退職届の書き方は?使用する用紙と封筒はどんな物?

   

会社を辞める決意をした時、所属する会社にもよりますが
一般的には退職届(又は退職願)を提出する前に
直属の上司に退職する意志を伝えます。

退職日を相談の上、退職届を提出する事となりますが、
就業規則により退職届(退職願)の書き方が決まっている場合は
就業規則に沿った内容で提出しますが、
特に退職届についての規則や会社側から提示される
フォーマット等が無い場合は、自分で退職届を作成し
提出する事になります。

そこで退職届の書き方や、使用する用紙・封筒について
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

退職届の書き方は?必ず記載する事の確認

退職する事は決まったけれど、退職届と退職願どちらを
提出すべきか違いが解らないと言う場合は、
こちらをご参照下さい。

退職届と退職願いの違いは?

さて、どちらを提出するか決めた後は、
以下の内容を記載する必要がありますので
不明な場合は事前に調べておく必要があります。

●退職日(有給や未消化の高給を消化して退職する際は、
全てを消化した後の在籍終了日)

●会社の正式名称と代表者氏名 

以上の事を調べた後に、書類を作成します。
手書きが主になりますが、会社がパソコンで作成した書類を認める場合は
どちらでも構いません。

【退職届又は退職願の書き方】

1:用紙の1行目に“退職届” 又は “退職願”と記入します
※ “”は記入しないで下さい

2:用紙の2行目の下(最後)に(縦書き・横書き共にの場合)“私事、”と記入します

3:用紙の3行目頭から、“この度、一身上の都合により
※“一身上の都合により”は他の具体的な理由でも構いませんが、
一身上の都合によりとする事がスマートなビジネスマナーです。

4:用紙の4行目頭から、“来る平成〇〇年〇月〇〇日をもって退職致します。
※4行目に書き切れない場合は5行目に続く
※退職願の場合は、“退職致したく、お願い申し上げます”となります

5:4番を記入後、一行空けて“平成〇〇年〇月〇〇日
※提出する日付けとなります

6:次の行に、所属部署・所属課を記入します
※所属部署が無い場合は会社名

7:次の行に自分の氏名印鑑を捺印します
※シャチハタは不可とされる会社もあるので要確認

8:用紙に余裕があれば、1行空けて
会社の正式名称((株)や(有)などは不可)と代表者氏名を記入します

縦書きの退職願の完成イメージはこちらをご参照下さい。
退職願PDF

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_m

スポンサードリンク

退職届を書く用紙は縦書き?横書き?

退職届や退職願は、会社の指定が無い場合は
縦書きでも横書きでもどちらでも構いませんが
一般的には縦書きで提出する方が多いです。

白の用紙(便箋)を使用しますが、無地でも罫線が入っていても
どちらでも大丈夫です。

ただ手書きの場合、無地の用紙では真直ぐ垂直(水平)に
記入するのが難しいので自信が無い場合は
罫線入りの便箋をおすすめします。

もちろん図柄が入っている物は使用しません。
手書きの場合は黒いペンで記入して行きましょう。

退職届を入れる封筒はどんな物?

時々、退職届を茶封筒に入れて会社に提出する方を
何人か見た事がありますが、
退職届の様な書類を入れる封筒としては白い封筒が礼儀です。
茶封筒がマナー違反と言う事ではありませんが
最後にきちんと印象を残す為に
茶封筒を使用する事はおすすめ出来ません。

縦型の白色の封筒で、郵便番号を記入する枠が印刷されていない物が
好ましいでしょう。

用紙のサイズがA4版の場合は、
封筒のサイズは長形3号を選び、退職届を3つ折りにして
封筒に入れます。

封筒の表の中央に“退職届”と記入し、
裏に所属部署と自分の氏名を記入します。

上司に直接手渡す場合は、封筒ののり付けは不要ですが
稀に退職後に郵送で退職届を送る様に要求を受けた場合は
のり付けをし、退職届の封筒よりも大きいサイズの封筒に入れ、
“退職届を送付させて頂きます。ご査収の程、宜しくお願い申し上げます。
大変お世話になり有難うございました。”の様な文面で
添え状を同封しましょう。

添え状には、文頭に上司の名前
文末に添え状を書いた日付と自分の名前を記入する事も忘れないで下さい。

まとめ

退職届(退職願)の書き方・使用する用紙、
封筒と封筒への記入についてご紹介させて頂きました。

自分自身の為にも、しっかりと礼儀を持って
最後をきれいに締めたいものですね。

スポンサードリンク

 - 仕事, 雑学