日焼け止めのSPFとPAはどう違う?肌に無駄な負担を掛けない為に知っておくべき事!

   

真夏はもちろんの事、日頃から紫外線対策を万全に心掛ける女性は多いですよね。

女性にとって、憧れの肌と言えば「白く透き通る様な透明感のある肌」
街でこんな肌の女性を見掛ければ、同性であっても思わず振り返ってしまう程です。

顔は特に紫外線を浴び続ける事で日焼けだけでは無く、シミやシワ・たるみの原因にもなってしまいます。

その他の身体全体の皮膚も、紫外線の影響で肌の老化が起き
皮膚ガンや白内障などの目の病気、免疫力の低下などにも繋がると言われています。

これらを考えて、楽しいイベントが盛り沢山の夏やレジャーシーズンには
特に日焼け対策を気にする事が多くなると思います。

しかし、ドラッグストアなどで販売されている日焼け止め関連商品は
あまりにも種類が多く、「SPF」や「PA」や数値(レベル)の違いなど見慣れてはいるものの
実際内容や違いがよく分らないものですよね。

そんな日焼け止めにまつわる疑問を解消し、用途に合った日焼け止めを購入しましょう!

スポンサードリンク

日焼け止めのSPFとPAはどう違う?

UVカットの化粧下地やファンデーションなどで紫外線対策をされる方もいらっしゃいますが
やはり夏本番や太陽の照り付けが気になる季節には日焼け止めを使用しますよね。

お手元の日焼け止めや、ドラッグストアなどのコーナーに置いてある日焼け止め関連の商品の
パッケージには「SPF50 PA+++」と表記されていると思いますが、
そもそもSPFやPAは何を表している記号なのか?数値や+の数が多ければ多いほど
紫外線のブロック効果が高いのか?などの疑問が。

そして、『よく分らないから、SPF50でPAの+の個数が多い商品を買っておけば無難でしょう』と
この様に考えて商品を購入する事が圧倒的に多いと思います。

しかし、使用するシーンに合っていない日焼け止めを使用し続ける事で
肌への負担が積み重なり、場合によっては肌荒れなどの肌のトラブルに繋がってしまう場合も
あるのです。

そうなると、肌を美しく守りたい為に使用する日焼け止めが原因で肌荒れになってしまったら・・・
何とも本末転倒な話だと思いませんか?

スポンサードリンク

SPFとは何の略?

SPFは、「Sun Protection Factor(サンプロテクトファクター)」の略で
紫外線を防御する時間を表した数値です。

詳しく言えば、紫外線を浴びた肌(皮膚)が赤くなるまでの時間をどれぐらい長く出来る事が出来るか
と言う事になり、数値が1で20分~25分になります。

ですので、SPF50の場合は、20分×50=1,000分  時間にすると約16時間40分もの長い時間
紫外線から肌を守ってくれる
と言う事になります。

何だかSPF50であればとりあえず安心、と言った気分になりがちですが
やはり数値が高くなればなる程、肌への負担は大きくなります。

少し外へ出るぐらいであればSPF20程度、長時間の外出や海や山でのレジャーの場合はSPF30程度が妥当

言われています。

そして、「SPF50+」と表記されている場合、その+は一体何なのか?と思われる方もいらっしゃると
思いますが、SPFの数値は50までしか表記できない事になっている為、
50以上の場合が「SPF50+」となります。

肌の負担を考えると、普段使いとレジャー用とSPFの数値によって
2種類を使い分ける事をおすすめします!

PAの+の数は何を表すもの?

PA+++の様に、PAの後には数字ではなく+が幾つか記載されているのを見掛けます。

PAとは、「Protection grade of UV-A」の略で、
簡単に言うと紫外線A波から肌を守り、肌が黒くなるのを防ぐ。と言う意味になります。

そこで紫外線A波って何?と疑問が沸きますが、紫外線には様々な波長があり
近紫外線と呼ばれる紫外線の中でも、更に3種類に分類されその内の1つが紫外線A波(UV-A)になります。

UV-Aは、夏場だけではなく、冬場や朝夕でもあまり衰退しないとされ
肌を褐色(黒く)変色させたり、老化を促進させる
と言われるものです。

PAのプラスの個数は1個から4個までの4段階に分かれ、
+の個数が多ければ多いほど(4個が最大)肌をUV-Aから守ってくれると言う事になります。

しかしながら、PAの+の個数もSPFの数値と同様に多くなればそれだけ肌への負担が掛かります。

近所にお買い物へ出掛けたり、短時間のお散歩へ出掛けるぐらいであれば
(土地柄にもよりますが)SPF30 PA++ 程度で効果が期待できます。

まとめ

紫外線から肌を守る防御力の最大が、「SPF50+ PA+++」と言う事になりますが、
この日焼け止めを使用するべきシーンは長時間ラウンドするゴルフに行く場合や
サッカーや野球・テニスなど屋外でのスポーツをする場合。

又、キャンプやバーベキュー・海水浴・ビーチパーティーなどの際にも
この最大数値の日焼け止めが適していると言えるでしょう。

用途に合わせた日焼け止めを使い分け、お肌のトラブルを回避したいものですね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 美容, 雑学 ,