三寒四温とはどんな意味?言葉の正しい使い方を知ってスマートな大人になろう!

   

冬から春にかけての季節が移り変わって行く時期に聞く事のある「三寒四温(さんかんしおん)」。

この言葉を見てみると、日本らしい情緒を感じる四字熟語だな。と言う印象ですが
その言葉の意味や、どう言った場面で使う言葉なのかご存知でしょうか?

又、季節に関係する言葉(季語)であれば、手紙やメールの文面に織り交ぜてみたい。
そんな風に思われる方も、きっといらっしゃると思います。

今ではあまり手紙を書く方も少なくなって来ていますが、
何か頂き物をした際の御礼にメールや電話では無く、手紙を送ると言うのも
現代だからこそ印象に残る、心遣い・感謝の気持ちが伝わるツールだと個人的には思っています。

そんなお手紙に、さらっと季節を現わす言葉が入っていたら
知性や品を感じずにはいられないと思うのです。

スマートな大人としての豆知識として、「三寒四温」について学んでおきませんか?

スポンサードリンク

三寒四温とはどんな意味?

三寒四温の漢字の並びを見てみて、そのままと言えばその通りなのですが
言葉の意味としては、『寒い日が3日程続くと、その後は暖かい日が4日程続く』と言う意味です。

厳密に言えば4日程暖かくなった後には又寒さが戻り、7日周期で寒暖が繰り返されると言う状態を指します。

近年では2月から3月頃にかけての春先に、低気圧と高気圧の影響が交互にある際に
気温が周期的に変化する際の意味として聞く事が多い言葉ですが

本来は冬の気候の特徴として使用される言葉でした。

この言葉の意味を知ると、何となく日本で聞く言葉なので日本の気候の特徴である印象にもなりますが
中国北東部や朝鮮半島で典型的に現れる気候の特徴で、元はこれらの地域のことわざだったそうです。

中国北東部や朝鮮半島では、シベリア高気圧の影響を受けて約7日周期で寒くなったり暖かくなったりを繰り返しますが
日本では、シベリア高気圧の影響の他に太平洋高気圧の影響も受ける為、
本来の三寒四温の意味合いから考えると、冬の間に1度あるかどうかと言う程度の現象です。

日本においては太平洋側で見られる気候の特徴です。

スポンサードリンク

三寒四温の言葉としての使い方は?文例を交えてご紹介

俳句の世界では、三寒四温は晩冬を現わす季語になります。

「三寒」「四温」と分けられる事もあり、「四温日和(しおんびより)」も
似たような意味合いの冬の季語として使用されていましたが、現代ではあまり使用されていないそうです。

元は、冬の季語ではありますが最近では先にも述べた様に
すっかり春先に使う言葉として定着
して来ています。

しかし、手紙やメールなどの文面に使用する際は、本来の言葉の意味合いとしての
1月から2月にかけての使用をおすすめします。

そんな「三寒四温」を手紙やメールなどの文面として入れ込む際の文例を
ご紹介させて頂きます。

【三寒四温を使用した文例(ご挨拶編)】

●三寒四温の候、少しづつ春の気配を感じる今日この頃です。

●三寒四温の季節、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

お手紙の結びの言葉として使用する場合は、以下の様な文例になります。

【三寒四温を使用した文例(結び編)】

●すっかり春を感じる季節となりましたが、まだまだ三寒四温で寒い日もありますね。
 どうぞ体調を崩されませんようにご自愛ください。

●三寒四温の時節柄、どうぞご自愛にてますますのご活躍をお祈り申し上げます。

●三寒四温とは申しますが、お身体にはお気をつけてお過ごしください。

言葉のポイントとしては、寒くなったり暖かくなったりを繰り返している現象ですので
手紙やメールを送る相手の方の体調を気遣う内容に結びつかせる
と言う事です。

まとめ

「三寒四温」の言葉の意味・使い方をご紹介させて頂きました。

これを機に、会話やお手紙の中に織り込まれてみてはいかがでしょうか?
季語を知っているスマートな大人だと言う印象になれるかもしれません!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 雑学