鯉のぼりはいつまで飾る?由来や意味を知って楽しい子供の日を!

   

5月5日は「こどもの日」 日本の国民の祝日です。

「端午の節句(たんごのせっく)」である5月5日に合わせ、1948年に制定されました。

日本では昔から端午の節句に、男の子が健やかに育つようにと祈願や行事が行われる風習があり、
その端午の節句(こどもの日)の風習の1つとして「鯉のぼり」があります。

青空に映える鯉のぼりを見る度に、何だか初々しい・爽やかな気持ちになるのは私だけでしょうか?
『頑張って人生を泳いで行こうね!』としみじみしてしまうのですが。

そんな鯉のぼりですが、鯉のぼりを飾ろうとすると意外と困ってしまうのが
鯉のぼりを飾る期間(いつからいつまで飾るものなのか?)と言う事だと思います。

又、片付ける前に行うべき事(お清めなど)はあるのかなど
解らない事も多いですよね。

そして、鯉のぼりは何故、家族なのか?

端午の節句に欠かせないアイテムとなった由来なども、この際知っておきませんか?

スポンサードリンク

鯉のぼりはいつまで飾る?飾り始めもいつ頃がベスト?

鯉のぼりを飾り、片付けるまでの期間は厳密には決まっていません。

しかし、一般的には4月の上旬頃から5月の端午の節句(こどもの日)が過ぎてから
片付ける事が多い様です。

地域や家庭によってもその時期は異なりますが、
早い場所では桃の節句(ひな祭り)が終わってすぐに鯉のぼりを出す地域もあるそうです。

(私が住んでいる沖縄は、のんびりとした地域柄からか近所で鯉のぼりを見掛けるのは4月下旬頃が多いです)

天気の良い日や、大安の日を選んで鯉のぼりを出す日・片付ける日とする事も良いとされています。

確かにどんよりとした空の日よりも、すっきりと青く澄み切った空の日に飾りたいものですよね。

又、鯉のぼりはこどもの日の行事ではなく、端午の節句の伝統行事ですので
男のお子さんがいらっしゃるご家庭が行うものですが、お子さんが何歳まで鯉のぼりを出すものなのか?
と悩まれる方が多いと聞きます。

この件も、鯉のぼりを出す時期と同じで「何歳から何歳まで鯉のぼりを出す」と言う決まりはありません。

お子さんが鯉のぼりを見て喜んでくれる年頃までは出す。と言うご家庭が一般的には多い様です。

スポンサードリンク

鯉のぼりの由来は?家族なのは何故?

鯉のぼりを端午の節句に飾り始めたとされるのは、江戸時代までさかのぼります。

将軍家に男の子が誕生すると、家紋の付いたのぼりを立ててお祝いをしていた事が始まりです。

時を経て、やがてこの習慣は武家へ・庶民へと広がって行き、
庶民へとこの習慣が広がった頃に、のぼりに鯉の絵が描かれ始めました。

何故、のぼりに描かれたのが鯉だったのかと言えば
鯉が昔から縁起の良い魚とされていた事・鯉の滝登りの様に、将来子供に立派になって欲しい。
こんな意味が込められていたからではないかと言われています。

今も、昔も子供の輝かしい未来を願う親の気持ちは変わりませんよね。

江戸時代には、のぼりの描かれていた鯉ですが
現在に近い、立体的な鯉の姿となったのは明治時代以降の事なのだそうです。

又、鯉のぼりが何故家族なのか?それぞれの色に意味があるのか、と言った疑問も沸いて来ますが
童謡の「こいのぼり」(昭和6年発表)にはお母さんが登場しない事をご存知でしたか?

こいのぼり 作詞:近藤 宮子 / 作曲:不明

屋根より高いこいのぼり
大きい真鯉はお父さん
小さい緋鯉は子供達

面白そうに泳いでる

この曲を改めて聞いた時に、『お母さんだと思っていた赤い鯉はお姉さんだったの!?』と思いました。
(端午の節句は男の子の成長を願う行事なのに、お姉さんが出てくる?と言う不思議・・・)

しかし、鯉のぼりの由来を調べて納得しました。

鯉のぼりの習慣が始まった江戸時代には、真鯉(黒色)を子供に見立てて飾ったのだそうです。

その後、明治時代から昭和30年頃までは、鯉のぼりセットと言うと、
真鯉(お父さん)と緋鯉(赤色/子供達)として飾られていましたが

昭和30年を過ぎると、女性の社会進出が目立つ様になり
緋鯉はお母さんとなり、子供達は青い色の鯉と、家族の構図に
なって行きました。

又、3匹の鯉の上に位置する五色の吹き流し(ひらひらしたイカの様なもの)の意味は
中国の五行説の色から付けられたものです。

更に、棒の一番上に付いている矢車には魔よけの意味があるのだそうです。

※中国の五行説・・・古代中国から始まった自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の
 5種類の元素から成ると言う説です。

まとめ

鯉のぼりを出す期間や、その始まり、鯉のぼりにまつわる疑問の答えを
ご紹介させて頂きました。

お父さんとお母さんに見守られながら青空をそよそよと泳ぐ子供鯉。

鯉のぼりの由来を知って、今までとは違った見方になる方も多そうですよね。

子供達の成長と明るい未来を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント