終活ノートとは?書き方とおすすめの方法をご紹介

      2017/01/11

自分自身の人生を良い状態で終わる為に、
生前に自分自身で行う“終活”

何だか、酷な事に感じたり
この言葉の響きに違和感を感じる方もいらっしゃる事でしょう。

しかし、終活を周囲の家族の為に、
自分自身が望む人生の終わり方を実現する為にと
近年では実行している方が増えてきました。

そんな終活に欠かせない“終活ノート”について
書き方なども交えながら
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

終活ノートとは?

終活は、自分自身の葬儀やお墓について考えておいたり
自分の荷物をまとめ、処分する物は処分したり
遺産や相続についての自分の意思をもめる事などが
主な内容になります。

そもそも終活を行う一番大きな要因は
「残された家族や親戚・友人に迷惑を掛けない為」
と言う事を理由に終活を行う方がほとんどです。

そして、過去に家族などの身近な方が亡くなった時に
何をして良いか解らずバタバタし、
悲しんでいる余裕すら無かったと言う話や
故人の意思が周囲に伝わっていなかった為に
誤解や揉め事が生まれた。
などの経験を持つ方も多い事から
自分の事はそうならない様にしようと
終活を始める方も多いのです。

終活は、何もご年配の方に限った事では無く
近年では度重なる自然災害や
若年層の病気での死亡率も高まっている事から、
『人生の終焉を迎える』には程遠いと思える
30代でも終活を始めている方がいらっしゃるそうです。

そんな終活において、
重要になって来るのが“就活ノート”です。
“エンディングノート”とも言われます。

終活ノートとは、
自分にもしもの事があった時に
周囲の人が困らない様に自分が伝えておきたい事を
まとめておくノート
です。

スポンサードリンク

終活ノートの書き方は?

就活ノートは、「この様な事を書かなければならない」
と言うルールは特にありませんので
気軽な気持ちで作成して行きたいノートです。
専用のノートで無くても、普通のノートでも十分です。
パソコンで作成し、データとして残しても

主に、書いておくと良い項目は以下の通りです。

自分自身の情報
名前・生年月日・血液型・住所・持病についてなど

家族・親戚や友人・知人などの情報
家族が居る場合はその間柄や関係性など
親戚や友人・知人についても間柄など

病気になった場合・介護が必要となった場合について
延命治療の希望や、介護が必要になった場合の
費用についてなど

葬儀やお墓について
自分が希望する葬儀の形式や費用、
お墓の費用やデザインについてなど

自分自身の財産についての情報
不動産・預貯金・借り入れ(ローン)
株式や金融資産についてなど

保険や年金について
加入している生命保険や個人年金についてなど

遺産相続について
遺言書の有無や遺産相続の分割についての希望など

遺品の整理や処分について
形見分けのリストや処分して良い遺品についてなど

携帯電話やパソコンなどのパスワードについて
WEBサービスなどの会員IDやパスワードを
まとめておく・解約して欲しいサービスなど

この他には、ペットを飼っている場合にはペットの情報や
自分の生い立ちなどの自分史・
大切な家族や友人へのメッセージなどを記入しておくのも
素敵なノートになります。

ただし、気を付けたい点が
遺言書には法的な効力がありますが
終活ノートには法的な効力がありませんので
この事については心得ておいて下さい。

d7923b3b35a8bb68afe6fb8e1d1a4e49_s

終活ノート作りのおすすめの方法

終活ノートについて、何を書くものか
およそは理解出来たものの、いざ書き始めてみようと
思ったら中々書けない・
書き始めてすぐに中断してしまった・
継続できなかった。
と言う事になってしまった方も多いのではないでしょうか?

そんな時におすすめな方法は、
市販されている終活ノート(エンディングノート)を
購入して使用したり、
パソコンで無料でダウンロード出来るテンプレートを
使用して作成
する方法です。

パソコンで終活ノートをダウンロードする際は
『終活ノート 無料ダウンロード』などで検索し、
ワードデータやPDFデータでダウンロードした物を
プリントして、そこに記入して行きます。

クリアファイルなどにまとめたり
ノートに貼ったり、
ワードデータなど直接打ち込めるデータの場合は
(PDFデータの場合は直接打ち込む事が出来ません)
データとしてパソコンに残しておくのも
方法の一つとなるでしょう。

まとめ

終活ノートの書き方と
おすすめの作成方法についてをご紹介させて頂きました。

大切な家族や周囲の方が困らない為に、
自分が望んだ終焉を迎える為にも
就活ノートを今から作成されてみてはいかがでしょうか?

※人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学