夏至の意味や日照時間はどれぐらい?この日に食べる食べ物はある?【二十四節季】

   

1年を24に等分し、その区切りと区切られた期間に名前を付けた
“二十四節季(にじゅうしせっき)”と言う暦があり
“夏至(げし)”はこの二十四節季の中で、お彼岸のある春分と秋分の中間になります。

二十四節季の中でも、夏至と冬至(とうじ)は重要な二至となり
春分と秋分の二分を合わせて、二至二分(にしにぶん)と呼ばれます。

そんな1年を通した季節の中で重要な日である夏至は
1年で1番昼間が長い日として有名ですがそもそも夏至とはどんな意味で、
日照時間はどのぐらいなのか?この日に特別に食べる食べ物はあるのか?など
意外と知らない事が多いものではないでしょうか?

是非、大人の豆知識として、夏至について学んでみませんか?

スポンサードリンク

夏至とはどんな意味?

二十四節季は、太陽の角度で決まります。

ですから、「毎年、何月何日」の様に決められている訳ではありません。

二十四節季の10番目となる夏至は、
太陽の角度が90度の日
となります。

7月のイメージもある夏至ですが、毎年大体6月21日頃とされていますが、
太陽の角度によって変わる訳ですから
必ずしも6月21日が夏至では無いと言う事になります。

(今年2017年は6月21日の水曜日です)

来年以降の夏至は、2018年が今年と同じ、6月21日で2019年は6月22日、
2020年から2024年までは6月21日となります。

こう見てみると、ほとんどの年が6月21日と言う印象ですが、6月21日と22日以外の日にちになるのは
2056年以降の事だそうで、果てしなく先と言う事になります。

さて、そんな夏至は太陽の中心が夏至点(黄道上で黄経90度の点の事)を通過する日です。

この日、日本を含む北半球では1年で最も昼が長く、夜が短い日となり
南半球では、昼が最も短く夜が最も長い日
となります。

私が住む沖縄では、この時期に吹く季節風を “夏至南風(カーチバイ)”(読み方は地域によります)
と言うのですが、この名前になった由来は沖縄の梅雨明けに吹く湿気を帯びた南、又は南西から吹く強い風が
夏至の頃に吹く事からこの様に呼ばれる様になりました。

沖縄の梅雨明けは例年、6月中旬から下旬頃が多く
梅雨明けを知らせる風とされています。

夏至は夏の始まりとされる日ですが、実際は本土では6月20日頃はまだ夏とは言えない気もします。
しかし、沖縄では夏至の頃が正に夏の始まりと言えると思います。

スポンサードリンク

夏至の日照時間はどれぐらい?

さて、そんな1年を通して最も昼間が長い夏至の日照時間ですが
太陽が見えている時間が14時間50分ぐらいになります。

これは1年を通して最も日照時間が短い冬至が9時間45分ぐらいと言う事なので、冬至の頃の日照時間に比べ
夏至の頃の日照時間(昼間の時間)は約5時間長い
と言う事が解ります。

そして、素朴な疑問として湧き上がる事が
「一年で一番昼間が長いのに、何故1年で1番暑い季節ではないのか?」と言う事です。

太陽の角度が一番真上である90度になるのに、何故7月や8月の方が暑いんだろう。
こう思われる方も多いはずです。

これは、太陽の光が地面に当たり気温がその年の最高気温まで上昇するのに
地球を包む空気の力により、約1か月~1か月半程ずれこむ為です。

12月21日・22日頃の冬至よりも約1か月~1か月半後の1月下旬・2月頃が
1年で最も寒い時期となるのもこの事げ原因となります。

夏至に食べる特別な食べ物はある?

冬至にはかぼちゃを食べる風習が全国的に有名ですが、夏至の頃に食べる食べ物は
地域により異なります。

各地域(その一部の場合もあります)で夏至の頃に食べる食べ物として有名なのが、

関西地方・・・・・・・タコ

関東地方・・・・・・・新小麦の焼き餅

福井県の越前・・・・・焼きサバ

香川県の讃岐地方・・・讃岐うどん

この他にも奈良では、夏至から数えた11日目の半夏生(はんげしょう)に、半夏生餅と言う名前の
小麦ともち米が混ざり、きな粉をかけたお餅を食べる風習があるのだそうです。

京都では、夏至の食べ物と言う訳ではありませんが
6月30日に三角形のういろうの上に甘煮の小豆を散らした水無月と言う名前の
お菓子を食べる風習があります。

この様に、各地方や地域でこの時期に食べる食べ物がこれ程までに違いがある理由は
古来から日本のこの時期はとても忙しい田植えの時期であり、
行事食の様に、「この日にこれを食べる」と言う余裕が無い時期であったからなのだそうです。

しかし、小麦餅や半夏生餅・その他の地域の食べ物のほとんどは
田植えの無事を感謝したり、豊作を祈願して神様へお供えをしていたと言う由来がありますので
夏至の頃に食べる食べ物は、田植えに関係しているものと捉えて良さそうです。

まとめ

夏至についてご紹介させて頂きました。

初夏とも言える夏至の頃、ゆったりとお餅やうどんなどを食べながら
暑い夏を迎える準備をしたいものですね!

※人気ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学