ウォーキングの効果や時間・続けるコツを紹介♪

   

健康な身体作りの為に欠かせない運動。
そしてダイエットにも運動は欠かせないですよね。

一番手軽に始められる運動として、ウォーキングを行っている方が
増えているのだそうです。

運動強度もそれほど高くない為ご年配の方や、
ランニングやジム等での激しいトレーニングは自信が無い、
と言う方にもおすすめです。

そんなウォーキングを行う事で得られる効果や、
ウォーキングでの効果を上げる時間・
飽きやすい方でも楽しく続けられるコツを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

ウォーキングの効果はどんな事?

日常生活における運動不足を解消してくれるウォーキング。
30代にもなると健康の事を色々と気にしてくる事も多いですよね。

運動不足を解消する事で生活習慣病の予防になり、
歩くだけで筋力アップに繋がり、
基礎代謝の向上や脂肪を燃焼させる事でダイエット
にもなります。

そして、ストレス社会と言われる現代において
ウォーキングをする事でリフレッシュ・ストレス解消にもなるはずです。

他にも、
血行が良くなる

骨が強くなる

持久力が高まる

脳の活性化

この様な効果も得る事が出来ます。

是非、手軽に始められるウォーキングを始めてみませんか?

スポンサードリンク

ウォーキングの効果的な時間はどのぐらい?

ウォーキングの様な有酸素運動は、
20分以上運動を続ける事で脂肪が燃焼されます。

この事からも、ウォーキングを行う時間は
最低で20分間を目安に行いましょう。

ただし、最初から「1日1時間のウォーキングを毎日続ける」
など意気込み過ぎた目標を立てると、継続して行く内に
徐々にやる気が低下し、続けられなくなってしまう
原因にも成りかねませんので、

始めた頃は「1日20分を週3日」など
自分のライフスタイルに合わせ、無理のない程度の
目標を設定して始める事をおすすめします。

日常生活において、通勤時や通学時に連続して
20分以上歩ける場合は、20分以上・週5日を心掛けましょう。
今までより一駅分多く歩く・自転車を徒歩に切り替える等でも十分です。

歩く速度は、いつもより少し早目の速度
時速5kmぐらいにの速さで歩く事によって効果が向上します。

そして長時間に及ぶウォーキングは足や腰に負担を掛け、
疲労が蓄積される事にもなりますので
おすすめ出来ません。

ウォーキングに慣れた頃に、徐々に40分・次に1時間と
1時間程度のウォーキングがおすすめです。

そして、食後すぐと就寝前は避ける様にしましょう。

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

ウォーキングを長く続けるコツは?

ウォーキングは一番手軽に始められるスポーツであると共に、
単調なスポーツだとも言われます。

飽きやすい性格の方は特に、始めて数日間~数週間程度で
ウォーキングに行きたくなくなる事もあるかもしれません。

ウォーキングは長く続ける事に効果があります。

長く続ける為には、
意気込み過ぎず、まずは日常生活の移動手段の一部に
 ウォーキングを取り入れる(20分以上)

無理をし過ぎない
 設定した目標に向かい、ストイックになり過ぎると
 長期間継続するのが難しくなります。
 辛い時は中止にする、楽しみながら行う事をモットーに!

ウォーキングアプリや音楽を活用する
 スマホでウォーキングアプリをダウンロードする・
 音楽を聴きながらウォーキングをする等の
 楽しくウォーキングが出来る仕掛けを作りましょう!

2名~複数名でウォーキングをする
 1人ではウォーキングに出掛けるのが憂鬱になる日も、
 友達や家族と一緒なら楽しみながらウォーキングが
 出来そうですよね!
 おしゃべりしながらも、早歩きを心掛けましょう。

 

まとめ

ウォーキングの効果・時間・続けるコツを
ご紹介させて頂きました。

無理し過ぎず、楽しみながらウォーキングを続ける事が、
心身の健康やダイエットの成功の鍵になります。

是非、楽しみながらウォーキングの魅力を
感じてみて下さい!

スポンサードリンク

 - 健康