湿気対策は部屋や押入れの中も万全に!除湿器いらずの除湿アイディア♪

   

梅雨がやってくると、ジトジトした毎日に何だかイライラしてしまったり、
身体がいつもより重く感じる・だるさが残ると言う事もありますよね。

ベタベタとした空気が身体にまとわりつき、せっかくセットした髪もゴワゴワ。

部屋の中にも湿気がこもり、つかの間のリラックスタイムどころじゃないと言う事態にも。

こうなってしまっては日常のストレスや嫌気が更に増して行く様な気もしてしまい、
毎日が勿体ない気がしてきますよね。

こんなイライラとした気持ちになる前に、自宅の部屋の中の湿気対策を行いませんか?

少しでもストレスを減らす為の環境作りが大切です。

そして、大切な洋服や寝具をカビから守る為に押し入れやクローゼットの中・
そして靴箱の湿気対策もまとめて行いたいものです。

除湿器に頼らず、安く湿気対策を行うアイディアやポイントを学び、
是非ご自宅で実践してみて下さい♪

スポンサードリンク

湿気対策で部屋の中を快適に♪

毎年の梅雨時期のジトジトに悩んではいるものの、年中使う訳ではないし
保管するスペースも無いので除湿器を買う気持ちになれない。

又、出来るだけお金はかけずに湿気対策をしたい。エアコンの除湿やドライ機能は
電気代が気になってあまり使えない。

こんな悩みを持たれている方は意外と多いのではないでしょうか?

部屋の中だけでは無く、キッチンも湿度が高い事から食品のカビに繋がりやすい場所です。
梅雨シーズンだけではなく、一年を通して比較的湿度が高いと言うご家庭もあります。

自分自身や家族が少しでも快適に過ごせる様に、食品や大切な物をカビから守る為にも
出来る事から湿気対策を始めてみましょう!

食品をカビから守る為の対策については、こちらをご覧ください。
カビ対策で食品のロスを無くしませんか?節約や健康の為に心掛けたい3つのポイント!

窓を開けて風通しを良くしましょう!扇風機の活用も有効です。

部屋の中のジトジト・ジメジメとした空気は換気不足が原因です。
大雨ではさすがに窓は開けられませんが、極力少しでも窓を開けて風を通し
窓を開けられない時などには扇風機を活用しましょう。

新聞紙は湿気取りと消臭のエキスパートです!

最近ではご自宅に新聞を取っていない場合もありますが、読んだ後の古新聞は
湿気を吸い、消臭効果もあると言われています。
室内干しの洗濯物の下に丸めた新聞紙を幾つも置いておくと洗濯物の乾きがいつもより早くなります。
新聞紙をそのまま転がしておくのが嫌な場合は、おしゃれな箱に入れる事をおすすめします♪

ふたを開けた容器に重層を入れて部屋の中に設置しましょう!

除湿効果や消臭効果があると言われる重層がおすすめです。(100円ショップでも購入出来ます)
容器やお皿に適量の重層を入れ、部屋の中や押入れ・靴箱・キッチンなど
湿気が気になる場所に沢山設置してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

湿気対策は押し入れやクローゼット&靴箱も万全に♪

湿度が高い時期、きっと気になる場所はキッチンと共に、押入れ・クローゼット・靴箱
ではないでしょうか?

私が住んでいる沖縄では梅雨時期、湿度が90%以上(100%近いです)にもなる日があり
キッチンのパンにはカビが付き、皮のベルトや靴には白いフワフワのカビが付く。
何も湿気対策をしていないと、大切な洋服や小物とお別れする事になってしまいます。

お気に入りの洋服や靴・寝具などがカビにやられてしまう前に対策を心掛けたいものです。

対策としては、市販の除湿剤(狭い場所で効果を発揮します)・新聞紙・重層などの利用
押入れの中は、すのこなどを敷いて直接布団を置かない様にしましょう。

クローゼットや押入れは外出時などの際は開け、こまめに空気を入れ替え、
閉めっ放しにしない事も大切
です。

又、起床後は布団に汗が付いていますのでこの汗が付いた状態の布団をすぐに押入れにしまう事も
避けましょう。湿気対策は水分を極力残さない・乾燥させる事がポイントです。

まとめ

お部屋や押入れ・クローゼット・靴箱の極力お金をかけない湿気対策を
ご紹介させて頂きました。

どの対策も簡単に、すぐに始める事が出来るものばかりです。

少しでも快適な梅雨のシーズンを乗り越える為にも是非対策をお願いします♪

※人気ブロランキングに参加しています。応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学