ホワイトデーにお花をプレゼントしませんか?花言葉や値段はどのぐらい?

   

3月14日のホワイトデーに向けて、バレンタインのお返しをどうしようかと
考えている最中の方も多いのではないでしょうか?

ホワイトデーのお返しと言えばクッキーやマカロンなどの
お返しが一般的ですが、
バレンタインに彼女や奥様などからチョコレート以外の
プレゼントを貰った、と言う場合には
お菓子だけをお返しに。と言う訳にも行かないと思います。

そこで、あれこれプレゼントを考えてみたものの
何か形に残る物の場合、
「気に入ってくれなかったらどうしよう」
「一応喜んで受け取った後、全然使わなかったら無駄だな」など
色々な事を考えてしまうものですよね。

現に、物の場合は人によって好みが出ますので
よほど事前に欲しい物などをリサーチしないと
難しい場合も確かにあります。

しかし、あまり事前にあれこれ聞いてしまうと
当日、ホワイトデーのお返しを渡した時の喜びも
減ってしまう気もします。

そんな時におすすめなホワイトデーのお返しが
フラワーギフトです。

ホワイトデーのプレゼントに最適な花言葉を持つ花の種類や
フラワーギフトの値段などを
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

ホワイトデーにお花をプレゼントしましょう!

ごく稀に、「花よりも物や食べ物・飲み物の方がよほど良い」
とプレゼントについて言う女性も居ますが
私の周囲を見渡してみてもお花をプレゼントして頂いて
喜ばない・嬉しそうでは無いと言う女性は
ほとんど居ません。

自分の好みに合わない物をプレゼントして頂いて
その後に困ってしまうよりも、女性が嬉しい気持ちになりやすい
お花をプレゼントするのが無難だとも言えると思います。

フラワーギフトと一口に言っても
生花であれば花束やアレンジメントなど
仕上がりの形状も選ぶ事が出来ますし、
プリザーブドフラワーと言う、見た目は生花の状態で
保存環境が良ければ長期間同じ状態で
鑑賞する事が出来る
花をチョイスするのも
選択肢の一つとも言えるでしょう。

プリザーブドフラワーは生花を加工している事で
生花よりも販売価格は高くなりますが
いつまでも見る度に想い出が蘇ると言う
素晴らしい利点があり、結婚式のブーケなどに
使用される方もいらっしゃいます。

875e22bb894b28a3ccaced4990b803fc_s

スポンサードリンク

ホワイトデーに最適なお花の花言葉

ホワイトデーにお花をプレゼントする際、
“ホワイトデー”都の名前にかけて白いお花をメインの花として
チョイスしたり、全体的なカラーとしては
3月と言う季節柄、ビビットな色合いよりも
淡いピンクやイエローなどのパステル調の色合いにまとめて貰うと
女性らしい優しい雰囲気の花束やアレンジメントに仕上がります。

メインの花として選びたいお花と、その花言葉を
ご紹介します。
(赤色の花言葉は除いています)

●バラ
女性が一番喜ぶであろうと言われているバラの華やかさは
唯一無二の存在感があり、特別な日を象徴しています。
白いバラには“純潔”・ピンクのバラには“感謝”と言う
花言葉があり、ホワイトデーのプレゼントに
ぴったりです。しかし、黄色のバラには“嫉妬”と言う
意味が込められている為注意しましょう。

●ガーベラ
明るい印象があり、可愛らしさも兼ね備えている為
花束やアレンジメントに人気があります。

●マーガレット
素朴で可憐な雰囲気のあるガーベラの花言葉は
“真実の愛”や“信頼”
と言う意味があり
彼女や奥様へのプレゼントとして選ばれてみてはいかがでしょうか?
e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

●チューリップ
春のお花の代名詞とも言えるチューリップの花言葉は
“思いやり”や“博愛”ですが、
ピンクのチューリップには“誠実な愛”
紫色には“永遠の愛”・オレンジは“照れ屋”
白は“失恋”
なので、彼女や奥様へは避けたいカラーです。

●ラナンキュラス
幾重にもひらひらと花びらが重なり合い、ボリューム共に
華やかさがあるお花なので個人的におすすめです。
花言葉は“とても魅力的”や“光輝を放つ”ですから
彼女や奥様へのプレゼントとしてもぴったりな花言葉です。
色は白・ピンク・黄色・淡い紫など魅力的な色合いがあります。
色別の花言葉としては、
ピンクは“飾らない美しさ” 白は“純潔”
紫は“幸福”と言った意味がありますが
オレンジは“秘密主義”と、少し微妙とも取れる意味を持ちます。

ホワイトデーのお花のプレゼントの値段はどのぐらい?

自宅や職場の近所のお花屋さんや
インターネットのフラワーショップで注文する際、
生花の場合、花束・アレンジメント共に
3,000円以上の料金設定が多く、
ホワイトデーのプレゼントとしては
3,000円から5,000円をお花の予算とされる方が
一般的に多く見られます。

プリザーブドフラワーの場合ですと
ガラスの容器に入っていたり、フォトフレームに組み込まれていたりと
様々な商品が販売されており、選ぶ楽しさもあります。

プリザーブドフラワーがどのぐらい使用されているか
どんな容器に入っているかなどで値段も変わってきますが
プチギフトであれば2,500円ぐらいから
ボリューム感を求めるのであれば10,000円台まで
と幅広い値段となりますが、
プレゼントとしては5,000円程度の商品
妥当なのではないかと思います。

まとめ

ホワイトデーにお花をプレゼントする為の
種類や花言葉・値段について
ご紹介させて頂きました。

素敵なお花のプレゼントを選んでくれた事に
きっと喜んでくれるはずです!

※人気ブログランキングに参加しています
 応援宜しくお願いします♪

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント