紫外線対策は髪も大切!?効果的な食べ物で内側からの予防も♪

   

春頃になるとそろそろ紫外線が気になり、対策を始める方も多いのではないでしょうか?

夏場だけではなく、実は1年を通し地上に降り注いでいる紫外線ですが
4月頃から徐々に増えだし、4月~8月がピークと言われています。

女性は特に美白を意識している方も多いので、顔はUVカットの化粧下地や日焼け止め
腕や足など露出している部分も日焼け止めをしっかり塗り、
人によっては真夏の露出を極力減らそうと、アームカバーなどで防備する事も。

夏場のサングラスも必需品ですよね。

しかし、髪の毛の紫外線対策はあまり意識していない・対策していない。
こんな声も聞こえてきます。

髪の毛のダメージ具合にも重要に関わる紫外線の影響、
紫外線の影響を減らす事が出来ると言われている食べ物などもありますので
夏本番がやってくる前に、紫外線について学んでおきませんか?

スポンサードリンク

紫外線対策は髪にもしっかり!ダメージを回避しましょう♪

先にも述べた様に、紫外線量のピークは4月~8月頃とされていますが
特に5月~9月頃までは肌だけではなく、髪の紫外線対策も心掛けたいものです。

紫外線はイメージとして、晴れた日に多い気がしますが実際は曇り空の日でも
雨の日でも地上に降り注いでいます。

髪に紫外線を受け続けると、乾燥や強度の低下・色素や光沢が失われたり
髪の表面が粗雑になって来ると言われています。

特に真夏の強烈な日差しの元、紫外線対策を行わないまま外出してしまうと
髪がダメージを受け枝毛や切れ毛などを引き起こし、ヘアカラーの褐色なども進んでしまいます。

きっと、真夏や夏が過ぎた頃に鏡で髪の毛を見て「こんなに傷んだ様な髪色だったっけ?」と
思った事のある方も多いのではないでしょうか?

又、目に見える髪の毛への影響だけではなく紫外線は頭皮にも悪影響を及ぼしてしまいます。

頭皮の細胞が紫外線の悪い影響を受けると、抜け毛や薄毛・白髪などの原因にも
なりやすいと言われています。

近年では若い女性でも薄毛や抜け毛に悩む方が多く、鏡を見る度に頭頂部などが気になってしまい
このストレスは相当なものだと思います。

この様な影響があると分ったのなら、やはり髪までしっかりと対策しようと思いませんか?

紫外線から髪を守る為の対策としては、

帽子の着用

髪用の日焼け止めスプレーの使用

ココナッツオイル・オリーブオイル・椿オイルなどのオイル類を髪の表面に塗る

髪のセットの乱れが気になる場合は、日焼け止めスプレーやオイルの使用がおすすめです!

スポンサードリンク

紫外線対策は食べ物で内部からも可能♪

紫外線(日焼け)対策と言うと、どうしても日焼け止めの様に外部からの対策が思い浮かびますが
実は食べ物で内側から紫外線から受ける影響を減らす事も可能です。

紫外線対策に良いと言われる栄養素は、ビタミン類やミネラル類で
抗酸化作用のある食べ物も良い影響がある
と言われています。

ビタミンCは肌のシミや・そばかすを予防、β-カロテンやビタミンEは肌を紫外線から守り
肌の老化などを防ぐ役割も果たしてくれると言われています。

又、ミネラル成分の一種である亜鉛やビタミンB2は肌の新陳代謝を活発にしてくれると言われています。

紫外線対策に良いとされる具体的な食材は以下の通りです。

キュウイ・みかん・いちご・レモン・アセロラなどの果物類

ブロッコリー・カリフラワー・かぼちゃ・にんじん・ほうれん草・小松菜
 しそ・春菊・トマトなどの野菜類

レバー・ハツ・うなぎ

卵・納豆

これらの食材を日々、積極的に摂り入れる事で紫外線に強い肌や髪を作りませんか?
ただし同じ物を食べ過ぎると栄養バランスが偏ってしまいますので注意が必要です。

まとめ

髪の紫外線対策についてご紹介させて頂きました♪

髪も肌と同じ様に、私達が明るく毎日を過ごす為に美しい状態を保ちたいものですよね。

真夏に限らず、5月のゴールデンウィークなど長時間のアウトドアの際などには
特に対策を心掛けましょう!

春先から夏にかけて、楽しく素敵な時となります様に♪

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 美容, 雑学