夏バテ防止!かき氷を黒糖で美味しく&健康に食べる

      2016/05/31

暑い夏、ご家庭でかき氷を作って食べる方も多いと思います(^^)かき氷と言えば、ブルーハワイやイチゴ・レモン・メロン、最近ではマンゴーや
エメラルドパインと言った凄いバリエーションになってきた市販のシロップで食べるのが定番ですが、『なんだか子供っぽい』と思ったり・・・
そんな大人の為に(もちろんお子様にも)、黒糖を使った自然の甘味と健康を感じる事が出来るかき氷の食べ方です♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 とっても簡単♪ 黒糖きなこかき氷 

用意する物:黒糖シロップ(市販の物か黒糖を鍋で火にかけて作っても美味しいですよ!)/きなこ
かき氷にたっぷり黒糖シロップをかけ、きなこをパラパラとふりかけるだけで完成♪この簡単さとは裏腹に、本当に美味しいです(^^)

黒糖はミネラルとビタミンの宝庫です。砂糖に比べ、カロリーも少ないのでダイエットにも良いとされ、
更には夏バテ防止・整腸作用・肝機能の強化・虫歯予防にも良いとされています!そして、きなこにも凄い栄養が・・・!
美肌効果・便秘解消・骨そしょう症予防・むくみの解消等。ただきなこはカロリーが高い為、過剰な摂取を避ける様に心がけて下さいね!

 沖縄 氷ぜんざい 

用意する物(5人分):金時豆250g/押し麦50g/黒糖100g/砂糖(ザラメ)100g/塩少々
1:金時豆を洗って2時間水につけておきます  2:鍋に水に入った金時豆を入れ、しっかりと煮込みます(あれば圧力鍋で)
3:金時豆がしっかり煮込まれたら、押し麦を投入 4:黒糖と砂糖を入れ、30分程煮込みます 5:塩で味を調整したら完成♪
※余った分は冷蔵庫で保存して下さい
沖縄では“ぜんざい”と言うと、温かい状態ではほとんど食べず、氷ぜんざいを指します(^^)上記のレシピが沖縄の氷ぜんざいのレシピですが、
白玉を入れたり・フルーツをプラスしても美味しいです♪作るのが手間な場合は、市販の「沖縄ぜんざい」(1人前¥150~¥200ぐらいでインターネットでも購入する事が出来ます)を使えば、かき氷にかけるだけで簡単に完成します(^^)

糖質とタンパク質が主成分の金時豆は、食物繊維も豊富で便通を整える作用があり、糖尿病や肥満の防止の役割を果たすと言われています。
押し麦(大麦)も豊富な食物繊維が含まれ、高血糖・高コレステロール・ダイエットに効果があると言われています。最近では“押し麦ダイエット”をされる方も多い様です(^^)

以上、夏バテ防止におすすめの黒糖を使ったかき氷の食べ方、是非試してみて下さいね♪

スポンサードリンク

 - 日常, 沖縄 ,