腹式呼吸のやり方のコツは?簡単な方法や寝ながら自然に取得しよう!

   

腹式呼吸をしようと思っている方のほとんどは
日頃、肺活量の足りなさを感じている方だと思います。

肺活量が無い、少ない気がすると困ってしまうのは
日常のどんなシーンで思うのでしょうか?

カラオケで歌っていると息が切れる・続かない。
健康の為に続けている水泳で肺活量の無さを実感する。
ウォーキングやランニングで息がすぐに切れる・
終えた後、酸素が足りていない感じがして
頭が痛くなる。

通勤や通学で少し走っただけで・
駅の階段を上がっただけで息が上がる等
こう言った事で悩んだり、困ったりしている方は
意外と多いと思います。

こんな悩みを解消する為には
腹式呼吸を行う事がどうしても大切になってきますし、
腹式呼吸はヨガにも取り入れられ、
冷え性などを改善する事でも知られています。

そんな腹式呼吸をする事で得られる効果や
やり方のコツ・簡単な方法、
そして今日からすぐに出来る寝ながらの方法を
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

腹式呼吸のやり方のコツは?

腹式呼吸を周囲の方に聞いたり、調べたりすると
『息を吸った時にお腹が膨らんで、息を吐くとお腹がへ込む』と
説明を受けないでしょうか?

正にその通りなのですが、普段私達の呼吸法は
胸式呼吸と呼ばれる息を吸った時にお腹がへ込み、
吐いた時にお腹が膨れる呼吸です。

眠っている間は自然と腹式呼吸になっており、
男性の場合は活動している間も自然と
腹式呼吸を行っている場合もあります。

女性の場合は、何故胸式呼吸なのかと言うと
子宮を無意識に守っている等の諸説があります。

普段の呼吸、胸式呼吸の逆が腹式呼吸と言われても
頭では理解できても、実際にやってみると
『え?どう言う事だろう?』良く解らないと
思えてしまう方も多いと思います。

腹式呼吸のやり方のコツとしては、
●背筋を伸ばした状態で鵜、鼻から1~2秒で息を吸い込みながら
おへその少し下あたりを膨らませるイメージで
膨らませます。

息を吐く時は鼻か口で吐きましょう。
お腹が徐々にへ込んでいきます。息を吸う時よりも
倍程度の時間をかけてゆっくりと息を吐きましょう。

腹式呼吸は、横隔膜を上下させる呼吸でです。
それに比べ胸式呼吸は肋骨を広げたり、閉じたりしながら行う呼吸になります。

腹式呼吸は、肺活量を増やす為の呼吸法と
考えている人が多い様ですが、
実際には代謝が上がる事からダイエットにも効果があり、
ヨガや瞑想と腹式呼吸を合わせる事で
身体は内側から鍛えられ、精神的にはリラックスした状態を
作り出してくれるのでおすすめです。

他にも、内臓機能の向上や
女性に多い自律神経の乱れを整えてくれるなど
肺活量を増やす事以外にも
ストレスが多い社会を生きる私達にとって
腹式呼吸は様々良い部分を与えてくれます。

肺活量の増やし方については、こちらをご参照下さい。
肺活量を増やすのは猫背を直すだけ!カラオケも上手に

スポンサードリンク

腹式呼吸のやり方で簡単な方法は?

日頃、胸式呼吸で慣れてしまっている場合だと
呼吸は息を吸うとお腹がへ込み、
息を吐くとお腹が膨れると言うイメージで固まってしまっているので
それが中々腹式呼吸が出来ない原因となる場合が多いです。

先に述べた腹式呼吸のコツを実践しても
中々できない場合は、
まず、呼吸をする前にお腹をへ込ましおき、
鼻で息を吸う時に思いっきりお腹を膨らまし、
息を吐く時に思いっきりお腹をへ込ます。

これを慣れるまで数回繰り返す事により、
脳の中で「呼吸は息を吸ったらお腹がへ込んで、息を吐いたら
お腹がへ込むもの」と言う凝り固まった概念が
少しずつ無くなって行きますので
簡単に腹式呼吸をマスターする為にも
この事から始めてみて下さい。

4620844486_e09ef277c1_b

腹式呼吸のやり方で寝ながらする方法は?

腹式呼吸を意識して始めたばかりの方におすすめな方法が
寝ながら呼吸法です。

立った状態や座った状態よりも
お腹の状態が分かりやすい事と
眠っている間は自然と腹式呼吸になっている事から
寝た状態で腹式呼吸に慣れる事が
習得までの近道だと思います。

まず、仰向けに寝そべり
お腹(おへその少し下)に両手をあてながら
腹式呼吸を行います。

立って行う状態よりも、
眠る時の呼吸法である事から
自然と腹式呼吸になりやすいはずです。

まとめ

寝ながら腹式呼吸をマスター出来れば、
後は家事や仕事中でも、ウォーキングやヨガ・
ストレッチ中でもいつでも行える様になります。

仕事の会議や初デートの前など
緊張する場面で腹式呼吸を意識して行えば
自然とリラックス出来るので
是非、取り入れてみて下さいね!

※人気ブログランキングに参加しています
 応援宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康