スーパームーンが出る日にちはいつ?なぜ起こるのか・願い事は叶う?

   

今までで「今夜の満月はやたらに大きいなー」と思った事はありますか?
もし、注目してしまうぐらい大きな満月を見た事があるならば
それが“スーパームーン”だった可能性が高いです。

“スーパームーン”とは、
月が最も地球に接近した時に、新月か満月になった時の月を呼びます。

地球より最も遠くにある時より、大きさや明るさがかなり増し、
目を見張るぐらいの迫力があります。

そんなスーパームーンには、「願い事を叶えてくれる」と言う話が
よく聞かれますが、これは本当なのでしょうか?

スーパームーンが出る日にち・なぜスーパームーンは起こるのか、
願い事を本当に叶えてくれるのか?
これらの事を確認しておきましょう!

スポンサードリンク

スーパームーンが出る日にちはいつ?

今年、2016年以降のスーパームーンの出る日にちを
確認しておきましょう。

2016年は11月14日!

2016年のスーパームンが見れる日は11月14日です。
スーパームーンよりも大きく満月が見える“エクストラムーン”
と呼ばれた2011年よりも、地球と月の距離が短い2016年。

ここ数十年の間で最も大きく見えるのではないかと
期待されています。

1年の間に3回スーパームーンを見れる年もあれば、
来年2017年はスーパームーンを見る事が出来ません。

時々しか見られないのであれば、
当日美しく輝くスーパームーンが見れる様に
お天気が良い事を願うばかりです。

2018年は1月1日!

2017年は“シャイムーンイヤー”(何だかおしゃれです)と言う事で
スーパームンはお休み、
そして2018年は元旦、1月1日に見れる事が出来ます!
おめでたい、有り難い感じがしますね。
今から待ち遠しいです。

スポンサードリンク

スーパームーンはなぜ起こるの?

スーパームーンは、月と太陽と地球が一直線に並ぶ時、
月が地球に最も近づいた時の満月か新月の状態を指します。

平均して約14か月ごとに起こると言われています。

地球の周囲を周る月の公転周期は約27日ですが、
月が地球に最も近い距離にある日が、満月か新月である
可能性が少ない事からです。

月が地球に最も遠い距離が約41万Kmで、
最も地球に近づく時が約35万Kmになります。

2016年11月14日のスーパームンは、
近年のスーパームーンの中で最も地球と月の距離が短い
(68年ぶりの大接近なのだそうです!)と
言われています。

満月になる時間と、地球に最接近する時間が
約2時間差ですが、19時頃から東の方角に美しいスーパームーンが
現れる事でしょう。

地球から月が最も遠い時より、スーパームンは
大きさが14%程増し、明るさも30%程明るくなるそうです。

201005040200

スーパームーンは願い事を叶えてくれる?

「スーパームーンは願い事を叶えてくれる」と言う話を
聞いた事がありませんか?

この話には科学的な根拠はありませんが、
神秘的な象徴である月に、滅多に出ないスーパームーンを
結びつけて噂になり、広まったと考えられます。

しかし、スーパームーンに限らず満月の日に
お財布を感謝しながら振ると金運がアップする、
実際にした!と言う話も多く聞かれる為、
スーパームーンにお願い事をしてみる価値はありそうです!

満月へのお願い事については、こちらをご参照下さい。
満月に願い事をすると叶うって本当?~満月のパワー~

又、スーパームーンは良い事ばかりだけではなく、
不吉な事が起こる前兆だと言う噂もありますが、
この話も科学的な根拠はなく、
あくまでも噂だと言えると思います。

良い事は信じ、悪い事はあまり信じたくないと
個人的には思ってしまいます。

まとめ

スーパームーンが出る日にち、
スーパームーンがなぜ起こるのか、願い事を叶えてくれるのか?
についてご紹介させて頂きました。

その大きく、美しく輝くスーパームーンに
心を惹きつけられる方も多いと思います。

是非、滅多に見れないスーパームーンに
お願い事をしてみませんか?

スポンサードリンク

 - 天気, 自然