書き初めが面白い!大人でも楽しく言葉や抱負を新年に

      2016/10/11

子供の頃学校で書いた“書き初め”ですが、
大人になって書き初めをした事がありますか?

ほとんどの大人は趣味が書道で無い限り
書き初めどころか、日常の中で習字を書くと言う事は
無い事だと思います。

ところが大人になって数十年ぶりにする習字、
意外と楽しいです。

何よりもポジティブな言葉を習字で書く事で
明日への活力と言うか、エネルギーが静かに沸いて来ます。

日々、様々なストレスが多い大人になった今だからこそ
習字で字を書く事によって
子供の頃とは違う楽しさに出逢えると思います!

まずは新しい1年の始まりに
新しい気持ちで書き初めをしてみませんか?

スポンサードリンク

書き初めが面白い!大人だからこそ沸く感情

私も、中学生以来ぶり
20年ぶりぐらいになるのでしょうか、
ある日突然習字がしたくなり、
心の中に沸き上がった言葉を習字で書いてみた所
本当に不思議な情熱と言うか、やる気が沸き上がって来ました。

仕事の事など悩みも多い時期だったので
習字を書く時は静かな心になり、
書き終わった時には妙な感動と言うか
「そうだよね、進むしかないよね!」の様な
ポジティブな感情で心の中が一杯になりました。

全然上手ではありませんが、自己満足の世界なので
上手・下手は気にならないと思います。

cimg0582

この先続けるか解らないけれど、
とりあえずやってみたいと言う方は筆や墨汁・硯・
半紙・下敷き等の習字道具一式が100円ショップで
購入出来ますので、それで十分だと思います。

書き初めをしてみて、楽しく続けられそうであれば
用途に応じた習字道具を購入されてみては
いかがでしょうか?

特に筆はサイズや毛質などの違いから様々な種類があるので
選ぶ楽しさもあります。

スポンサードリンク

書き初めが面白い!言葉で遊べる

大人の書き初めで書く言葉としては、
浮かんだ言葉を字にする事が楽しいと思いますが
いざ、半紙に向かったら
言葉が出てこない!と言う場合は
前向きな意味合いの、比較的文字構成が簡単な
四字熟語がおすすめです。

書き初めは1年の始まりに書く事なので
この事も意識してチョイスしてみて下さい。

例えば・・・

● 心機一転 ある事を契機に、気持ちを良い方向へ
切り替える事。

● 一年発起 今までの行いや考えを改めて、
ある事を成し遂げようと固く決意する事。

● 呵々大笑(かかたいしょう) 大声でからからと大いに笑う事。

● 気宇壮大(きうそうだい) 心意気が非常に大きく、
望みや構想が大規模で、せこせこしていない様。

● 一期一会(いちごいちえ)
 一生涯の内に、たった一度だけ会う事。
一生で会う機会は一度限りだと言う事。

自分で考えた造語、日々の中でひらめいた言葉などを
書き初めとして字に書いてみても面白いです。

書き初めが面白い!一年の抱負を楽しく書に込めて

そもそも書き初めとは、一般的には1月2日に行われます。
毛筆で書や絵をかく日本の伝統的な行事です。

本来、字が上手になる事を祈願して行うものだと
言う事ですが、
1年の始まりの書き初めでは今年1年の抱負を
書に込めたいものですよね。

“抱負”と言うと、何だか先に述べた四字熟語の様に
固い印象の漢字が並ぶイメージがありますが、
抱負はひとそれぞれ。
軽い気持ちでふっと頭に浮かんだフレーズを
半紙に向かって書いてみましょう!

● 料理上手

● 辞表提出

● 奴を超える

● スローライフ

● 猫を飼う

こんな感じでも、書いてしばらく部屋に飾ってみれば
何だか新しい気持ちで1年のスタートを
切れそうです!

上手にでは無く、楽しく!

猫の足型を半紙にペタペタと墨汁で付ける、
こんなアイディアも楽しいと思います♪

まとめ

大人の書き初めのすすめについて
ご紹介させて頂きました。

半紙を前に、心を落ち着かせたら
きっと自然に筆が進むはずです!

楽しく素敵な1年になります様に!

スポンサードリンク

 - イベント, 遊び/趣味