犬の夏バテのサイン!その症状と対策

   

暑い夏がやって来ると夏バテで体調を崩す事もしばしば。

でも夏バテは人間だけじゃないんです。我が家の愛犬も毎年暑い時期がやって来ると心なしか元気が無くなり、
食欲も不振気味、いつもは高いテンションも夏場はローテンション気味になります。考えてみれば、犬は毛で全身を覆われている為、暑い時期にニットを着ている様なものですよね?そう考えれば犬にも夏バテがあると言うのも納得です。では、症状と対策はどんな事を行えば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

犬の夏バテの主な症状 

●いつもに比べて食欲が無くなる。普段食べているドッグフードを食べない、ほとんど残す様になる。

●普段は反応がある事(飼い主が外出から帰って来た/出掛ける時 など)に反応が薄くなる、無くなる。

●散歩に行きたがらない、散歩に行ってもすぐにバテる。

●嘔吐の回数が多い。

●軟便・下痢

症状が深刻な場合は、熱中症の可能性も考えられます。熱中症の場合は短時間で状態が激変し、生命の危機にもなり兼ねない為、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

5592582279_befbccd73d_o

スポンサードリンク

犬が夏バテになりやすい環境とは? 

犬が夏バテになりやすい時期は、ジメジメと湿度が増してくる梅雨時期~夏場です。外で犬を飼っている場合、コンクリートやタイルの地面は夏場、非常に高温になる為すのこ等を敷いて直接地面に座らないで良い様にしてあげて下さい。

陰になる場所が無い場合はすだれ等で影を作ってあげましょう。風通しが悪い場合は、犬の届かない場所に小型の扇風機を設置する等の工夫を心掛けましょう。

室内で犬を飼っている場合は、人間と同じく高温・多湿の環境は厳禁ですが、逆に室内の気温が冷え過ぎている環境も良くありません。散歩に出掛けた際、
室内と外の温度差も夏バテや熱中症になる原因となります。 犬は人間の様に汗をかく事での体温調整が出来ません。
直射日光の当たる場所に長い時間居させない事等、飼い主が犬の快適な生活環境を作ってあげる事が大切です。

犬の夏バテにならない為の対策とは? 

大切な家族の一員でもある犬が夏バテにならない為に、日頃からどういった事を気を付ければ良いのでしょうか?

●散歩の時間は早朝か、日が暮れはじめた夕方頃に!アスファルトが暑い時間帯は犬にとって負担が増します。アスファルトの熱が無くなって来た頃に
散歩へ出掛けられる事をおすすめします。

●飲み水の温度も重要です。当然、直射日光が当たる場所に飲み水を置いておくと高温になります。水温が上がらない場所に新鮮な水を設置してあげて下さい。

●夏場は長時間食べ物を置いておくと傷みやすくなる為、食欲不振気味の時はいつもより量を減らした食事を与え、全て食べ終わり、まだ食べそうであれば
食事を足してあげる様にしましょう。

愛犬が健康に夏を乗り切れる様に、暑い時期はいつもよりも愛犬の状態を気にしてあげる事で、いつもより過ごしやすい楽しい夏になれば嬉しいですよね!

スポンサードリンク

 - 日常 , ,