髪のうねりを何とかしたい!原因を知り対策を行ってストレス軽減

      2017/04/02

梅雨の湿気の多い時期に髪のうねりや広がりに悩む方は多いですが、
湿度が高い季節に限らず、年中髪のうねりに悩んでいる方も多いと思います。

記事を書いている私自身も、小さな頃から髪のうねりや激しいクセに悩んで来ました。

大人になると、髪質が子供の頃に比べ変わって来たなと感じる事もありますが
それでも中々髪のうねりからは解放されず、むしろ酷くなっているのでは?と
感じる事もありますよね。

そんなストレスの要因ともなり得る髪のうねりや広がり・ハネなどを改善する為の対策や、
そもそも何故これほどまでに髪がうねってしまうのか等の
原因についてもご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

髪のうねりや広がりの原因は?

髪のうねりの原因は、大きく分けると遺伝的な要因と加齢による要因の2つに分かれると言われています。

小さな頃は真直ぐのストレートヘアだったのに、大人になって髪がうねる様になった。
そんな場合は、加齢や髪のダメージなどが原因の後天的なものだと考えられます。

日本人の内の92%は直毛と言われているので、大人になってからの髪のうねりで悩んでいる方の
ほとんどは、後天的な原因と言えるでしょう。

加齢による髪のうねりは頭皮が固くなり、毛穴がゆがんでしまう事が原因と言われています。

普段の日常生活の中で、女性であっても肌には気を遣うけれど頭皮について深く考えた事や
気にした事が無いと言う方も多いと思います。

しかし、頭皮も肌と同じ様に乾燥やコラーゲンの減少などで固くなってしまいます。

どうして乾燥からはほど遠い、湿度が高い梅雨時期に髪がうねりやすいのかと言うと
湿気により、髪の水分が均一では無い状態(乾いた部分と湿った部分がある)である事から
この時期、髪がうねったり広がったり、前髪が浮いてしまったりと言う現象に繋がってしまう
のです。

その他にも、髪のうねりの原因になると言われる要因は

髪を構成する成分であるタンパク質の不足や、アルコールの過剰摂取などの食生活の乱れ

紫外線などによる髪のダメージ

血行不良

以上の要因が、髪のうねりに深く関わる原因だと言われています。

血行不良は運動不足や、長時間のデスクワークなどにより起こる首や肩の凝りが
血流を悪くさせてしまい、頭皮にも悪影響が出てしまいます。

これらを見てみると、忙しい生活を送り、パーマやヘアカラーなどを定期的に行う大人であれば
ほとんどの要因に当てはまってしまう気がします。

しかし、原因が解れば対策がしやすいものです。

髪のストレスから解放される為にも、うねり対策を始めてみませんか?

スポンサードリンク

髪のうねりから解放される為の対策を始めましょう!

髪のうねりを解消する為の対策は以下の通りです。

固くなった頭皮を柔らかくする為のマッサージや、オイル・頭皮用保湿液などを
利用した頭皮の保湿

タンパク質や亜鉛の摂取・栄養バランスの整った食生活

適度なアルコールの摂取

髪の紫外線対策やダメージヘア用のトリートメントなどで髪のダメージをケアする

血行を促進させる為のマッサージやストレッチ・運動

以上の対策を意識して実践してみましょう!

頭皮をオイルで保湿する場合は、皮膚の保護作用があると言われている
オリーブオイルや椿油がおすすめです。

ベタベタし過ぎる事もなくしっかりと頭皮に浸透し、保湿してくれます。

ボディケア用のローションを頭皮に使用しようと思う場合は
頭皮にも使用出来るものである事が記されている商品を使用しましょう。

又、スキンケアで使用している化粧水や乳液であれば、ほとんどが頭皮に使用しても問題ありません。

まとめ

髪のうねりの原因と対策について、ご紹介させて頂きました。

食生活や髪のダメージも髪のうねりの原因となる事が解った所で
少しづつ生活を改善し、髪の状態が今よりも良くなればストレスも減りますよね。

ファッションや外出が心から楽しいと思える日々になる事を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 美容