喪中と忌中の意味や違い・期間や神社のルールをご紹介

   

近い身内が亡くなると、喪中に入ると思っている方が多いのではと
思いますが、「忌中(きちゅう)」と言う言葉をご存知でしょうか?

喪中と忌中の違いや意味、それぞれの期間や
神社でのルール(マナー)についてをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

喪中と忌中の意味や違いは何?

まず、あまり聞きなれない方も多いと思われる
「忌中(きちゅう)」の意味は、神社の用語で身内や近親者が
亡くなった時、喪に服する期間を言います。
神社(新道)の考え方は、死を穢(けが)れと捉え、
死の穢れは最も重く、忌中の間は故人を偲んで生活を慎む、

と言うものです。

そして「喪中(もちゅう)」の意味は、
忌中を含め、故人に対する冥福を祈る期間を言います。
一般的には一周忌までを指す事が多く、
「服喪(ふくも)期間」とも言います。

忌中の由来は、古来の日本の死は穢れとされて来た事からで、
死者が出た家は穢れているので、他の家に災いをもたらさない様に
喪に服している間は外出してはならない、
神様に接する事を禁止すると言う習わしがあった事からの様です。

喪中は仏教が由来している様なイメージがありますが、
仏教への関連はありません。

喪中と忌中の違いを簡単に述べると、
●忌中は死の穢れが無くなるまでの期間を指し、その間は慶事や
 公の行事を避ける。

 ※学校や仕事を休む忌引きは、忌中の由来から。
 欠席や欠勤扱いにはなりません。
 職場や学校により、忌引き日数は異なる様ですが、
 一般的には、亡くなった方が配偶者の場合で10日間、
 両親で1週間程度とされている様です。

●喪中は故人を偲び、極力お祝い事を避ける期間

となります。

スポンサードリンク

喪中と忌中の期間はどのぐらい?

忌中の期間は、一般的に四十九日の法要までとされています。

仏教においては、死後49日の法要で“忌明け”となり、
神道では個人との関係性によりますが、
自分の父母など最大で50日とされています。

喪中の期間は明治7年に発令された太政官布告(昭和22年に撤廃されていますが、
今でも忌中・喪中期間の一つの目安とされる事が多い)では

●父母/ 13か月

●養父母/ 150日

●夫/ 13か月

●妻/ 90日

●息子・娘/ 90日

●養子/ 30日

●兄弟・姉妹/ 90日

●祖父母(父方)/ 150日

●祖父母(母方)/ 90日

●おじ・おば/ 90日

●夫の父母/ 150日

●妻の父母/ なし

●曾祖父母/ 90日

となっていますが、夫の父母150日に対し妻の父母がなし等
現代においては違和感を感じてしまう部分も見受けられます。

(この時代は男尊女卑が激しかった様です)
そこで、現代では以下の期間が喪中の一般的な認識とされています。
●父母・養父母/ 12~13か月

●子供/ 3~12か月

●祖父母/ 3~6か月

●兄弟・姉妹/ 30日~6か月

●曾祖父母・伯叔父母/ なし

上記の期間はあくまでも参考程度のものであり、
明確に喪中の期間が決まっている訳ではありません。
同居や別居などの自分との関係性や
悲しみの深さによって家族内や自己判断で期間を
決められる場合が現代では多い様です。

喪中と忌中の期間の神社参拝のルール

神社(新道)では、前にも述べた様に忌中は死の穢れがある期間ですので
忌中の間は神社への参拝や神棚を拝むと言った行為は
行ってはならないとされています。

新道では身内の方が亡くなってから50日で忌明けとなります。
忌明け後の喪中期間は、神社への参拝は基本的には
問題ありませんが、
神社や地域によっては、
両親が亡くなった場合は一年間を忌中と考え、
神事祭礼への参加や参拝を禁止する、と言う場合もありますので
喪中の神社への参拝が可能なのかどうか気になる場合は
神社へ問い合わせる事をお勧めします。

a1320_000129

まとめ

喪中と忌中の意味や違い、それぞれの期間・
神社への参拝についてのルールをご紹介させて頂きました。

喪中の期間や過ごし方については家庭や地域、宗教などにより
様々かと思いますが、身内や近親者が亡くなって49日は
お祝い事や派手な行いは避け、冥福を祈りたいですね。

スポンサードリンク

 - 日常 ,