母の日にバラを贈ろう♪花言葉が重要!花束はどんな仕上がりにする?

   

5月の第二日曜日は母の日です。

日本の行事としてもすっかり定着している母の日ですが、
実はアメリカ発祥の記念日と言う事をご存知でしたか?

1907年にアンナ・ジャービスと言う名前の女性が、亡き母を偲び
母が通っていた協会へ白いカーネーションを贈った事が、母の日の起源とされています。

元は、亡くなったお母さんへの贈り物が由来と知って驚かれた方も多いのではないでしょうか?

しかし、現代の母の日はお母さんに感謝を伝える大切な1日となりました。

お母さんが元気な内に、プレゼントと一緒にいつもは照れくさくて中々言えない“ありがとう”を
伝える事が出来る日と考えると、本当に素敵な事だなとしみじみします。

さてて、母の日のプレゼントと言えばカーネーションが定番ですが
今年は女性が最も贈られたいお花、バラをプレゼントしてみませんか?

スポンサードリンク

母の日にバラを贈ろう♪花言葉が重要!

お母さんにとって、母の日の一番のプレゼントはきっと「子供達の気持ち」だと思います。

だけど子供心としては、やっぱり日頃の感謝の気持ちを込めて
お母さんが喜んでくれるプレゼントを贈りたいものですよね。

母の日のお花と言えば、カーネーションですが(由来としては白いカーネーションです)
お母さんは毎年カーネーションをプレゼントされていますよね。

そこで、過去にいつもとは違うお花を贈ろうと考えた場合
あじさい・ガーベラ・マーガレットなどあれこれとお花を思い浮かべたのですが
何だか母の日に贈るお花としては今いち、しっくり来ない様な・・・

そんな時にひらめいた(?)のがバラでした。

優雅で気品があり、心が明るくなる様な香りを持つバラは母の日にぴったりだと思います。

そんなバラですが、色によって花言葉が変わりますので
お花屋さん(インターネット)で注文する際の参考にして頂けると幸いです。

バラの色別の花言葉

●赤・・・「愛情」「情熱」「あなたを愛します」

●ピンク・・・「上品」「気品」「しとやか」「温かい心」

●オレンジ・・・「信頼」「絆」「愛嬌」

●黄色・・・「嫉妬」「不貞」「愛情の薄らぎ」

●白・・・「尊敬」「純潔」「約束を守る」

花言葉を気にしてお花を選ぶ方も少ないとは思いますが、あまりに何も知らなさすぎると
相手の方が花言葉を知っていたり、詳しかった場合に「私にこの花?(内心)」
と言う事にも成りかねません。

花言葉を重視して考えると、母の日のお母さんへのプレゼントとして適している色は
ピンク・白・オレンジになるかと思いますが、白いバラはキリスト教の葬儀などで用いられる事もありますので
白いバラ=お悔みの花と言うイメージを持たれている方もいらっしゃいます。

そう考えると、母の日にはピンク又はオレンジのバラがベストではないでしょうか?

スポンサードリンク

母の日のバラの花束はどんな仕上がりにする?

バラを贈る際、ミニバラなどの鉢植えやアレンジメントも素敵ですが、個人的には花束がおすすめです♪

花束って、贈られた側は抱きしめる様に受け取りますよね?(花束の大きさにもよると思いますが)
花束を腕の中で抱えていると、プレゼントしてくれた相手の気持ちが伝わって来る気がするんです。
(私だけでしょうか?)

もちろん、100本のバラの花束である必要な無く
何か他のプレゼントと一緒に、1本のバラを贈っても素敵だと思います。

この1本のバラの花束、よく送別会やお友達のお誕生日にプレゼントと一緒に贈る事があるのですが
ほとんどの女性は、とても嬉しそうに受け取ってくれます。

複数本の花束であれば、バラをメインに小花を合わせた仕上がりも素敵ですが
ガーベラやアイビーなどとミックスしたアレンジも、どこか優し気で可愛らしい雰囲気になるのでおすすめです♪

生花だけではなく、プリザーブドフラワーも人気の贈り物です!

まとめ

いつもとは違う、母の日のプレゼントにきっとお母さんも喜んで下さると思います♪

「美しい花の命は短し」と言いますが、短い命(バラは特に)だからこそ、
華麗に咲いている時の姿が心に響くのだと思います。

いつもは言えない感謝の気持ちを、そっと花束の中に忍ばせて下さいね!

※人気ブログランキングに参加しています♪
 応援宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント