化粧品の使用期限 未開封・開封後の場合や表示義務は?

   

化粧品を入れるポーチの中に、数年前に購入した当時は良く使っていたけれど
ここ数年は全然使っていないと言う使いかけの化粧品や
プレゼント等で頂いた化粧品で未開封のまま数年経過・・・
そんな化粧品がお手元にありませんか?

数年が経過した開封後の化粧品でも
まだ見た目は使えそうと取っておいたり、
時々気が向いたら使用したり。

化粧品に使用期限があると言うイメージが
中々沸かない方も多いかもしれませんが、
最近の肌荒れや出来物の多さ、数年経過した化粧品が
原因かもしれません。

未開封時や開封後の化粧品の使用期限や
使用期限の表示義務について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

化粧品の使用期限 未開封の場合は?

化粧品メーカーの資生堂のホームページによると、
未開封の状態の化粧品を安心して使用出来る期間が3年間とされています。

「化粧品の種類によっては、5年」と言う説もありますが、
何故、3年だとか5年だとか様々な説があるのかかと言うと、
化粧品として薬事法上の許可を得る為に
一部の例外を除き、3年以上変色・変質しない物と言う規定があり

それを解りやすくする為に、未開封時の使用期限は3年と
一般的に言われています。

化粧品を製造する側としては、3年は持つ化粧品を作る事ではなく
半永久に品質が劣化する事のない化粧品を作る事が意図とされていて
実際の所は、3年でも5年でも8年・10年でも
状態はさほど変化しない物が多いと言われています。

3年以上経過した未開封の化粧品の品質が急激に劣化すると言う事は
現実的にはあまり無いと思われますが、
数年経過した未開封の化粧品を使用する際は
臭いや、変色・手触り等の状態をしっかり確かめ、
少しでも違和感がある様であれば使用はやめた方が賢明です。

スポンサードリンク

化粧品の使用期限 開封後の場合は?

日焼け止めクリームや香水等、頻繁に使う物でなければ
開封から数年が経ってしまった、と言う事はよくあると思います。

この様な開封後の化粧品の使用期限は、
一般的には、開封後から1年間の使用が目安とされています。

しかし、理想的(安心して使用できるのは)なのは開封から6か月
と言う話も聞かれます。
やはり開封してから極端に年月が経っている物の使用は
懸念されている様です。

化粧品の形状により、推奨されている使用期限は異なり、

●化粧水・乳液・美容クリーム・ベースメイク用品等・・・3~6か月

●ファンデーション・・・1年

●アイシャドウ・口紅等・・・1年半~2年

●マスカラ・・・2~3か月

●日焼け止め・・・3~6か月

以上が目安となる期間とされています。
少し期間が短くて意外な気がするマスカラですが、
マスカラはバクテリアがマスカラ液に混入しやすく、雑菌が沸きやすくなり
目の充血や結膜炎等の原因と成り兼ねないので要注意です。

a0002_011465

化粧品の使用期限の表示義務はある?

様々な事が解ってきた化粧品の使用期限についてですが、
『食品の様に解りやすく使用期限を記載してくれたら良いのに』
と思う方も多いのではないでしょうか?

化粧品のパッケージに使用期限の記載義務はあるのかと言うと、
●3年以内に通常保管で変質する物・・・使用期限の表示義務有り

●3年以内に通常保管で変質しないと解っている物・・・使用期限の表示義務無し
と、薬事法で定められています。

そして、化粧品のパッケージやボトル等のどこに
使用期限が記載されているのかと言えば、
(食品等の様に解りやすくない様な気がしますよね)
例えば、「EXP 16/12/16」の場合は、2016年12月16日まで
「16121」の様な5桁の数字の場合は、2016年12月1回目の製造
使用期限ではなく、製造番号の場合もあります。

まとめ

化粧品の未開封や開封後の場合の使用期限、
使用期限の表示義務についてご紹介させて頂きました。

ついつい2年ぐらいは使用してしまう事が多い
日焼け止めクリーム等、今後は美しい肌の為に注意が必要です!

スポンサードリンク

 - 美容