寒中見舞いを出す時期はいつ?はがきや文例は?

   

喪中の為に年賀状が出せない場合や
年賀状の返礼が遅れてしまった時等に出す“寒中見舞い”

一般的には、喪中の間にお正月を迎える場合に
出すはがきと言う認識が高いですが、
年賀状を出していない相手から年賀状が届いた場合は
1月7日の松の内までに年賀状を出すのがマナーで
この期間に間に合わなかった場合には
寒中見舞いを出す事になります。

又、年賀状を送りたい相手が喪中の場合も
年賀状では無く、寒中見舞いを出すのがマナーです。

そんな寒中見舞いですが、出す時期やはがき・切手について、
主な文例はどういったものなのかを
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

“寒中見舞い”の「寒中」とは、「小寒」から「大寒」までの
期間を指します。

寒中見舞いを出す期間の終わりは
立春の前日までとされていますが、
出す始まりの期間には、
1月5日以降~や、1月15日以降~等
諸説あります。

しかし一般的には、年賀状を出す期間の終わりが
松の内である1月7日までと言う事から、
寒中見舞いを出す期間の始まりは1月8日から
立春の前日である2月3日までと言う期間が
多く用いられています。

以上の事を踏まえた寒中見舞いの投函時期ですが、
心配な方や気になる方は1月8日と1月15日の間を取って
1月10日頃に投函するのがベストだと言う見方もある様です。

スポンサードリンク

寒中見舞いはどんなはがきで出すもの?切手は?

寒中見舞いを送る為のはがきは、官製はがきか
寒中見舞い用のはがきを使用するのが一般的です。

よくある疑問に、『年賀はがきで寒中見舞いを出しても良いのか?』
と言う事が聞かれますが、おすすめ出来ません。

寒中見舞いを出す意味合いと、新年を祝うご挨拶を送る為の
年賀はがきでは趣旨が違いますので
年賀はがきで寒中見舞いを出す事は避けましょう。

喪中の相手に寒中見舞いを送る場合、
手元にある余った年賀はがきは郵便局で官製はがきや
切手に交換してくれますので(1枚につき¥5の手数料が掛かります)
官製はがきに交換して使用しましょう。

切手がはがきに印刷されている状態の官製はがきに対し、
寒中見舞い用のはがき等の私製はがきにを用いる場合は
切手が必要になります。
(寒中見舞い専用のはがきは有りません)

切手に関しては、寒中見舞いは季節の挨拶状となりますので
慶弔用の切手を使用する必要は無く、
通常の切手で何も問題はありません。

寒中見舞いの文例は?

寒中見舞いのはがきのデザインは控えめで地味なものの
印象が強いですが、
最近では若年層へ向けた可愛く、おしゃれなデザインのものも
多く見られます。
(雪だるまや雪の結晶等の冬をモチーフにしたものが
多いです)

e0841c504d31e33477bcf057fca10a57_m

一般的に多く使用されている文例は、

【一般】
寒中お見舞い申し上げます。

寒さが厳しくなって来ましたが、いかがお過ごしでしょうか?
お身体を大切にお過ごし下さい。
皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。


【自分が喪中の場合に年賀状が届いたら】

年始のご挨拶有難うございました。
新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません。

本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げますと共に、
皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

【喪中の方へ送る場合】
寒中見舞い申し上げます。
ご服喪中と伺い、年頭のご挨拶を控えさせて頂きました。

寒さが一段と厳しくなります折柄、
くれぐれもご自愛下さいます様、お祈り申し上げます。

相手と自分の関係性により、デザインや文面の考慮が必要です。

まとめ

寒中見舞いを出す時期・使用するはがきや
切手の種類、
一般的に多く用いられる文面をご紹介させて頂きました。

最近では寒中見舞いも多様化し、
喪中はがきの様なデザインばかりではなくなってきました。

季節の挨拶状ですので、
冬という季節柄、相手の方の体調面を気遣う文面は
入れたいものですね。

スポンサードリンク

 - 日常 , ,