節分の豆まきのやり方は?意味や落花生でも良いって本当?

      2016/11/20

2月3日の節分の日は子供達にとっては一年の中でも
楽しいイベントと言えるでしょう。

鬼に向かって豆を投げ付けるって
結構な爽快感だった様な想い出があります。

近年はイベントブームな事もあり、
大人も節分に恵方巻を食べたり
有名人が参加する豆まき式に参加したりと
子供のイベントとは言えなくなって来ましたよね。

カップルや友人達と自宅で豆まきをしながら
節分パーティーを予定されている方も
多い事でしょう。

そこで、「でも豆まきってやり方とかあるの?」と
疑問に思ったら豆まきの作法や意味について
確認しておきましょう。

又、節分の豆まきと言えば炒った大豆と言うイメージですが
たまに聞かれる、落花生(ピーナッツ)でも良いと言う噂は
本当なのかについても
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

節分の豆まきの正しいやり方はあるの?

豆まきを行うにあたり、福豆を準備しましょう。

節分の豆まきで使用する福豆は
時期が近付くとスーパー等で販売されていますが、
一般的には炒った大豆が福豆として多く売られています。

豆まきの仕方は地域などによって様々ですが、
ここでは伝統的な豆まき作法をお伝えします。

●福豆は升や三方(さんぼう:儀式的な台の事。月見団子が乗っている台を
イメージしてみて下さい)に入れておきます

●鬼が家にやって来るのは夜とされている為、
夜に家族全員が揃った時に豆まきをします。
鬼が入って来る扉や窓などを全て開放しておきます。

豆をまく人は家長(お父さんになる事が多いと思います)か長男、
又はその年の干支の生まれ
が居る場合はその人でも大丈夫です。

実はお父さんは鬼になっている場合ではありませんでした。

●窓の外に向かって『鬼は外!』と言いながら2回福豆をまきます。
その後、窓や玄関の扉などを閉め、部屋の中で『福は内!』と
奥の部屋から順々に玄関まで福豆をまいて行きましょう。
(鬼を家の奥から玄関に向かって追い出すイメージです)

●豆まきが終わった後は、自分の年齢より1つ多い数の福豆を食べます。
その年の厄払いの意味が込められています。
おじいちゃんが80歳の場合、81粒もの福豆を食べるのは大変です。

そんな時は食べ切れない福豆を入れたお茶(福茶)を
飲む
事でも厄払いになります。

福茶の作り方や福茶の意味などはこちらをご参照下さい。
福茶とはどんなお茶?作り方は?

スポンサードリンク

節分で豆まきをする意味は?

節分は本来、その漢字からも解る様に
季節を分ける日を言います。

現代では、節分と言えば2月3日ですが、
元々は節分は1年に4回(春夏秋冬)にありました。

昔の日本では立春が1年の始まりとされていて、
立春の前日である2月3日は現代で言う大晦日でした。

大晦日である2月3日は鬼を退治する日として
室町時代以降に民間へと広まって行ったのが
節分の始まりとされています。

次に、豆まきをする意味ですが
豆には無病息災を祈る意味があり、
「魔を滅する」や「魔目(鬼の目に向かって投げる)」にも
意味が掛かっている
のだそうです。

そして何故福豆は炒った豆でないといけないのか?

これは火で豆を炒る事によって
鬼を封じ込めると言う意味からです。

節分の豆まきは落花生でも良いって本当?

福豆を辞書で調べてみると、
炒った豆の事としか書かれていない場合があります。

福豆のイメージである大豆でなければいけない、とは
書かれていません。

節分の福豆として落花生(ピーナッツ)をまく地域は意外に多く、
北海道や東北・九州などの一部地域では
節分の福豆として落花生しか販売しない店舗もあるのだとか。

落花生の産地として有名な千葉県では
昔から大豆を福豆としてまいていたと言うので
これはこれで何だか驚きです。

しかし近年は、節分の豆まき式で有名な
成田山新勝寺では炒った大豆の半分程の量の
殻付き落花生がまかれています。

916648e3ec181f6012a94c7a7530a04c_s

地域によっては、節分の豆まきと言えば
当然の様に落花生である地域も数多くあると言う事が解りました。

ちなみに落花生を福豆としてまく場合は
殻付きのまま投げます。

投げ終わった豆を拾って、殻を外して食べられるのも
落花生ならではの利点です。

自分の年齢プラス1個の落花生を食べる場合は、
中身ではなく、殻が付いた状態を1粒と数えるのが
一般的なのだそうです。

まとめ

節分の豆まきの仕方・意味と
福豆は大豆ではなく、落花生でも良いのか?
と言う疑問についての答えを
ご紹介させて頂きました。

中々現代では自宅で豆まきが出来るケースも
少なくなって来ていますが、
今年1年の無病息災・厄払いの為にご家族揃って
豆まきをされてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - イベント, 雑学