お年玉の相場は幾ら?小学生・中学生・高校生に包む金額を紹介

   

子供達にとってお正月の最大の楽しみとも言える“お年玉”

大人にとっては辛い出費とも言えますが、
1年に1度、1年の始まりに気持ちよくお年玉を
子供達に渡したいものですよね。

しかし、意外と悩むのが「お年玉って幾ら包めばいいの?」
と言う疑問。

渡す子供が小学生・中学生・高校生と年齢でも
金額は変わりますし、
自分と相手の間柄によっても変わります。

そんなお年玉の一般的な相場について
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お年玉の相場は小学生の場合は幾ら?

お年玉をあげる相手が小学生の場合、
一般的な金額の相場は¥3,000~¥5,000ですが

小学生と言っても1年生(6歳)~6年生(12歳)と
年齢の幅があり、
低学年・中学年・高学年に分けると、

●低学年(小学1年~2年生) ¥1,000~¥3,000

●中学年(小学3年~4年生) ¥3,000

●高学年(小学5年~6年生) ¥3,000~¥5,000

が相場の様です。

しかし、小学生にあげるお年玉の金額を聞いたアンケートでは
¥500~¥25,000と回答の金額の差も広く、
家柄や相手との関係性によっても変わって来る様です。

親戚間や兄弟・姉妹間でお年玉の金額についてのルールを
決めておいた方が、余計な揉め事なども無くなると思います。

ご家庭によっては「年齢÷2×1,000」と
お年玉の金額の計算式をルールとして設けている
場合もある様です。

スポンサードリンク

お年玉の相場は中学生の場合は幾ら?

次に、お年玉をあげる相手が中学生の場合の
一般的な金額の相場は、¥5,000です。

アンケートでの回答金額は、¥3,000~¥30,000と幅広く
あげる相手が友人の子供や遠い親戚なのか、
近い身内(兄弟・姉妹の子供等)なのかによっても
金額は大分変って来る様です。

友人の子供にあげる金額よりも、
自分の甥や姪にあげるお年玉の金額が2倍~6倍と言う
回答もアンケートでありました。

ee8ce9cfe7cec1300ed26ea5bf55ca1f_m

お年玉の相場は高校生の場合は幾ら?

お年玉をあげる相手が高校生の場合の
一般的な金額の相場は、¥5,000~¥10,000です。

「¥7,000包む」と言うパターンは珍しいと思いますので
¥5,000か¥10,000と言う事になるのでしょうか。

アンケートでは¥5,000~¥10,000の39.5%に対し、
¥10,000~¥20,000と言う回答が全体の20.6%となっていて、
中学生に比べると金額の相場は上がっている様です。

お年玉をあげる相手が高校生の場合は、
「お年玉をあげない」と言う回答も全体の15.2%有り、
「高校生になったらアルバイトも出来るし、
お年玉はもういいんじゃない?」と言う雰囲気も
漂い始める年齢だと言えるかもしれません。

まとめ

お年玉の金額の相場について、
小学生・中学生・高校生に分けて
ご紹介させて頂きました。

お年玉をポチ袋に入れる際は、出来るだけ新札を用意し
紙幣の肖像が描かれている方を表とし
左から右へ向かって3つ折りにします。

ポチ袋からお札を取り出した時に
天地が逆になっていない様に気を付けましょう。

そしてポチ袋の表面には、あげる相手の名前を
裏面には自分の名前を書きますが、
お年玉をあげる相手が小学生でまだ幼い場合は、
フルネームでは無く、
表面には「〇〇くんへ」・「〇〇ちゃんへ」
裏面には「〇〇おじさんより」・「〇〇おばさんより」等
子供が見ても解りやすい様な書き方、
ひらがなで書いてあげると
より喜ばれると思います。

お年玉をあげる相手が会社の部下の子供の様な
名前が解らない場合は、
表面は何も書かずに、裏面に自分の名前だけ書きましょう。

大人にとっては辛い出費とも言えるお年玉ですが、
自分が子供の頃にお年玉を貰った時の喜びを
想い出すと、頑張ってあげたくなるかもしれませんね!

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学 ,