お彼岸のお布施の相場や表書きは?郵送はマナーとして大丈夫?

   

年に2回、春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日間はお彼岸です。

お彼岸は、昔からの日本の伝統的な習慣で先祖供養を行う期間になります。

仏教行事でもありますので仏教のご家庭の場合は、春のお彼岸と秋のお彼岸にお墓参りに行かれたり
お寺によるお彼岸法要に参加、個別で法要をお願いされる事もありますよね。

そんな際にお寺へのお布施は幾らが妥当なのかと悩む事もあるのではないでしょうか?

親族が多く、繋がりも深い地域の場合は周囲と相談して相場を決めると言う事も良くありますが
親族が周囲にさほど多くなく、お布施の相場を相談する事が難しい場合もありますよね。

一般的に、お彼岸の法要のお寺へのお布施の相場は幾らぐらいなのか?

又、家族や身内が亡くなって初めてのお彼岸(初彼岸)の場合の相場は変わってくるのか?
等の疑問を解消しておきましょう。

スポンサードリンク

お彼岸のお布施の相場は?

お彼岸の期間に、個人や家族などとお墓参りへ行く際は特にお布施は必要ありませんが
ご家庭や地域によってはお菓子などをお寺へ持参する場合もあるそうです。

合同法要であるお彼岸法要に出席する場合のお布施の相場は、一般的に3千円~1万円程度です。
心配な場合は、直接お寺に伺うのもマナー違反ではありません。

別に卒塔婆(そとうば=供養の為に用いる長い木の板)をお願いする際には、
お布施とは別に卒塔婆料として3千円~5千円用意しましょう。

法要を個別にお願いする際のお布施の相場は、3万円~5万円が一般的です。

初彼岸の法要の際のお布施の相場も基本的に同じです。

又、自宅などにお坊さんを招き、お経をあげて頂く場合にはお布施とは別にお車代として
3千円~5千円程度を別に包む場合が多く、お菓子やお料理などをお土産として渡す場合もあります。

スポンサードリンク

お彼岸のお布施の表書きは?

お布施の表書きは宗派によっても異なる様ですが、「お布施」「御布施」「御礼」が一般的です。

お布施の包み方には2通りあり、お札を半紙で包むか中袋に入れ奉書紙で包む方法と
白の縦型封筒を使用する方法です。

「御布施」と印字された状態で販売されている市販の封筒もありますので
手書きに自信が無い場合や時間が無い場合におすすめです。

封筒の表面の上部中央に「御布施」などと記入し、下部に供養依頼主の氏名を記入。

裏面には下部に縦書きでお布施の金額を記入します。

お札を封筒に入れる際は肖像画のある面が表、肖像画が上に向く様に入れましょう。

お坊さんが自宅に来て法要を行って下さる場合のお車代や卒塔婆料を包む際も、
同じく白無地のし袋や封筒を使用し、表面に「御車代」「御塔婆料」と記入します。

お布施には水引は不要と言われていますが、関西など一部地域によっては
水引を付ける習慣がある場合もあるそうです。

お彼岸のお布施はお寺に郵送も可能?

お墓のあるお寺が遠方にある場合、中々お彼岸にお墓参りに行けない事もありますよね。

しかし、お寺に対しお経を読んで頂き供養をお願いしたい場合、
お寺にお布施を郵送する事もマナー違反ではありません。

その際には、可能であれば事前にお寺に電話で現地へ行けない為に
お布施を郵送させて頂く旨を伝えておく方がスムーズです。

現金書留の場合は、現金書留用の封筒に入るサイズの封筒に「お布施」などと記入し
その封筒に入れたお布施と、郵送でお布施を送った事情やお寺へのお礼の言葉などを記載した
手紙を同封しましょう。

事前に電話を掛けている場合は、手紙の文面の中に「先日、お電話させて頂きました〇〇と申します」などと
記入しておくと住職さんも分りやすいのではないかと思います。

まとめ

お彼岸のお寺へのお布施の一般的な相場や、使用する袋・表書き
お寺へ伺えない場合のお布施の郵送についてをご紹介させて頂きました。

地域や宗派などによっても相場やマナーの違いがある事もありますので
不安な場合は、地域の親戚やお知り合い・お寺へ直接問い合わせるなどをして
すっきりとした気持ちで先祖供養を行いたいものですね。

日頃、ゆっくりとご先祖様へ感謝の気持ちを伝える事が出来ない場合が多いですので
お彼岸にはゆっくりと、様々な事を想いながらご先祖様へ感謝の気持ちを伝てみませんか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学