天赦日とは?何をするのに良い日?寅の日と重なる日は金運が最強!?

      2017/01/10

とても良い吉日である“天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)”は、
暦の中でも最良の吉日とされています。

しかし、最良の吉日と一口に言っても
一体私達の人生や生活において何に関係してくるのか
良く解らないものですよね。

この天赦日は一体どんな吉日で、
何をするのに最適な日なのか。

又、寅の日に重なる天赦日は
相当、金運が上がる日だと言われていますが
この良く聞く話は本当なのでしょうか?

これらの疑問を解消する為に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

天赦日とは?

天赦日は、神様が全ての罪を許してくれる日です。
かと言って、天赦日にどんなに悪い事を行っても問題にならない。
と捉えてはいけません。

天赦日であれば、多少悪い事があっても問題無い、
気にする必要が無いぐらい天からの恩恵を受ける事が
出来る日
と考えましょう。

天赦日は1年を通して数日しかない貴重な吉日で
春夏秋冬の4つの季節の中で以下の様に決まっています。

春は、立春から立夏の前日までの“戌寅(つちえのとら)”の日
夏は、立夏から立秋の前日までの“甲午(きのえうま)”の日
秋は、立秋から立冬の前日までの“戌申(つちえのさる)”の日
冬は、立冬から立春の前日までの“甲子(きのえね)”の日

2017年(平成29年)の天赦日は、
2月20日(月)・4月21日(金)・5月7日(日)
7月6日(木)・9月18日(月)・12月3日(日)

以上の6日となっています。
1年に6日の最良の吉日をチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

天赦日は何をするのに最適な日?

暦の上で最良の吉日と言っても、
何だか漠然としていて実際にはどんな事を行うのに
適した日であるのか分からない、と言う方も
多いと思います。

例えば、「入籍や結婚式は大安に行うと良し」などの
例えがあると分かりやすいですよね。

天赦日に起こす行動としてベストだとされている事は
以下の通りになります。

結納や入籍・結婚式など婚姻に関わる行事

金運を上げる為の行動
(お財布を新調する・宝くじを購入する等)

引っ越し

開業・開店日

結婚や引っ越し、事業を始める日など
何か新しい事を始める日・新しい生活となるスタートの日に
天赦日を選ぶと良い流れで物事が運びやすくなると
言われています。

今後これらの予定がある方は是非、天赦日を
新しい門出の日として選ばれてはいかがでしょうか?

天赦日と寅の日が重なったら金運が最強!?

金運を招くとされている“寅(とら)の日”と言う日があります。

寅の日は12日ごとに訪れる吉日で
動物の虎が、一瞬で遠くまで行き
一瞬で今居た場所まで戻って来れると言う身体能力がある事から
「どこかへ行っても無事に戻って来れる日」
「どこかへ行ってしまった物を呼び戻せる日」とされています。

例えば、寅の日に起こす行動として最適なのは
旅行へ出発する日や、お財布の新調や宝くじの購入・
漁師さんが新しい船を下ろす日や初漁へ出る日

などとされています。

こう言った事から、天赦日と寅の日が重なる日は
宝くじの購入や新しいお財布を購入する日に
最適、強運をもたらす日だとされています。

2017年(平成29年)で天赦日と寅の日が重なる日は
2月20日(月)と4月21日(金)
の2日のみになります。

普段、良く宝くじを購入される方も
されない方も、要チェックの日と言えるでしょう。

111402e2a2e1094240aa264ce471902d_s

逆に寅の日に行わない方が良いとされている事もあります。
婚姻関係の行事や、葬儀などです。

お嫁さんが実家へ戻ってしまう、
死者が蘇ってしまうと考えるからだそうです。

婚姻関係の行事や葬儀などがある際は
寅の日かどうかも確認したいところです。

まとめ

天赦日は何をするのに最良の吉日なのか、
寅の日と重なると金運がとても良くなるなどの事が
分かった事で起こすアクションは
人それぞれだと思いますが、
『信じる者は救われる』に懸けてみたい気持ちになった方も
多いのではないでしょうか?

素晴らしい幸運が訪れる事を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします♪

スポンサードリンク

 - 雑学