春野菜を栽培しよう!種蒔きの時期と簡単に育つ種類をご紹介

   

春に出回る、“春キャベツ”や“新玉ねぎ”・“菜の花”や“アスパラガス”など旬の春野菜。

普段食べている固い葉のキャベツに比べ、柔かな葉の春キャベツを食べた時など
「春が来たなー。」と実感される事ってありませんか?

ふきのとう・えんどう豆・セロリ・竹の子・そら豆なども春が旬の野菜です。

青々とした桜の葉の様な、明るいグリーンが特徴的な春野菜たち。

春の食卓に鮮やかに並ぶ日を夢見ながら、家庭菜園で育ててみませんか?

スポンサードリンク

春野菜の種蒔き時期はいつ頃?

春野菜の中でも代表的な野菜である“春キャベツ”は、新キャベツとも呼ばれ
葉が柔らかい事が特徴です。

ビタミンCやビタミンUを豊富に含み、カリウム・カルシウム・食物繊維などの栄養素も含みます。

美容面や、肝臓の解毒作用を高めてくれたり胃腸の調子を整えてくれたりする効果が
期待される
と言われています。

生食でも美味しく食べられますので、サラダや浅漬けなどいおすすめです。

そんな春キャベツの種蒔き時期は、冷涼地では10月の下旬頃。
中間地では11月初旬から中旬にかけて。暖地では11月の初旬から下旬にかけて
です。

ビタミンB1やB2・カリウムなどの栄養素を含むアスパラガスは
利尿作用や新陳代謝の促進・疲労回復などに効果があると言われています。

柔らかく茹でて、そのままでもマヨネーズを付けても美味しいですよね。

そんなアスパラガスは、種蒔きから収穫までに約1年掛かります。

冷涼地では、3月中旬から4月上旬頃に種蒔きを行い収穫が翌年の5月頃。
中間地では、3月上旬から下旬にかけて種を撒き、収穫が翌年の4月下旬以降。
暖地では、2月下旬から3月上旬にかけて種蒔きを行い、収穫が翌年の4月中旬以降となります。

ビタミンCやビタミンB1・B2、カロチンや食物繊維・鉄やカリウムを含むえんどう豆は
多くの栄養素を含み、免疫力を高めてくれる効果もありますのでおすすめの春野菜です。

さやえんどうは特にビタミンCを豊富に含み、えんどう豆100gで1日のビタミンCの所要量の約半分を
摂取する事が出来ると言われています。

そんなさやえんどうの種蒔き時期は、冷涼地で3月中旬頃から4月中旬頃にかけて種蒔き、翌年の6月から7月にかけて収穫。
中間地では、10月中旬頃から11月上旬頃にかけて種蒔き、翌年の4月から5月にかけて収穫。
暖地も中間地とほぼ同じのスケジュール
となります。

スポンサードリンク

春野菜の栽培を簡単にしたい!おすすめの種類は?

家庭菜園を自宅で行う場合、やはりポイントとなるのが「極力手間をかけずに作れる野菜」になると思います。

仕事を持っている場合などは、日常的にあまりゆっくり栽培中の野菜を
気にかけている余裕が無いものですよね。

そこで、比較的簡単に栽培出来る春野菜でプランターでも栽培可能な春野菜を
ご紹介させて頂きます。

新玉ねぎ

冷涼地・中間地・暖地で種蒔き時期や収穫時期が多少異なりますが、
9月頃に種蒔き・10月から11月にかけて植え付けを行い、翌年の5月頃に収穫となります。

プランター栽培も可能で、家庭菜園の経験が少ない場合は種蒔きからでは無く、
ホームセンターなどで販売されている球根から育てる事をおすすめ
します。

新たまねぎにはビタミンCやビタミンB・糖質・カリウム・食物繊維などが豊富に含まれ
血液をサラサラにしてくれる野菜としても有名になりました。

生でオニオンスライスにして、梅肉ドレッシングなどをかけて食べても美味しいです!

菜の花

野菜としての印象がほとんど無い方も多いと思われる菜の花。
柔らかい葉や茎・蕾を野菜として頂きます。

菜の花(ナバナ)には主に品種が3種類あり、西洋系の品種・中国系の品種・日本在来系の品種となります。

寒さに強い植物ですので、冷涼地での栽培に適しています。
8月中旬頃から10月中旬頃にかけて種蒔きを行い、
西洋系の品種の収穫は、翌年の3月から5月頃にかけて。
中国系の品種の収穫は、12月から翌年の2月頃にかけて。
日本在来系の品種の収穫は、2月下旬から4月上旬頃にかけてとなります。

収穫のタイミングは、花が開花する前の茎が20cmから30cmぐらいになった頃に、上部15cm程を摘み取ります。

アブラムシなどの虫が付きやすいので、防虫ネットをかぶせる事をおすすめします。

プランターでの栽培も可能です。

ほうれん草の約2倍とも言われる程、豊富にビタミンCを含んでいます。
他にも、カルシウムや鉄分などの栄養素を含みます。

菜の花の食べ方としては、お浸しが有名ですが炒め物や、お味噌汁の具材としても美味しいです。

まとめ

春野菜の栽培について、ご紹介させて頂きました。
自分で作った野菜が食卓に並ぶのは本当に嬉しく、心が温まります。

忙しい日々のリフレッシュタイムとしても家庭菜園をおすすめします!

※人気ブログランキングに参加しています。
 応援宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 自然, 遊び/趣味 ,