ノロウィルス対策!家庭や施設で大切な事や消毒液の作り方を紹介

      2016/10/23

1年を通しての感染リスクはありますが、
特に冬場に多発するノロウィルス感染症。

12月~2月頃にピークを迎え、
乳幼児から高齢者までに急性胃腸炎を引き起こすノロウィルスは
感染力が非常に強く、集団感染にも繋がる恐れがあります。

又、一度ノロウィルスに感染しても
何度でも感染する恐れがあり、
感染した場合は、ウィルスに有効な抗ウィルス剤が
無い事から対処療法が行われます。

嘔吐や下痢などの主な症状から
脱水症状を引き起こす事もあり
酷い場合には、病院での点滴などの治療が
必要となります。

そんなノロウィルスに感染しない為の対策は
家庭や施設ではどんなものなのでしょうか?

又、アルコール消毒に対する抵抗力が高いと言われる
ノロウィルスにはどういった消毒液が効果を
発揮するのかを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ノロウィルス対策をご家庭で

ノロウィルスの感染を防ぐ為に、
家庭で日頃から行える対策を心掛けましょう。

●牡蠣などの二枚貝を生で食べたり、加熱が弱い事から
ウィルスに感染する事があります。

85℃以上の温度で1分間以上、十分に加熱をして調理しましょう。

別の食材を調理する前に使用したまな板などの
調理器具を消毒すると効果的です。

●ノロウィルスはその大きさが非常に小さな事から、
手や指のしわからウィルスが入り、口を介して感染する
場合があります。
調理を行う前、お手洗いの後、外出から戻った際などの
各場面で、ハンドソープを使用した手洗いを徹底しましょう。

※手洗い後は極力、タオルでは無くペーパータオルの
使用をお勧めします。

●日頃から腸管の免疫力を高める為に健康に留意しましょう。
乳酸菌飲料が腸管の免疫力を高める為に効果的とも言われています。

次に、お子様などが突然嘔吐をした場合は
慌てずに以下の事を心掛けて処理を行って下さい。

●使い捨ての手袋やマスクを日頃から家庭内に常備し、
嘔吐などの汚物を処理する際に使用しましょう。

●汚物はペーパータオルなどで綺麗に拭き取り、
他のゴミとは分けてビニール袋に入れ、

しっかりと閉じて破棄しましょう。

●汚物が飛び散っている可能性がある為、
床や壁は塩素系の消毒液を吹きかけて拭き取りましょう。

ノロウィルスの感染経路や治療期間についてはこちらをご参照下さい
ノロウィルスとはどんな症状?感染経路や治療期間は?

スポンサードリンク

ノロウィルスの対策が施設で大切な理由は?

新聞やニュースでも取り上げられる事が多い
飲食店や学校・病院などでのノロウィルスの集団感染。

飲食店やホテルなどでノロウィルスの感染が確認されると
数日程度の営業停止処分が課せられます。

更に口コミなどによる風評被害が与えるダメージは大きく、
特に冬場の飲食店や宿泊施設等では対策を強化する
必要があります。

又、高齢者介護施設や乳幼児が集団で生活する
社会福祉施設などではノロウィルスに感染し、
更に集団感染へと繋がった場合、
健康な大人に比べ高齢者や乳幼児は症状が重くなる
可能性があり、死亡者が出る恐れも考えられる為
十分な対策を行う必要があります。

施設でのノロウィルス対策としては、

●調理従事者だけではなく、施設の職員・家族など
施設に出入りのある全ての方の手洗いの徹底。

※徹底した手洗いが何故大切なのか・手洗いの方法などを
写真入りのマニュアルにして手洗い場に設置するなどの
手洗いの啓発が必要となります。

●調理従事者は、特に二枚貝などの食材においては
十分な加熱・使用した調理器具の徹底した消毒が必要です。

a0002_008050

●嘔吐などの汚物やオムツ替え等の際には、使い捨ての
手袋・マスクの着用、塩素系の消毒液を使用して
徹底した処理を行いましょう。

施設では特に、ドアノブや蛇口・シンクや作業台など
大勢の人が触れる場所の重点的な消毒を心掛けましょう。

ノロウィルス対策で効果的な消毒液は?

ノロウィルスはアルコールに対しての抵抗力が高い為、
他のウィルスに対しては効果的なアルコールや
逆性石鹸はあまり効果がありません。

ノロウィルスに効果的だと言われる、次亜塩素酸ナトリウム
調理器具やドアノブなどの消毒から
汚物を処理した後の床や壁を消毒する事にまでと活躍します。

【消毒液の作り方】
<用意する物>
●家庭用塩素系漂白剤 10ml
●水 2.5L

<作り方>
●水2.5Lに対し、ペットボトルのキャップ2杯分の
家庭用塩素系漂白剤を入れます。
※濃度200ppmの消毒液が出来上がります。
感染者が直接触れた場所の消毒に使用する濃度になります。

※消毒液を作る時は十分に換気を行って下さい

※カーペットなどが変色する場合もあるので注意が必要です。

※消毒液は時間の経過と共に効果が減少します。

まとめ

家庭や施設でのノロウィルス対策・
次亜塩素酸ナトリウムで作る消毒液の作り方を
ご紹介させて頂きました。

大切な家族やお客様・自分自身を守る為にも
日頃からの対策を徹底したいものですね。

スポンサードリンク

 - 健康, 日常 ,