飲食店の接客で必ず押さえたい大切なこと【初級編】

   

飲食店に限らずではありますが、お客様が来店されるお店で仕事をする際、お客様は商品と共にスタッフの接客(印象)を重要視する事が多く
いくら商品が良くてもスタッフが不愛想であったり、気が全く利かない、やる気が無い等ではお客様の次回の来店が無くなる可能性は非常に高くなります。

この様に書いてしまうと、お店で仕事をする事に過剰なプレッシャーを感じてしまったり、面倒臭くなったりしてしまうかもしれませんが、
少ないポイントを押さえる事によって、必ずお客様から『ありがとう』が頂ける様になります!
そして、お客様の笑顔やお客様から頂けるお誉めの言葉が、飲食店での仕事をする上でのあなたの充実感や喜びになってくれる事でしょう♪

スポンサードリンク

基本的で、本当に大切な5つのこと 

この先のポイントは、アルバイトを始めたばかりの高校生でも、飲食店に就職をして本職として頑張っていらっしゃる方であっても
どんなポジションで仕事をしていても、必ず押さえて欲しい事です。一見当たり前で簡単そうな事ばかりですが、実際やってみると難しい!
でも諦めずにしっかりと出勤の度に実践(心掛け)して下さいね♪

1:身だしなみを整える・・・制服にシミやシワが無いか・髪の毛は乱れていないか・ツメは伸びすぎていないか・体臭/口臭のチェック

2:お店のルールや規則に則った言葉遣いが出来ているか・・・ お店によって様々だと思いますが、「接客7大用語」はしっかりと身に着けておくと
 様々な場面で役に立つ言葉です!

3:不自然では無い、自然な笑顔・・・ 接客業で一番大切とも言える「笑顔」ですが、最初から自然な笑顔でお客様と接する事が出来るという人はほとんど 居ないと思います。人にもよると思いますが、自然な笑顔が出るまでに数年掛かるという方も大勢いらっしゃると思います。そんな笑顔が苦手な方は
 必ず毎日鏡を見ながら口角をぐっと上げる練習を行ってみて下さい!数か月~半年ぐらいで比較的自然な笑顔(微笑み)を手にする事が出来るはずです♪
 そして、鏡を見ながら口角が上がっている表情と普通の状態、どちらが明るい印象であるかを自分自身で実感する事をおススメします!

スポンサードリンク

4:正確であるという事・・・ 幾ら言葉遣いが美しく、笑顔が素晴らしくてもオーダーミスや会計時のミス等が多くてはお客様のがっかり度は高くなって しまいます。繁盛時は誰でも気持ちが高ぶりますが、慌てず・落着きを心掛け、不安や心配がある場合はお客様や他スタッフ・先輩や上司などに確認する
 事が大切です。オーダーテイクの際は復唱する事によりミスが激減します!

5:迅速(スピード)な行動・・・ 繁盛時の飲食店では特にゆっくりとした動きはタブーです。速やかな行動を心掛けましょう。ただ、スピードを意識す るあまり、走り回ったり・作業が雑になってしまっては印象が悪くなってしまいます。「スマート且つ、スピードがある」が理想的な姿です!

a0002_009214

  覚えて欲しい♪ 接客7大用語 

1:有難うございました  2:恐れ入ります  3:いらっしゃいませ  4:申し訳ございません(ありません)

5:かしこまりました   6:お待たせ致しました  7:少々お待ち下さいませ

接客用語は職場の事務所内やバックヤードに貼ってもらい、毎日意識して見る事をお勧めします!

以上のポイントは簡単な様で、自分の身体に染みつくまでに数か月以上は掛かると思います。ただ、これらの事を意識していないと何年経っても
印象に残らないスタッフになり、お客様からの反応も薄くなってしまう為、接客業の楽しさを味わうチャンスを失ってしまう事にもなり兼ねません。
しっかり意識して接客業が今より少しでも楽しいと思える様になる事を願っています♪

スポンサードリンク

 - 仕事