二日酔い対策を飲む前に&飲んだ後で明日に引きずらない!

      2016/12/12

忘年会や新年会・送別会や歓迎会シーズンなど
特に会社勤めや会社経営などされていたり
趣味のサークルなどに入られている方は
飲み会が多い時期があります。

プライベートであれば、自分の体調や
翌日のスケジュールによって
やんわりと断る事も出来ますが、
仕事上の付き合いになると中々断れない事が
ほとんどですよね。

営業職や、仕事を取ってくる様なポジションであれば
忘年会・新年会シーズンは毎日毎日お付き合い。

何週間も飲み続けていると言う方も
多い事でしょう。

そこまでのハードスケジュールでは無いにしても
頻繁に宴会がある季節、
翌日の仕事や休日に悪い影響を残したくないと
きっと誰もが思う事だと思います。

明日が二日酔いでしんどい1日にならない様に、
飲む前に出来る対策はもちろんの事
飲んだ後の対策も重ねてダブルで防止をしませんか?

スポンサードリンク

二日酔い対策で飲む前に効果的なたった2つの事

飲み会へ出掛ける前に、効果が期待できる
二日酔い対策をご紹介させて頂きます。

定番の二日酔い対策ドリンクやサプリを飲む

コンビニで気軽に購入出来る事から飲み会前に飲む方も
多いと思います。
商品は定番の“ウコンの力”・“カロリミット×ウコン”・
“ヘパリーゼ”・“ノ・ミカタ”などがありますが、
個人的には様々な二日酔い防止ドリンクを飲んだ中では
“ヘパリーゼスーパー すっきりパイン味”が
飲みやすくおすすめ
です。

ヘパリーゼは薬局でしか購入出来ない商品と
コンビニで購入出来る商品がありますが、
すっきりパイン味はコンビニで300円程度で購入出来ます。

女性にも抵抗無く飲める味ですが
コンビニの前などでドリンクを飲む事に抵抗がある
女性も多いですよね。

そんな場合はこっそり飲む事が出来るサプリがおすすめです。
※二日酔いに効果があると言われる薬&飲んでいる最中に出来る
 二日酔い対策については、こちらをご参照下さい
二日酔いを防止する薬や飲んでいる最中に出来る対策は?

●何かを食べておく
アルコールは空腹時に摂取すると吸収が早い事から
翌日、二日酔いになる可能性が高く
なってしまいます。
少しでも何かを食べておく事で、アルコールがゆるやかに
吸収され、翌日の二日酔いを防いでくれる事になります。

よく、飲酒前に牛乳を飲んで胃を包む、などと言う話を聞きますが
これは効果が無いと言われていて、
飲酒前に脂肪分を少量摂取しておくことが
二日酔い対策に有効
と言われています。

脂肪分が多い物の代表は、
オリーブオイル・くるみ・マカダミアナッツ
バターやマーガリン・ドレッシング類(ノンオイルを除く)
などが有名です。

仕事帰りの飲み会などの場合は、
何かを食べてから向かうと言う事は難しいかもしれませんが
宴会シーズンはカバンやバッグに
くるみやマカダミアナッツを忍ばせておく。
と言う方法はいかがでしょうか?

6394200c0af3f7832797766f4fe25f69_s

(二日酔いの対策の効果には個人差がありますので
あくまでもご自身の体調との相談をお願い致します)

スポンサードリンク

二日酔い対策で飲んだ後に効果的な事

次に、飲んだ後に効果的な二日酔い対策は

水を飲む
本当にこれは大切です。
最後に飲んだ飲み物がアルコール類のままより、
水やスポーツドリンクなどを飲んで眠った方が
明らかに翌日の調子が変わって来ます。

個人的なおすすめは、スポーツドリンクより水です。
二日酔い対策は水に限る!と言えるぐらい
飲んだ後の水の効果を何度も実感しました。
特に、居酒屋さんやBARなどでうっかり様々なお酒を
ちゃんぽんしてしまった日は
必ず水を飲んでから眠って下さい。

みかん・グレープフルーツ・りんご・柿などのフルーツを食べるか飲む
これらの果実に含まれている果糖は
アルコールの分解を助けてくれる働きがあります。

フルーツをそのまま食べている余裕が無い・
フルーツ自体が無いと言う場合は
100%ジュースでも効果があると言われています。

まとめ

飲む前と飲んだ後に出来る二日酔い対策を
ご紹介させて頂きました。

明日が辛く、長い1日にならない為にも
仕事で普段しない様なミスを連発させない為にも
効果的な対策を心掛けましょう!

※人気ブログランキングに参加しています
 応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学