福茶とはどんなお茶?節分に関係?作り方は?

   

“福茶(ふくちゃ)”はその漢字からも
何だか縁起が良さそうなお茶ですよね。

言葉響きも良い事から、時々お店に名前などで
見かける事もありますが、
福茶とは一体どんなお茶なのか。
節分が近づくと、福茶と言う言葉を聞く事がありますが
節分とはどう言った関係性があるのか?

そして作り方は?材料は?
こう言った疑問を解消する為に
福茶についてのあれこれをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

福茶とはどんなお茶?

福茶は元々、関西地方や京都周辺の習慣として知られています。

京都にある六波羅密寺で平安時代に
空也上人が疫病で苦しむ民に振る舞ったお茶が
福茶の起源と言う説もあります。
(現在でも六波羅密寺寺の年始の行事として、
“皇服茶(おうぶくちゃ)”と言う行事があります)

空也上人が振る舞ったお茶を飲んだ民の病が治った、
と言う事例が多かった事から
このお茶にあやかろうと当時の天皇が元旦に
このお茶を飲み始めた事で民間へと広まったと言うお話です。
※福茶のルーツについては諸説あります

福茶は、大晦日やお正月・節分に飲む縁起物のお茶で
黒豆や切り昆布・梅干しを入れて作られるのが一般的ですが
粒山椒などを入れる場合もあります。

特にお正月に飲む福茶は“大福茶(おおぶくちゃ・だいふくちゃ)”と
呼ばれ、新しい年の無病息災を祈りつつ頂くお茶です。

お正月に飲む福茶は元旦の朝に、
節分に飲む福茶は節分の日の夜に飲む事で
ご利益があると言われています。

古来から日本では、元旦に飲む福茶の水は
年が明けたまだ暗い内から井戸に水を汲みに行く儀式
“若水汲み”で汲んで来た水をお雑煮や福茶に
使用する事で、新しい1年が無事に健康で
過ごせると言う言い伝えがありました。

又、受験や大切な試験・面接など
ここ一番と言う日の朝に福茶を飲んで
良い結果を頂いた!と言う声も聞かれますので
信じる事は良い結果に繋がる、と言う事ですね。

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_s

スポンサードリンク

福茶は節分にどう取り入れる?

節分の日には夜に飲む事でご利益があると
知られる福茶ですが、

節分の豆まきで『鬼は外!福は内!』と豆まきを行った後、
自分の歳にプラス1個(数え年の数分)の福豆を食べますよね。

この時、余り食べる福豆の数が多すぎると
食べ切れない・飽きてしまった場合などには
福茶にして頂きましょう。
お茶にしても、福豆そのものを食べるのと
同じご利益が得られます。

とは言え、福茶に使用する福豆は3粒だけで大丈夫です。
50粒余ったからと言って福茶に福豆を50粒入れる必要はありません。

何故福茶に入れる福豆が3粒なのかと言うと、
縁起の良い吉数だからと言う理由があり、
「まめまめしく働ける」と言う意味も込められています。

節分の豆まきについては、こちらをご参照下さい。
節分の豆まきのやり方は?

ほっと和んで縁起を担ぐ!福茶の作り方

【一般的な福茶の材料】
●福豆3粒(良く炒った方が香ばしい香りがします)
●塩昆布か昆布の佃煮を少量 ●梅干し 1粒
●お湯 又は煎茶・緑茶など

湯呑やカップに材料を全て入れ、お湯か熱い煎茶や緑茶を注ぐだけで
簡単に福茶が出来上がります。

福茶に入れる福豆には意味がありますが、
昆布には「よろこぶ」と言う意味が
梅干しは「縁起の良い松竹梅」から来ています。

福茶は地域や家庭により様々な作り方があり、
最近ではインターネットの通販でも見かける様になりました。

基本的な作り方は上記の通りですが、
急須に福豆(3粒では無く、適量)や昆布・
梅干し・山椒の実やゆず等の皮を細かく切った物を
入れ、お湯をたっぷり入れ少し時間を置いてから
材料を除いて飲むと言う福茶の作り方もあります。

まとめ

縁起物のお茶、福茶についてご紹介させて頂きました。

元旦や節分に、無病息災や幸せを祈りつつ
ほっと和やかに福茶を飲みながら
ゆっくりとしたひと時をお過ごし下さい!

スポンサードリンク

 - イベント, 未分類 ,