成人祝いのお返しはいつ渡すもの?金額や品物は?

      2016/10/15

成人式を迎えると身内から頂く“成人祝い”

成人祝いを頂いた方へのお返しは、
地域や親族間での習慣の違いにもより、
親戚間で子供が居ればお互い様と考え、
お返しをしない(不要)といった場合や
何かしらのお返しを渡すといった場合も有り
様々です。

成人祝いのお返しを渡す場合、時期はいつ頃までに
渡すものなのか、
金額の相場や、品物はどういった場合が一般的かを
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

成人祝いのお返しはいつ渡すもの?

成人式を迎えた際に、主に身内から頂く“成人祝い”ですが、
地域によっては友人や両親の知人等を自宅に呼んで
成人祝いを行う地域もあります。

そういった場でお祝いを頂いたり、
遠方の親戚から送られてきた成人祝いに対するお返しは
いつ頃渡したり、送ったりするものなのでしょうか?

基本的には成人祝い等の身内から頂くお祝いにお返しは
必要無いとされますが、
お祝いを必要とする地域や家庭の場合は
お返しを用意すると思います。

成人祝いのお返しを渡す時期については、特にいつ頃までと言う
マナーはありません。

しかし、一般的にはお祝いを頂いてから1か月以内、
又は成人式から1か月以内にお返しをする事が多い様です。

お返しを「大安」に贈るのが良いと言う話も聞かれます。

あまり遅くなりすぎない様に気を付けましょう。

a0001_007426

スポンサードリンク

成人祝いのお返しの金額相場はどのぐらい?

成人祝いは主に身内から頂くお祝いで、
頂くお祝いの金額の相場は一般的に、

●祖父母 ¥10,000~¥100,000

●親 ¥10,000~¥50,000

●兄弟 ¥10,000~¥30,000

●叔父・叔母 ¥10,000~¥30,000

●知人・その他 ¥5,000~¥10,000

となっています。

祖父母や親、兄弟から頂いた成人祝いに対して
お返しをすると言う話はあまり聞いた事がありませんが、
相手が親戚や知人・友人の場合にお返しを渡す事は
多いと思います。

成人祝いのお返しの金額相場としては、
頂いたお祝いの金額の3分の1~半額程度が一般的です。

お返しは「内祝」として品物とお礼状や、
晴れ着での写真等を添えて贈る場合が多い様です。

お返しの品物は、お祝いを頂いた(成人した)
本人の名前で贈ります。

お礼状には、
●お礼を頂いた事に対するお礼

●成人を迎え、今後の抱負

●頂いたお金は何に使用するか

●今後のお付き合いをお願いする言葉

●お礼を頂いた相手の健康を気遣う言葉
(お身体を大切にされて下さい。等)
を文面に組み込みましょう。

成人祝い お返し 品物

成人祝いのお返しとしての品物は、
食品や日用品・雑貨等が良く選ばれています。

使う人の好みを選ばないシンプルなデザインの物を
選ぶようにしましょう。

カップや調味料・冬の季節に合わせたブランケット等のあったかグッズ、
スイーツや紅茶等のセットが人気の様です。

贈る相手が女性の場合は陶磁器のカップと紅茶類のセットも
お洒落で喜ばれる事が多いそうです。

他に、貰って嬉しかったお祝い返しで良く聞かれるのが、

●商品券やギフト券

●地域の特産品
です。

タオルや石鹸・コーヒーや紅茶等の
比較的好みが出る物よりは、
商品券や地域の特産品等の方が
自分で好きな物を購入したり、
普段中々食べる事が出来ない物だから、と言う理由から
喜ばれる様です。

調味料(サラダ油等)よりも、
肉類やうどん・ラーメン等必ず食べる物の方が良い
と言う声も聞かれました。

是非参考にしてみて下さい。

まとめ

成人祝いのお返しはいつ渡すものなのか、
金額の相場・品物について
ご紹介させて頂きました。

お返しを贈る場合は品物選びも重要ですが、
晴れ姿の写真や、相手の方を想うお礼状を
添える事でお祝いを下さった方も
成長を喜んで下さる事だと思います。

心を込めてお返しを贈りたいものですね!

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学 ,