしまい、
余計に乾きにくくなってしまいます。
半乾きの状態が長時間続く事は避けたいので
洗濯物を溜め込む事に良い点は無いと言えるでしょう。

又、洗濯槽は清潔である事も重要です。洗濯槽に付いた垢や泥・石けんかすなどの汚れが
洗濯物に付着する事で、汚れを落とす為の洗濯が本末転倒
になってしまいます。

少しでも雑菌を減らす為にも、洗濯槽専用の洗剤で定期的にお掃除を心掛けましょう。

スポンサードリンク

洗濯物を室内干しで少しでも早く乾かす為の工夫をご紹介!

洗濯物を少しでも早く乾かす事も、あの嫌な臭いから逃げる為の重要なポイントになりますが
洗濯物が中々乾かない理由としては、湿度が高い・湿気が多い事になります。

洗濯物が乾きにくい時期だけでも、洗濯乾燥機を利用する事がベストですが
その他の工夫としては、

エアコンの除湿・ドライ機能や、除湿機を活用する

晴れている日には窓を開け、雨の日には換気扇を使用して室内に湿気を溜め込まない

干す前にアイロンをあててから干す

洗濯物は重ならない様にずらしながら干す

洗濯物の下に除湿剤や除湿効果のある新聞紙などを置く

過去の経験として、室内干しの洗濯物が驚くほど早く乾いたのが
換気扇が回っている付近のスペースに洗濯物を干し、すぐ近くに除湿器を設置した場合です。

又、かごや箱に丸めた新聞紙を沢山入れて洗濯物の真下に置いておく方法もおすすめです。

※除湿のアイディアについては、こちらをご参照下さい。
湿気対策は部屋の中や押入れの中も万全に!除湿器いらずの除湿アイディア♪

まとめ

洗濯物の嫌な臭いを取る為の室内干しのヒント、いかがでしたでしょうか?

空気を流す・水分を減らす(湿気を減らす)事をキーポイントとして
少しでも快適な室内生活を送りたいものですね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - グッズ, 日常 ,