花粉症の辛い症状は目や鼻だけではなく頭痛も!緩和される対策は?

   

杉やヒノキの花粉が舞う時期、花粉症の方にとっては
毎日、目のかゆみや鼻水などに悩まされ
その症状が酷い場合だと日常生活にも支障が出てしまいます。

今日本人の25%(4人に1人)は花粉症と言われ、
その辛い症状を少しでも軽くしたいと
情報収集や、花粉症に良いとされる事は様々行ってみたり
色々な事をされている事だと思います。

しかし、一向に中々症状が良くならない、
目や鼻水以外などの症状もある事から
「風邪引いちゃったな」程度に思っていた事が
実は花粉症である場合もあります。

症状や、辛い状態が緩和される対策などを
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

花粉症は何故起こる?目や鼻に強く影響が出る理由

杉やヒノキなどの花粉が原因となり、
目のかゆみ・くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こすのが
花粉症です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、

日本では、花粉症の原因となる植物は
杉やヒノキの他に、シラカンバ・ブタクサ・ハンノキ・
コナラ・栗・スダジイなどの
約60種類の植物の花粉が辛い症状の原因となります。

花粉症の主な症状は、くしゃみ・鼻詰まり・目のかゆみなどですが
目に関してはかゆみ以外にも
●目の充血 ●目ヤニ ●目が見えにくくなる 
●涙がよく出る ●目の痛み

等、あまり酷いと日常生活に影響が出る症状が多く、
花粉症が目や鼻に強く影響が出る理由としては、

花粉が目や鼻から体内に入り込み、
目の場合は粘膜内にある肥満細胞に花粉が付くことで
神経や血管に刺激を与える事になり
それが目のあらゆる症状へと繋がるからです。

鼻の場合も目と同じく、細胞内にある肥満細胞に
花粉が付き、知覚過敏に影響が出ると鼻水やくしゃみに、
鼻甲介が刺激され、炎症が起きて腫れると
鼻づまりになるのです。

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

スポンサードリンク

花粉症の症状は頭痛も!?

花粉症の症状は、目や鼻の症状以外にも
頭痛や咳・倦怠感などの症状が出る場合があります。

鼻や口から花粉が入ると、気管支の粘膜が腫れる事で
喉の痛みが続いたり、咳が出たりします。

そして頭痛は鼻から入った花粉が原因で
蓄膿症を引き起こす事が原因なのではないかと言われています。

又、花粉症には自律神経のバランスを乱す特徴もあり、
花粉症で頭痛が酷い場合は自律神経の乱れが原因となっている
場合もあります。

花粉症の症状を緩和する為の対策は?

辛い花粉症の症状を緩和する為の大切な要因を
ご紹介させて頂きます。

食事や食べ物で緩和
花粉症に効果があると言われる食べ物は、
ヨーグルト・りんご・にんにく・チョコレート・トマト・青魚類
トマト・紫蘇・にら・サツマイモ・梅・プルーン 等

飲み物は、碾茶・青汁・黒酢・柿の葉茶・ココア・グアバ茶・
ルイボスティー・ワイン・紫蘇ジュース 等

チョコレートやココア・ワイン・紫蘇・トマト等に含まれるポリフェノールが
近年、辛い花粉症の症状を緩和する成分として
注目を集めています。

生活バランスも重要
花粉症で頭痛の症状がある場合は、
自律神経の乱れが原因となっている場合がありますので
乱れた生活バランスを整えたり、
軽い運動やストレッチを心掛けましょう。

外出する際はきちんと花粉対策
外出する際は花粉情報などをマメに確認し、
花粉量が多い日の外出は極力避けるのが無難ですが、
中々そうも行かないと思います。

使い捨てマスクやサングラス・眼鏡などは
必需品ですが、髪の毛に花粉が付く事もありますので
帽子も着用した方が更なる対策になります。

ストールやマフラー・折り返し部分がある衣類は
花粉が溜まりやすいので
着用を避ける様にした方げ賢明と言えるでしょう。

まとめ

花粉症の症状と症状を緩和する為の対策を
ご紹介させて頂きました。

極力、薬に頼らずに症状を和らげる為にも
食生活や生活バランスの見直しから
是非始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学