「たまがわ花火大会」2016年 開催日&見どころ

      2016/06/02

東京都と神奈川県の間を流れる多摩川は、川沿いに住む東京都民にとっても神奈川県民にとっても日常に欠かせない川です。
春には土手で満開の桜の下でお花見・スポーツやお散歩・ジョギングなどで利用する人も多いですよね(^^)

さて、そんな多摩川で毎年8月に開催される「たまがわ花火大会」の最大の特徴と言えば、「世田谷たまがわ花火大会」(東京都世田谷区主催)と
「川崎市制記念多摩川花火大会」(神奈川県川崎市主催)が同日に開催される事で、2つの花火大会が同時に味わえる何とも大規模でお得な花火大会なんです♪

スポンサードリンク

 今年の開催日と会場までの交通アクセス 

2016年8月20日(土)/ 花火打ち上げ時間 19:00~20:00 ※雨天中止 順延無し

●「第38回 世田谷たまがわ花火大会」会場:世田谷区立二子多摩川緑地(東急田園都市線 二子多摩川駅より徒歩にて約10分)

●「川崎市制記念多摩川花火大会」会場:川崎市高津区諏訪地先の多摩川河川敷(東急田園都市線 二子新地駅が最寄り駅ですが、当日非常に混雑する為
 近隣の高津駅や溝の口駅から徒歩で会場の河川敷へ行かれる事が推奨されています)

スポンサードリンク

※どちらの会場へも非常に混雑します。通常10分で行ける距離が1時間掛かったと言う話もありますので早目の行動をお勧めします
※混雑を避ける場合は有料席も例年販売されています

 たまがわ花火大会の見どころは?  

たまがわ花火大会は世田谷区側と川崎市側2つの花火大会を合わせて例年50万人の来場客が訪れる花火大会です。打ち上げ数は各花火大会6,000発なので
合計12,000発もの迫力ある花火を堪能する事が出来ます。
その12,000発もの花火が約1時間で打ち上がるのでテンポよく、と言うかもの凄い勢いで打ち上げられます(^^)

川岸での花火大会は短時間でボンボン花火を打ち上げる、と聞いた事がありますが何故なのでしょうか?

  花火大会にはテーマもあります! 

スターマインやナイアガラが圧巻な事で有名な、2016年 第38回たまがわ花火大会(世田谷の方)には『華 ~未来に向かって咲かせよう輝く夢の大輪~ 』という素晴らしいテーマが設定されており、実行委員会の方々の情熱と夢を感じました。
公式ホームページ http://www.tamagawa-hanabi.com/about/

区民・市民の憩いの場の多摩川の夜空に未来への希望と夢をのせて大玉の花火が夜空を彩ります。ロマンチックですね!

スポンサードリンク

 - イベント, 遊び/趣味 ,