ほうじ茶のカフェイン量はどのぐらい?赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

   

コーヒーに含まれるとして有名なカフェインですが、妊娠中の場合であると
カフェインを大量に摂取すると胎児に悪影響が出ると言われている事から
飲み物に含まれるカフェイン量を気にされる妊婦さんは多いと思います。

又、他にも胃が荒れたり、深い睡眠が取れないなどの影響を考え
あまりコーヒーや紅茶などを飲み過ぎない様に気を遣われる方もいらしゃいますよね。

とは言え、いつも水やノンカフェインで有名な麦茶ばかり飲んでいては飽きてしまう。

と言う事で緑茶やほうじ茶・玄米茶・ウーロン茶など様々な種類のお茶を日替わりで飲もうと
考えたりもすると思います。

ほうじ茶やその他のお茶に含まれるカフェイン量や、妊婦さんが1日に摂取して問題の無い
カフェイン量、赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか?

これらのほうじ茶にまつわる疑問を解消しましょう!

スポンサードリンク

ほうじ茶のカフェイン量はどのぐらい?他のお茶との比較!

ほうじ茶100mlに対し、約20mgのカフェインが含まれていると言われています。

このカフェイン量が多いのかどうかと言う事ですが、インスタントコーヒーの場合は100mlに対し
約45mg、ドリップコーヒーの場合は100mlに対し、約90mgのカフェインが含まれています。

やはりカフェイン量が多いイメージのあるコーヒーに比べると、ほうじ茶のカフェイン量は
圧倒的に少なく感じます。

次にカフェイン量が多いイメージのある紅茶は、100mlに対し20mgと
ほうじ茶と同じぐらいのカフェイン量になります。

ココアは100mlに対し、約30mgとコーヒーよりは少なくなっています。

その他のお茶100mlに含まれるカフェイン量は以下の通りになります。

ウーロン茶・・・約20mg

緑茶・・・・・・約20mg

玄米茶・・・・・約10mg

抹茶・・・・・・約30mg

玉露・・・・・・約120mg

以上を見てみると、ほうじ茶よりは玄米茶の方がカフェイン量が少ない事が解ります。

又、コンビニなどで市販されているお茶でカフェインを含まないお茶は
六条麦茶・爽健美茶・十六茶
になります。

コーラや栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれているので過剰摂取に気を付けましょう。

時々、「妊婦さんにはほうじ茶がおすすめ」と聞く事がありますが、
これは、ほうじ茶にカフェインが全く含まれていないと言う訳では無く、リラックス効果や
身体を温める効果がある
からだと言われています。


カフェインの影響について

一般的なイメージとして良くないイメージが常に先行してしまっているカフェインですが
実際はどの様な影響があり、その影響は悪い事だけなのか?と言う事も気になりますよね。

健康や長生きの為に毎日欠かさずコーヒーを飲むと良い。
こんな話も聞いた事があり、「ところで、カフェインって身体に良いの?悪いの?」と言う疑問も。

コーヒーが大好きで1日に何杯も飲む事が習慣になっている方も多いですよね。(私もそんな1人です)

そんなカフェインが私達に与えると言われている影響は以下の通りです。

睡眠の質の低下

胃酸分泌が過剰になる事から、胃への負担が増す

貧血

自律神経の乱れ

身体を冷やす作用

眠気の防止

集中力が増す

筋肉疲労の緩和

これらのカフェインの影響を見てみると、悪い影響ばかりでも
良い影響ばかりでもない事が解ります。どんな飲食物でも同じですが、
要は過剰な摂取が良くない、と言う事です。

スポンサードリンク


カフェインの1日の好ましい摂取量は?妊婦さんの場合は?

好ましいとされているカフェインの1日の摂取量は、体重によって大きく異なりますが
健康な大人の場合、健康を維持する為に1日のカフェイン摂取量を
400mg以下にする事が好ましい
とされています。

これは、ドリップコーヒーの場合であれば約400ml分に相当します。
カップ1杯が100mlであれば4杯ですが、カップが大きい場合は注意が必要です。

妊婦さんの場合であれば、1日に200mgまでのカフェインの摂取であれば問題無いと言われていますので
徹底的にカフェインの摂取を避けると意識しすぎてストレスを溜める必要は無さそうです。

子供の場合は、4歳~6歳ぐらいまでが1日に45mg(500mlのコーラ1本分)

7歳~9歳で1日に62.5mg、10歳~12歳で85mg以下の摂取が推奨されています。

ほうじ茶のカフェインは赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

赤ちゃんに飲ませるお茶として、カフェインゼロの麦茶が有名ですが
麦茶には身体を冷やすと言う性質があります。

この事から、身体を温め・リラックス効果もあるほうじ茶を赤ちゃんに飲ませるお母さんが
多い様ですが、ほうじ茶を赤ちゃんに飲ませる事は特に問題が無いと言えます。

只、やはりカフェインを含んでいますので量を気にする事は必要です。

心配な場合は、水で薄めたり、市販されている低カフェインの赤ちゃん用ほうじ茶
(通常のほうじ茶に比べ薄いです)を飲ませる事をお勧めします。

まとめ

ほうじ茶やコーヒー、その他のお茶に含まれるカフェイン量や
1日に推奨されているカフェイン摂取量などをご紹介させて頂きました。

良い効果も悪い効果も共に挙げられるカフェインですが
健康の為に、くれぐれも過剰摂取は避け健康的な毎日を過ごしたいものですね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学, 食べ物/飲み物