ホットタオルは目の疲れに効果あり?作り方はお湯でも可能?

      2017/01/10

仕事や自宅でパソコンやスマートフォンなどの使用頻度が
高い場合、『目が疲れたな』と思う事は多いと思います。

又、過度の運動の後など疲労状態の時にパソコンや
テレビの画面が見るのが辛い、と言う事も
良くあるのではないでしょうか?

女性であれば、美容室に行った時
シャンプーの際に熱いタオルを顔にかけて貰った経験が
1度はあるとは思うのですが、
この“ホットタオル”は目の疲れに効果があるのか?

又、美容面や目以外の部分にも効果があるのか?
これらの疑問と、ホットタオルを自宅で作る際
電子レンジで作るのが一般的とされていますが、
お湯だけでも作る事が出来るのか?

これらの疑問について、
ホットタオルの効果や作り方をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

ホットタオルに目の疲れを取る効果はある?

ホットタオルは、“蒸しタオル”と言われる事もありますが
その効果としては、血の流れを良くし
自然治癒力や新陳代謝の向上を行ってくれる効果が
あると言われています。

現代の私達の生活においては、
パソコンやテレビ・スマートフォンやタブレットなどが
欠かせない生活となっており、
特にオフィスで仕事をしている方や、店舗などの管理作業にも
パソコンはあって欠かせない存在になっています。

パソコンやスマートフォンを使用する事が
多いと、いつも目が疲れている状態であったり、
自分では気づいて居なくても
非常に目が疲れている状態であると言う事は良くある事です。

そんな時にはホットタオルで
溜まった目の疲れを癒やしてみませんか?

約40℃のホットタオルで3分間程度目を温める事で
目の疲れやドライアイが改善されると言われています。

ホットタオルを目に乗せる長さは個人差がありますが、
個人的にはホットタオルが冷めなければ
5分から10分程度、目に乗せながら
お香やアロマオイルなどの香りを部屋に漂わせていると
目の疲れも取れ、心もすっきりとリフレッシュ出来ます。

11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

又、目の疲れにだけでは無く
目の下に出来るクマを解消する効果も見られます。

この場合は、ホットタオルと冷たく冷やしたタオルを
用意して、朝起きた後の洗顔の後に
まずはホットタオルを目の上に約30秒から1分置き、
その後は冷たいタオルを同じぐらいの時間、目の上に置きます。

これを2回程度繰り返す事で、血行が良くなり
クマが解消されます。

ホットタオルを目の上に乗せる際には
くれぐれもやけどには注意して下さい。

他にも、ホットタオルは顔にのせる事で
毛穴が開きやすくなる為、
クレンジングや洗顔前にホットタオルを
3分から5分顔に乗せ、その後クレンジングや洗顔を行い、
しっかりと化粧水・美容クリームなどで保湿を
行って下さい。

毛穴の角栓(汚れ)は約4~5日で出来ると言われていますので
週に1度か2度のホットタオルケアで充分です。

他には、首や肩こりにも効果的です。
ホットタオルを首や肩に約10分程度乗せ、
その後しっかりとマッサージを行う事で
血行が良く、こりが解消されます。

スポンサードリンク

ホットタオルの作り方はお湯でも可能?

一般的にホットタオルは、
水にタオルを浸し、必要であればアロマオイルなどを
数滴垂らした状態で(リラクゼーション効果があります)
しっかりと絞り、電子レンジで温めて作る
作り方をされている方が多いのですが
すぐにホットタオルが冷めてしまう。
と言う声も多く聞かれます。

そして、身近に電子レンジが無い場合も
あると思います。

そんな時は、お湯だけでも簡単に
ホットタオルが作れますので
やけどに注意しながら是非作ってみて下さい。

用意する物はタオル(スポーツタオルの様な長いタオル)と
洗面器・お湯のみです。

お湯を沸騰させ、洗面器に入れ
タオルを半分お湯に浸して台の上に置いて
タオルを半分に折り、更に濡れていない部分が
表面になる様に4つ折りにしてしっかりと絞ります。

タオルを全てお湯に浸してしまうと
熱すぎて絞れませんので注意して下さい。

まとめ

ホットタオルの効果と
お湯で作る作り方についてご紹介させて頂きました。

目の疲れと共に、血行が良くなる事で
心もリフレッシュ出来ますので
是非試してみて下さい!

※人気ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします♪

スポンサードリンク

 - 美容, 雑学