犬の熱中症の症状とはどんなもの?対策を万全に可愛いペットを守りましょう!

   

梅雨が過ぎ、暑さもいよいよ本格化し楽しい夏がやって来ます。

夏は気分も明るくウキウキとポジティブになれる季節ではありますが
連日のニュースで熱中症が頻繁に取り上げられる季節でもありますよね。

人間だけではなく、犬や猫なども種類によっては熱中症になると言われています。

犬や猫をペットとして飼育されている場合、特に犬であれば外部へお散歩にも行く事も多く
暑い時期にお散歩や外出から帰宅後、何だかいつもと様子が違うと思う事があれば
熱中症の可能性も無いとは言えません。

犬が熱中症になった場合の症状や、その処置方法・事前に行える対策を知っておく事が
大切な家族の一員でもあるペットの健康を守る事にもなります。

暑い夏がやって来る前に、犬の熱中症について学んでおきましょう!

スポンサードリンク

犬の熱中症の症状はどんなもの?処置方法は?

犬の場合、特に熱中症になりやすいと言われているのは
マズル(鼻からくちにかけての部分)が短いシーズーや、ブルドック・パグなどの犬種や
シベリアンハスキーやセントバーナードなどの北方犬種
です。

又、犬種に限らず老犬や幼い犬・肥満気味の犬や病気などで体力が衰えている犬なども
比較的熱中症にかかりやすい
と言われています。

地域柄、夏場高温になりやすい地域や直射日光が強い地域・日陰の少ない場所も
特に注意が必要だと言えるでしょう。

犬の熱中症の症状としましては、

浅く、速い呼吸をする

よだれが大量に出る

嘔吐・下痢

ふらつき・ふるえ

目や口腔粘膜の充血

けいれんや失神

などが犬の熱中症の主な症状であると言われています。

又、熱中症がかなり進行した状態になると吐血や血便などの出血症状や
酷い場合であるとショック状態にまで陥り、命に関わるケースもあると言われています。

これらの症状や、最悪の場合は命に関わる事もあると知れば
『犬だから大丈夫』と軽く考えてしまうのは問題かもしれません。

動物であるからこそ、言葉でのコミュニケーションが取れない分
いつもとペットに違う様子があるかどうか日々気を掛け・気付いてあげる必要があると思うのです。

では、これらの熱中症の様な症状がペットから見られた場合の処置は
どの様にしたら良いのでしょうか?

ペットの犬の様子がおかしく、熱中症が考えられる場合には
まず日陰や涼しい場所へと移動させ、扇風機で風を送ったり
水を飲ませるなどをして身体の熱を冷まします。

その後は症状が収まらない様であれば迅速に動物病院で獣医さんに診て頂きましょう。

熱中症の症状が現れてから数時間が経過してしまうと、完全な回復が見込めなくなる可能性があると
言われており、30分~1時間以内には適切な処置が必要
とされています。

スポンサードリンク

犬の熱中症対策を事前に行いましょう!

犬が熱中症になり、可愛そうな思いをさせない為にも暑くなって来る時期には
しっかりと対策・予防を行いましょう!

太陽が照り付け、高温になっている日中は避け、早朝か夕方や夜にお散歩をする

熱を持つアスファルトではなく、可能な限り土の上や草の上などを歩かせる

日中の激しい運動は控える

小まめに水分補給を行う

日よけや直接コンクリートに座らない様に、すのこなどで底上げをする

室内では換気を行い、扇風機などを活用して風を送る・エアコンで適度な室温を保つ

クールマットなどを活用する

又、車でお出掛けの際には例え短い時間であっても車内に犬を置き去りにしない様にしましょう。

お散歩など外を歩く際には熱を持ちやすいアスファルトを触り、熱くない時間にお出掛けするのが
ベストだと言えるでしょう。

犬も人間と同じ、換気が悪く風が通らない高温多湿の場所に長時間居ては具合が悪くなります。
暑い夏を健康に乗り切る為に、少しでも犬が快適に過ごせる環境作りを行ってあげる事が大切です。

まとめ

犬の熱中症の症状や対策についてご紹介させて頂きました。

大切な家族であるペットと一緒に、トラブル知らずの楽しい夏を過ごしたいものですね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - ペット, 健康 , ,