沖縄の結婚式のご祝儀の額は?服装はやっぱりかりゆしウェア?

   

沖縄の結婚式は、よく『大人数の宴会』『余興のオンパレード』などと言われる事が多いですが、
正にその通りだと思います。

個人的な話ですが、本土出身の私も石垣島でお嫁さんとなり、結婚式を挙げました。
(だいぶ前の事ですが・・・)

その時、私の家族や親戚・地元の友達は初めて参加する沖縄の披露宴に
みんな驚き・楽しみ・大盛り上がりでした。

それほど、本土(特に都市部)と沖縄の披露宴のスタイルには大きな差があると言う事です。

そして本土出身の方は、大体初めて結婚式に招待された時にご祝儀の額や
服装に悩むものです。

そんな沖縄の結婚式のあれこれについてを、ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

沖縄の結婚式のご祝儀の額は?相場は決まっている?

沖縄の結婚式は出席者がとても多く、初めて行かれる方はその人数の多さに「芸能人の結婚式?」と
思うかもしれません。

沖縄本島では500名を超える披露宴もあるそうですが、石垣島では200~300名規模が一般的です。
その為、披露宴を行えるホテルも大きな宴会場を併設しているホテルに限られてきますので
数か所に限定されてきます。

当人が面識のない、おばあちゃんの友達が来てくださったりする事もあります。

ご祝儀は、一律1万円が相場です。
(沖縄本島など、地域によっての差もあると聞いた事がありますが)

これは、結婚する当人たちが兄弟でも親戚でも、部下であっても大体1万円です。
(身内の場合は、家庭によって相場があると思います)

私の披露宴では、5千円の方も数名いらっしゃいましたが、一般的には1万円です。

そう言う訳で、沖縄の結婚式ではご祝儀の額1万円に合わせた料理代や
引き出物の予算になっている場合がほとんどです。
(引き出物の相場は千円~2千円ぐらいがほとんどです)

本土から飛行機に乗って沖縄の結婚式に出席される場合は、
お車代があるのかないのかでご祝儀も変わってくると思いますが、
私の時は、『お車代は出せないので、ご祝儀は1万円にしてね』と友人には事前に伝え
それでも参加してくれると言う友達に出席してもらいました。

この時、結婚式に来てくれた友達の結婚式に私が出席させて頂く場合も
同じ条件にしようと、友達同士でルールを決めました。

この様に兄弟や友達とあらかじめルールを決めておいた方が円滑な関係になると思います。

沖縄の結婚式は、乾杯の挨拶前から既に飲み始めていたり、遅刻して来る方も普通に居たり
親戚や友人達は余興と言う大役を果たす為、
余興前になると1卓分の円卓が誰も居なくなったり、と本当に面白いです。
(本土出身者から見ると)

都市部では、近年のウェディングパーティーと言えば50名規模ぐらいが一般的でしょうか?

ガーデンパーティーだったり、友達メインのラフなパーティーだったりで
コース料理や、ウェルカムカクテル・新郎新婦の好みに合わせた会場デザインと言った具合で
地元ではおしゃれなウェディングパーティーに参加してきました。

沖縄の披露宴は、正直に言うと昭和っぽい感じです。
(近年では大分おしゃれ度も増してきましたが)

お料理は、大人数の為基本は円卓料理です。

大きな偽物(?)のウェディングケーキが回ったりもします。

余興も気合が入った、事前練習を重ねた手の込んだ余興が多いので
「沖縄はエンターテイメントの島」である事が実感できます。
(素人レベルとは思えない余興も多いです)

そして、披露宴の最後にはカチャーシー!新郎新婦も、出席者もみんなで舞台上で踊ります。
きっと、ここが本土からのお客様が一番驚く場面ではないでしょうか?

そんな沖縄の披露宴を是非、楽しんで下さい!

スポンサードリンク

沖縄の結婚式に出席する際の服装は?

新郎新婦が地元の方(本土からの移住者も含め)の披露宴の場合は、
男性は寒い時期はスーツ・暑い時期はかりゆしウェア(沖縄版アロハシャツです)が一般的です。

女性の場合は、本土の結婚式とほぼ同じなスタイルですが、きちっとしたフォーマルと言うよりは
パーティードレスやワンピースなどの方が多いです。

時々、驚く様な色や素材のドレスを着用されている方も見掛けますが
やはりブラック・ネイビー・グレー・ベージュなどの落ち着いた色合いが無難でしょう。

女性の場合は、そんなに服装に困る事はないと思うのですが
私が参加した披露宴では、同じ卓に7名ぐらいの男性が居て、その内の1人だけがスーツ
他の6名はかりゆしウェアでしたので、スーツで来られた方がかなり恥ずかしそうでした。

事前に同じ卓の参加者の方と、どんな服装で行くかを相談しておくに越した事はないと思います。

又、沖縄でのリゾートウェディングに招待を受け、本土から沖縄へ結婚式に行く場合は
服装には相当困ると思います。

ハワイや沖縄など南の島のリゾート地でのウェディングと言えば、アロハシャツやかりゆしウェアで
出席するイメージがメディアなどの情報のイメージから強いですよね。

しかし、かりゆしウェアの価格は、ピンキリではありますがそれほど安価ではありません。

二度と着用しない可能性も無いとは言えないかりゆしウェアを購入するのか?
そう思われる方も多い事だと思います。

こう言ったリゾートウェディングの場合、ドレスコードがかりゆしウェアと指定されている場合は
新郎・新婦からかりゆしウェアをプレゼントされたり、購入代金として幾らか頂けたと言う例もあります
ので
まずは、当人へ相談してみる事をおすすめします。

特にドレスコードが指定されていない場合は、無理にかりゆしウェアを購入する必要は
無いと思います。(当日、着用したい意思があるのであれば別ですが)

私の結婚式でも、本土から来た親戚や男友達はほとんどスーツでした。

女性の場合は、本土の披露宴に比べラフな服装で問題ないと思いますが
心配であれば、新婦に「きちんとした雰囲気のワンピースでも良いかな?」などの
相談を事前にされる事をおすすめします。

まとめ

沖縄の結婚式のご祝儀・服装、結婚式の雰囲気などをご紹介させて頂きました。

少人数でのリゾートウェディングの場合は別ですが
地元形式の披露宴は本当に驚く事ばかりだと思います。

とは言え、「楽しかった!」と思える披露宴も沖縄ならでは。

陽気な沖縄スタイルの結婚式を是非、楽しんで来てくださいね!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - ファッション, 沖縄 ,